日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

フランス その日、歴史が動いた

ナポレオンのエジプト遠征 戦果は散々だったけど文化的には結果オーライ!?

更新日:

 

英雄の条件といえば、戦争に勝つこと。
いや、戦争に勝ち続けた人が後々”英雄”と呼ばれるようになる、といったほうが正しいですかね。

そしてその戦う相手は、近所とは限りません。戦争に強ければ強いほど近所を蹴散らすのも早いですから、どんどん遠くへ領土を広げていくことになるからです。インドまで行ったアレクサンドロス、ガリア遠征を成功させたカエサルなどですね。
近代における英雄の一人であるあの人も、同様に長距離の遠征へ行っていました。

1799年(日本では江戸時代・寛政十一年)、エジプト遠征に行っていたナポレオンがフランスへ帰国しました。

フランスから見てエジプトは地中海の反対側。しかも砂漠と遺跡・歴史以外に何もないところです。
ではなぜ、ナポレオン自ら向かうほど力を入れて攻め込んだのでしょうか?

カイロのナポレオン

カイロに降り立ったナポレオン/Wikipediaより引用

 

あわよくばインドをゲッツすんべ! 

実は、お約束?のイギリス対策でした。
当時イギリスは既にインドを植民地化しており、エジプト他中東付近を通って連絡を取っていました。まだスエズ運河は開通していませんでしたが、それが最短距離ですからね。

インドから綿織物を大量に輸入したり、もちろん政治的な書簡のやり取りなどもあったことでしょう。
イギリス本国を攻めるには手間がかかりすぎると判断したナポレオンは、せめて経済力を削ぐことを狙い、あわよくばインドを手に入れるためにエジプトを攻めたのです。
いつものことですが地元民大迷惑やな。

エジプトは当時オスマン帝国の領土になっていましたが、支配を受け始めて三百年ほどの間に半ば自治国化。
軍事も自分達で行っており、マムルークと呼ばれる元奴隷の外国人傭兵たちがいろいろな意味で幅を利かせていて、エジプト人を支配していました。

ナポレオンはここに目をつけました。

フランス革命が”王族その他特権階級から民衆を解放する”という名目でしたので、「エジプトでも民衆が苦しんでいる! 俺たちが助けてあげるよ!」(超訳)という大義名分を掲げたのです。
本音は前述の通りですが、イメージ戦略というやつですね。バレバレだけど。

 

スポンサーリンク

真夏のエジプト マムルークたちとの大会戦でWIN! 

そしてご苦労なことに、1798年7月にわざわざ真夏のエジプトへやってきたのでした。なぜもっと攻めやすい時期に来なかった。

とはいえそこは”英雄”率いるフランス軍ですから、アレクサンドリアなどの都市を順調に落としていきます。後のロシア戦役の苦戦っぷりを考えるとホント雲泥の差というか何というか。

ピラミッドで有名なギーザ付近でも、マムルークたちと大会戦を行い勝利しています。
このときナポレオンは「諸君、四千年の歴史が君たちを見下ろしているぞ!」と言って士気を上げたとされていますが、初出はこのときの記録ではなくセントヘレナ島に流された後の回想録らしいので、多分脚色でしょうね。

余談ですけども、ナポレオンって結構言葉選びが綺麗というか文学的な才能も感じますよね。ジョゼフィーヌへのラブレターはpgrされてましたけど(関連記事:ナポレオンが惚れて愛して別れてやっぱり愛した女性とは【その日、歴史が動いた】)。

カエサルもそうですが、フランスに行った軍人は文学が得意になるんでしょうか。さすが芸術の国。

 

スポンサーリンク

イギリス艦隊にボコられ壊滅 補給ができない\(^o^)/ 

閑話休題。
そんな感じでフランス軍は首都・カイロも占領し、エジプト上陸から三週間という驚異的なスピードでほぼ全土を征服したのですが、それだけでは終わりませんでした。

目の敵であるイギリス艦隊にフランス艦隊を壊滅させられてしまい、補給・連絡・退路を奪われてしまったのです。
また、マムルークたちもやられてそのまま黙っているわけはなく、再起のタイミングを狙っていました。

ナポレオンは当初の名目を信じ込ませるため、アラビア語で「俺らは味方だから、みんな協力してくれよな!」(超訳)というビラを撒いていましたが、当然のことながらやられたほうにそんなキレイゴトを信じる人はいません。

フランス軍がカイロに入ってわずか三ヵ月後、フランス兵が300人も殺されるという大暴動が起きてしまいます。しかもこれを鎮圧するためにエジプト人を2500人ブッコロしてしまい、モスクなど大切な建物も破壊してしまったので、民心はどんどんフランス軍から離れていきます。
自分達だってキリスト教バンザイなくせに、エジプト人にとってイスラム教がどれほど大事かってことがわからなかったんでしょうか。……いや、理解する気がなかったんでしょうね。

その他イスラム教的にも政治的にも反感を買うことばかりやってしまい、フランス軍は徐々に苦しい状況に陥っていきます。

その間に、ヨーロッパの情勢は動き始めていました。

 

アジアとヨーロッパの境目には何がおるんや!? 

ナポレオンの時代、イギリス・オーストリア・ロシアなどがフランスを囲い込むため何度か同盟を組んでいるのですが、そのメンツがフランスへ攻め込み始めたのです。
一方エジプトではペストが流行り始めた上、本国が危ういと聞いたナポレオンは中東方面の攻略を断念し、帰国を決意。傷病兵をほったらかしにして逃げたも同然だったので、現代では「味方を見殺しにして何が英雄だ!」という意見もあります。そりゃそうだ。

これまた余談ですが、アレクサンドロス大王も東方への遠征中に熱病で亡くなったといわれていて、「二人の英雄が病気によって東方への進路を阻まれた」と考えると奇妙な偶然ですね。ペストはモンゴル帝国がヨーロッパへ侵攻したときに持ち込まれたともいわれていますし。

単なる偶然というよりは風土の違いや抵抗の有無によるものなのでしょうけども、アジアとヨーロッパの境目にはそういう神様でもいるんでしょうか。ちょっとオカルトすぎるか。

そんなわけで、フランス軍は戦争には勝ったものの、ほとんど戦果のないままエジプトを去ることになってしまいました。なんか最近こんな話ばっかやな。

 

副作用でロゼッタ・ストーンや王家の谷を発見! 

しかし、人類としては大きな収穫を得ています。

それは何かといいますと、エジプト文明の再発見。
ナポレオンは遠征に際して科学者や建築家、数学者など調査団を連れて行っていて、彼らがロゼッタ・ストーンや王家の谷、カルナック神殿など多くの史料や遺跡を初めて学術的に記録しました。

photo by Francis Bedford

photo by Francis Bedford

何で戦争に非戦闘員の代表ご一行様を連れて行くのか不思議な気もしますが、「四千年の歴史が~」なんて台詞を思いつくくらいですから、多分ナポレオンはエジプトの文化や文明に対してある程度尊敬の念を持っていたのでしょう。実家はイタリア貴族ですから、元からそれなりの教養はあったでしょうし。

軍人としての才能は疑うべくもありませんが、もしかすると学問の道に進んでいたほうがナポレオン個人としては幸せになれたのかもしれませんねえ。

代わりにフランスという国がどうなってたかわかりませんが。

 

 

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考・画像引用:エジプト・シリア戦役/Wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-フランス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.