日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代

承久の乱で流されたもう一人の天皇・順徳天皇 後鳥羽上皇だけじゃありません

更新日:

 

よくある話ですが、有名すぎる人がいるとかえってそのすぐ近くの人は忘れられがちです。
歴史で言えば、教科書に出てくるような人の親子兄弟は意外と知らなかったりしますよね。家康には両親共に同じ兄弟がいないこととか。
本日は鎌倉時代におけるその一例のお話です。
仁治三年(1242年)の9月12日、順徳天皇が薨去されました。

さっそく「誰それ?」という声が聞こえてきそうですが、歴史よりも和歌が好きな方には聞き覚えのある方ではないでしょうか。百人一首のラスト、「ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり」の作者だからです。
例によってテキトーに訳しますと「軒にしのぶが生えるほど皇居はうらぶれてしまったが、昔はどんなに素晴らしかったのかと思うとやりきれない」というような意味になります。
天皇や上皇といった皇室の中心であった人物から平家や源氏に実権が移り、それと共に皇居も寂れ荒んでいたことがよくわかる歌です。

 

武闘派の天皇

が、歴史の観点から見ると全く別の意味で重要な方といえます。
この方は鎌倉幕府打倒を狙った”承久の乱”で有名な後鳥羽上皇の次男。
といいますか、この方自身も乱には積極的に関わっています。承久の乱直前に退位して上皇になっているのですが、この辺の話だと「上皇」といった場合後鳥羽上皇のイメージが強い気がするので、順徳天皇はそのままで統一させていただきます。
彼はお兄さんである土御門天皇が温厚だったのと対照的に、幼い頃から気性の激しいことで有名だったそうです。
まだ土御門天皇が若く健康なのに譲位されたのも、父である後鳥羽上皇がより気性の合う順徳天皇と倒幕をしたかったからという理由なのかもしれません。異母兄弟ですし、土御門天皇は母親似、順徳天皇は父親似だったんですかね。

スポンサーリンク

藤原定家が歌の先生ではイクサには弱く

が、順徳天皇は乱暴一辺倒というわけではなく、作法の教科書を書いたり、和歌や詩を多く詠んだりと文学的な才にも長けていました。
百人一首に入選したのも、順徳天皇の歌のお師匠様が選者の藤原定家だったというのが大きいでしょう。
天皇家って基本的に文武両道といいますか、あまり偏ったところがない方が多いんですよね。たまに強烈な個性の人が出てきますが、まあそれはそれで。
そんな感じでいろいろとやる気のある方だったわけですが、戦は流石に専門外。
源氏将軍の三代目・実朝が甥っ子に殺されるという最悪な内ゲバが起きたのを見て、「今こそ好機!」と承久の乱を起こしたはいいものの、鎌倉武士の結束は想像以上に固くなっていました。
初代頼朝の妻&実朝の母・北条政子が「頼朝殿の恩を忘れたのですか!」と叱咤したこともありますし、ピンチだからこそ逆に結束したというのもあるでしょう。

また、後鳥羽上皇も順徳天皇も院宣(上皇・法皇の命令)を絶対視しすぎていて、対策が後手後手にまわっていたのが最大の敗因でした。「常に最悪の事態を想定する」という戦のセオリーが全くわかっていなかったのです。
緒戦がほぼ奇襲に近い状態で勝っていたこともあり、「出鼻をくじいてやったし、院宣出したんだから武士どもは皆こっちの味方になるに決まってる!」と幕府側が反抗することすら予測していなかったとか。だめだこりゃ。

一方、上記の経緯で頑丈な一枚岩と化した幕府側は、最終的に19万もの大軍になっていたといいます。具体的に言うと、観客を満杯に詰め込んだ東京ドーム5個分くらいです。東京都三鷹市の人口よりちょっと多いぐらいでもあります。
……すいません結局よくわかりませんでしたね(´・ω・`)

スポンサーリンク

その時、権力が朝廷から武士に完全に移った

これがあっという間に北陸道・東仙道・東海道の三方から攻め上り、乱の勃発から2ヶ月程度で皇室側は事実上降伏せざるを得なくなりました。
が、当然そのままでは済まず、後鳥羽上皇は隠岐島へ、順徳天皇は佐渡へ流されることになります。武士の権力が皇室を上回った瞬間でした。
久々に「歴史が動いた」っぽい話ですね。
間に挟まれる形になった土御門天皇は当初お咎めなしだったものの、「父も弟も処罰されているのに、自分だけ京にいるなんてできない!」と言って自ら流刑を申し出ています。幕府側も「そこまで言うなら」ということで土御門天皇を流しましたが、京から割と近い土佐(現・高知県)や阿波(現・徳島県)に留めました。そりゃ、実際は悪いことしてないんだからまるっきり不便なとこには行かせづらいですよね。

土御門天皇への対応にはある程度皇室へのはばかりが見える気がしますが、当然のことながら首謀者のお二人は帰郷の許しが出るはずもなく、そのまま配流先で生涯を終えられました。
加えて、乱の直前に順徳天皇から位を譲られていた仲恭天皇もわずか三ヶ月で廃位されています。
そのせいで明治時代まで「九条廃帝」などの不名誉な名で呼ばれていました。ジーチャントーチャンのせいで600年も”名無しの権兵衛”扱いとかひどいってレベルじゃねーぞ!

佐渡島と隠岐の島とで風流な文通

ちなみに父帝とは配流後も時折手紙のやり取りをしていたらしく、後鳥羽上皇が亡くなった後にこんな歌を詠んでいます。
「同じ世の 別れはなほぞ しのばるる 空行く月の よそのかたみに」
(テキトー訳)「同じ世界でも全く遠い場所に流されたというのに、亡くなられた今は一層懐かしく思えてなりません。
今宵の月を父上の形見と思って眺めております。」
元々しょっちゅう顔を合わせるような身分の方々ではありませんが、やはり親子の情は格別だったのでしょうね。
室町時代から明治時代までの歴代天皇が教科書に出てこないほど影が薄いのは、このときの罰し方があまりにあまりだったので、「もう武士に手出すのやめとこ」と思ったからなのかもしれません。鎌倉末期(南北朝時代)には後醍醐天皇が頑張ってますが、それも失敗してますし。
江戸幕府を倒すときにも”御旗”にはなりましたけども、実質的に兵を率いていたのは武士ですし。
そういう意味では、後鳥羽上皇と順徳天皇は「天皇家の方針を大きく変えた方である」ともいえそうです。

スポンサーリンク

長月 七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/順徳天皇
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/juntoku.html

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.