歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

フランス その日、歴史が動いた アメリカ

自由の女神は男女どちらかわからない!? ただしフランスを象徴する女性・マリアンヌをイメージしてはいる

更新日:

 

1886年(明治十九年)10月28日、アメリカ・ニューヨークにある自由の女神像の除幕式が行われました。
イギリスからの独立100周年のお祝いとして、フランスから贈られたものです。イヤミだなあ。

日本語では「女神」ということになっていますが、英語名だと"Statue of Liberty"、正式には"Liberty Enlightening the World"だそうです。
つまり、どこにも「女神」=goddessという単語は含まれておらず、性別は特定されていないということになります。
あの服だと確かに男女の区別つかないですよね。

自由の女神はなにげに世界遺産(Wikipediaより)

ではなんで「女神」にされているのかというと、これは像のモデルと関係があります。この像はフランスを象徴する女性・マリアンヌをイメージして作られたとされているからです。

フランスでは自国を美しい女性として扱う風習があり、いつしかその女性に”マリアンヌ”という名前がつきました。自国愛の極みというかご立派というか、まあ確かに世界遺産も多いですしね。
世界史の教科書でお馴染みのフランス革命を描いた絵画「民衆を導く自由の女神」も、マリアンヌを自由と結びつけたものです。ど真ん中でフランス国旗を掲げた女性がいるあの絵ですね。

プラモデル状で届いた女神

さて、その性別不明像は高さ46メートルもある巨大な像なので、フランスからあの形で届いたわけではありません。いくつかのパーツに分解された状態でアメリカにやってきたのですが、組み立てたのは贈り主ではなく贈られた側だったそうです。( ゚д゚)ポカーン
台座を用意したのもアメリカ側、しかも民間というか新聞社が寄付を募って作られました。……あれ、このプレゼントあんまり嬉しくなくね?

たしかにおっさんぽい感じも(Wikipediaより)

当然組み立てや台座の工事には人手も費用も莫大にかかり、当初はニューヨークではなくもっとお金のある町へ置こうかという話もあったほどだとか。
このときワシントンに置いとけば、首都を勘違いされなくて済んだかもしれませんねえw
ところで、自由の女神像の映像では、頭部の展望台や右手に掲げたたいまつがよくクローズアップされますよね。でも、実は彼女の足元を見たことのある人は少ないのではないでしょうか。
実は結構えぐいというかえげつない表現になっています。圧政や弾圧を示す鎖がちぎられ、それを踏みつけているのです。ワイルドやな。
アメリカって確かに自国については無茶振りしてるイメージあんまりないですよね。自国内では。
「人類皆平等」の意味もあるそうですが、アメリカというか欧米圏が言っても「(笑)」って感じですね。

ちなみに左手に持っている四角いものは本ではなく、アメリカの独立記念日(1776年7月4日)とフランス革命勃発の日(1789年7月14日)が書かれたプレートだそうです。よそのお祝いするのに自分の記念日まで彫り込んでおくとか、フランス人のセンスすげえ(皮肉)
フランス革命や人権宣言はアメリカの独立に触発されて起きたともいわれていますから、決して無関係ではないですけども。

スポンサーリンク

第一次世界大戦で破壊されていた

そんなわけでアメリカのいろんなものを表現する像なのですが、どちらかというとアメリカ国民の親しみを集めているというより、観光客が重視しているような気がします。9.11でも標的になっていませんし。
あの事件についてはまだ真相がはっきりしていませんけども(永遠に判明しなそうな気もしますが)、もし主犯が最初からテロや戦争をしかけるつもりだったとすれば、「自由の女神像を破壊して、アメリカの官民に大きな精神的ダメージを与えよう」と考えてもおかしくはありませんでした。
それをしなかったのは、この像が名所ではあっても展望台にしかすぎず、政治的な役割が少なかったこと、たとえ破壊してもアメリカのダメージになりえないと判断したからなのでしょう。
よく政治的な状況の変化を象徴として、権力者の像が引き倒されたりぶっ壊されたりしていますが、自由の女神像は「アメリカのシンボルであってもアメリカ国民の精神的支柱ではない」からこそターゲットにならなかったんじゃないでしょうか。
アメリカ映画でもしょっちゅうぶっ壊されてますし。

ちなみに第一次大戦中に一度破壊されたことはあります。そのときもこの像を狙ったわけではなく、近くにある港に対して行われた爆破テロの巻き添えを食らった形だったので、たいまつやスカート部分が壊れた程度だったそうです。それ以来腕の部分は「開かずの間」ならぬ「開かずの腕」になったとか。
立ち入り禁止と聞くと余計知りたくなるのが人の性というものですが、どこかのテレビ局がお家芸「特別に許可を得て取材」を発動してくれないでしょうか。
行方不明者の救助をヘリの騒音で妨害するより、よっぽど意義のあるお仕事ですよね^^

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/自由の女神




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-フランス, その日、歴史が動いた, アメリカ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.