日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

アナタも私もみーんな名無しの権兵衛さん?調べて楽しい名字の秘密

更新日:

 

”権兵衛”って名前じゃないんかい!

【名無しの権兵衛さん】という言い回しがあります。この表現にツッコミを入れたくなったことがある人は多いのではないでしょうか。

「”権兵衛”って名前じゃないんかい!」

実はこの場合、”名”は”名字”のことだという説があります。確かに「江戸時代の庶民には名字がなかった」なんていわれていますよね。では、一体いつ頃から庶民でも名字を使うことができるようになったのでしょうか。

先に正解を言ってしまうと、明治三年(1870年)9月19日に明治政府が出した”平民苗字許可令”からのようです。

 

スポンサーリンク

名字の期限は氏姓制度にまで遡る

とはいえ、それまで庶民が全員名字を持っていなかったというわけではなく、江戸幕府が「公の場で名字を名乗っていいのはエラい人だけ!」というお触れを出していただけであって、存在はしていました。

なんでそんなことをしたのかというと、名字というものはもともと身分の高い人が使うものだったからです。

ここからちょっとややこしい話になりますが、名字の元となる”姓”(かばね)と”氏”(うじ)の起源から話を始めていきましょう。例によってテキトーに省略しますので、娯楽として聞いていただき、このまま鵜呑みにしてテストや学校などで披露なさらないようにお願いしますね(・ω<)テヘペロ

まず、”姓”は天皇から賜るものでした。藤原鎌足が大化の改新の功績で藤原の”姓”をもらったように、おいそれと名乗れるものではなかったのです。

が、そのうち”姓”をもらった人の家系が繁栄すると、同姓同名またはそれに近い人が大量にいるという事態になってしまいました。同時に、同じご先祖様でも出世状況などによって身分に差が生じてきます。

「これじゃややこしくてわけわからんわ!」

ということで、同じ”姓”を持つ人々の中である程度区別をつける方法が考えられました。これが”氏”です。多分公家を例にするのがいちばんわかりやすいかと思います。

 

スポンサーリンク

戦国時代のMr.やり放題も地名から

中世までは藤原のナントカさんが多いですが、それ以降になると二条家とか九条家は出てきても、藤原という名字の人はあまり出てきませんよね。

あれは、大ざっぱにいうと藤原”姓”の中で序列をつけるために、別の名字をつけていったからなのです。生まれ育った屋敷の地名が多かったようですね。
当時は結婚しても夫が妻の元に通う形式がほとんどでしたので、母親の実家の住所を名字にしたということにもなります。

武士の場合はそういうことはありませんでしたが、主に領地の地名を自分の名字として使い始めました。当コーナーイチオシの新田義貞の名字である”新田”は、新田荘という地名をそのまま名乗ったものです。

他にも戦国のミスターやりたい放題・伊達政宗の”伊達”は今の福島県にもある伊達郡からきていたり、いろいろあります。また、彼らの家臣もそれぞれ地名を元にした名字を使っていました。

お偉いさんがそんな感じだったので、庶民もそれに倣って住んでいる場所の地名を名字として使っていることが多かったのですが、江戸幕府が「エラい人以外はダメ!」ということにしてしまったので、当時のことを調べる際に多々不都合が生じています。

当時の戸籍謄本にあたる人別帳にも書いていないくらいですから、かなり厳しく取り締まっていたのでしょうね。

 

犯人は10~30代もしくは40~50代と同じだね 

おかげで明治時代に「庶民も名字おk」と言われても、ほとんどの人は「名字? なにそれおいしいの?」状態。名字を付け直したり、土地の権力者と同じにしたり、はたまた創作したりといろいろあったようです。このため、名字から先祖のルーツをたどることは極めて困難になっています。

名字検索サイトなどで「○○という名字は藤原氏系に多いが、平氏系、源氏系にもみられる」というような記述があるのはこのためだと思われます。

これワタクシの本名を調べたときに出てきたんですが、「全部じゃねーか!」とツッコまざるを得ませんでしたw

しかし、家系ではなく名字そのものがどこの地名から始まったものなのかはある程度判るようです。

おそらく、遠いご先祖様がその地名の場所に住んでいたということなのでしょう。複数存在する地名もありますし、そこから現在までに何がどうして自分に繋がるのかを調べるのはかなり難しいですが。

どこかをひいきするわけでもないので名字検索サイトの具体的なURLを乗せるのは控えますけれど、同じ字でも違う読みだったり一文字加えて別の名字になっていたりして、なかなか面白いものです。
郵便物を扱っているとか、不特定多数の人に宛てて書類を作るお仕事の方は一度見ておくといいかもしれません。

何せデータ量がハンパないので、ためになるヒマ潰しとしてももってこいですよ。

 

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:苗字/wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.