日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

絵・くらたにゆきこ

スポンサーリンク

織田家 その日、歴史が動いた

織田信行はなぜ兄・信長に成敗されたのか 謀反を企て、最期はあえなく謀殺される!?

更新日:

 

自分の子供は誰しも可愛いものですが、複数人いるとやはり「どっちかというとこの子が特に可愛い」と思ってしまうこともありますよね。
現代の一般人ですらそうなのですから、お家のかかった時代のお偉いさんの家では尚更でした。
本日はその中でも有名な一家のお話です。

弘治三年(1557年)の11月2日、織田信行が兄の織田信長に暗殺されました。

ここだけ聞くと酷いってレベルじゃねーぞ!な話ですが、当然こうなるまでには双方共にそれなりの経緯があります。

桶狭間のときも家中まとまってません/絵・富永商太

桶狭間のときも家中まとまってません/絵・富永商太

 

勝家だけでなく生母の土田御前も信行を推していた

皆さんご存知の通り、信長は小さい頃から周囲の想定の範囲外な行動をし続けていたため、家臣からほぼ総スカンというか「若様(笑)」のような認識をされていました。

「大うつけ」説の真相~織田信長は弟・織田信行と比べて“お上品じゃない”だけだった?

それは家族であっても同じことで、特に生母である土田御前は「信長を廃嫡して、信行に跡を継がせるべきでは?」と考えていたのです。

意外に?女性の意見が重要視されていた戦国時代のこと、生母がこうとなると当然それに倣う家臣もたくさんいました。
柴田勝家など、後に大活躍する人々もこの当時は信行派。最初から徹頭徹尾信長に味方してくれたのは、父である織田信秀と「じいや」こと平手政秀の二人だけだったといっても過言ではありません。

そんな状態ですから、当然そのうち火花を散らすどころか戦になりました。

何度かの小競り合いの後、勝家が信長方に敗れるという事件が起きます。仮にも家臣筋でありながら嫡子に逆らった咎で、当然何らかの処罰が降るものと思った勝家は頭を丸めて反省を示し、信長の元へ赴きました。

しかし、信長は勝家に大した罰を与えずに済ませます。ここで勝家は一気に目を覚ましました。信長と信行の器の差に気付いたのです。

 

スポンサーリンク

「うつけだから、後々どうなるかわかんなかったんだろ?w」

もともと勝家は信秀から「次男をよろしくな☆」ということでお目付け役を任じられていたので、信長のほうが優れているということを潜在的に認めたくなかったのかもしれません。
そして信行を説得し、兄弟力を合わせるよう説きますが、ここまで敵対しておいて信行がそう簡単に頷くわけはありませんでした。

器の小さい人によくあることで、勝家の赦免を「うつけだから、後々どうなるかわかんなかったんだろ?w ホントあいつバカだなwwwwww」と空気のような軽さにしか受け取らず、さらにカーチャンが助命を頼んでくれて助かったため、余計調子に乗る始末。
この時点で(ピー)してても良かったんじゃないですかね。

そんなわけでこの物騒すぎる兄弟ゲンカはここで終わらず、さらにドンパチが続きました。そして、これ以上家中の争いを長引かせると後々に響きすぎると考えた信長は、ついに最後の手段に出ます。
しかしそこはやはりというかなんというか、信長らしい一風変わった作戦を講じました。

猛将として知られた柴田勝家/Wikipediaより引用

猛将として知られた柴田勝家/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

城主の仮病を全力でサポートした家臣たちの演技力ぱねぇ

まず「俺、病気になっちまったわー明日をも知れない容態だわーあー死にそー」という噂を流します。もちろん仮病です。
が、信行は見事これに引っかかりました。「兄上のお見舞いに行かないと!(そして俺自らとどめを刺してやるぜククク)」と考え、ノコノコと信長の元へやってきたのです。

しかし、信長の病室だと言われた部屋にいたのは、見覚えはあっても兄の姿ではありませんでした。さすがに謀られたと気付いた信行でしたが、ここで生涯を閉じることになります。( ̄人 ̄)

誰が直接手を下したのかについては諸説あり、はっきりわかっていません。また、殺されたのではなく、覚悟を決めて自刃した説もあります。
山岡荘八先生の小説では”殺されたものの、手を下した家臣が「見事に自刃なさいました」と信長や土田御前に配慮した”という流れになっていましたので、もしかしたらそんな感じだったからこそ記録が入り乱れているのかもしれませんね。

どうでもいい話ですが、城主の仮病を全力でサポートした家臣たちの演技力ぱねえ。

厳島の戦い前の毛利家といい勝負になりそうですね。

長月 七紀・記

「大うつけ」説の真相~織田信長は弟・織田信行と比べて“お上品じゃない”だけだった?

スポンサーリンク

参考:織田信行/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-織田家, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.