絵・小久ヒロ

その日、歴史が動いた 長宗我部家 仙石家 島津家

長宗我部信親 戸次川の戦いで「俺は討死する」センゴクの大失態で起きた悲劇

更新日:

天正十四年(1587年)12月12日、長宗我部信親が戸次川の戦いで戦死しました。

四国を統一した長宗我部元親の長男です。
母親が正室だったので、特に問題なく家督を継ぐはずだったのですが……なぜこんなことになったのでしょう。

ぶっちゃけて言えばセンゴクのせいなんですが、彼も人間ですから命が惜しいのは当然ですし、ファンの方もいるかと思うのでこの話はその辺にしておきましょう。

 

長宗我部信親 信長さんから「信」の字貰う

信親は永禄八年(1565年)生まれ。
「信」の字は当時の長宗我部家の外交関係から来ています。

織田家に近づくためのヨイショ……謙遜として、父・元親が「いやー織田信長さんパネェっすね! ウチの息子が今度元服するんですけど、御運にあやからせたいんで一字いただけませんかね?」(超訳)とお願いしてもらったものでした。

長宗我部元親/wikipediaより引用

普通こういうとき通字(先祖代々使っている字)は選ばないものなんですが、そこで「長」じゃなく「信」をあっさりあげちゃったNOBUさんマジ風雲児(40代)。

そんなわけで長宗我部家の通字「親」と合わせて「信親」と名乗るようになった彼は、元々頭がよく下々の者にも思いやりのある優しい若様だったそうで、父親にとってももちろん自慢の息子でした。

長宗我部家を描いた司馬遼太郎先生の『夏草の賦(→amazon link)』でも、内外共にあらゆる意味でかなりのイケメンとして描かれていましたね。
ちょっとお坊ちゃんっぽくなっていましたけども、まあそのくらいは欠点のけの字にもならないでしょう。

長宗我部家ははるか昔、中国から渡ってきた家の末裔だといわれています。

信親にはその血が濃く現れたのか。
六尺一寸(約184cm)の超高身長かつ色白だったという記録が残っています。

ここだけ見ると三国志に出てきそうな感じですね。

 

島津とは無理に戦わなくてもいいんだってば

上記の通り戦国武将としてはかなり若い世代のため、彼が成長した頃には既に秀吉の天下になってしまっていました。

それまで父と共に四国統一に励んでいた身としてはさぞ悔しかったでしょうが、一度負けてからは不穏な動きをすることもなく、秀吉の傘下で忠実に働きます。

が、それはたった一年後の九州征伐で終わりを告げることになりました。

戦が亡くなったからではなく、彼の人生そのものが終焉を迎えてしまったからです。

後々九州征伐と呼ばれることになる島津家相手の一連の戦の緒戦。
それが冒頭で出てきた【戸次川の戦い】でした。

この悲劇は秀吉と現地の司令官だったセンゴクこと仙石秀久の認識の違いにより起こったものです。

直接対峙したことはなくても、島津家の手強さはいろいろ聞いていた秀吉は、「四国の連中が一番近いから先行させるけど、無理に戦わなくていいから」(意訳)という指示を出していました。

しかし、功を焦った秀久は「何としても功績を上げなくては!」といらんところでやる気を出してしまい、策とも言えないような無謀にも程がある攻め方をします。具体的に言いますと、「敵の目の前で川を素早く渡って一気にぶっ潰そうぜ!」(超訳)というものでした。

 

「俺は明日討死する」

柴田勝家が上杉謙信にフルボッコにされた【手取川の戦い】。

大友宗麟・大友義統親子が島津四兄弟の恐ろしさをイヤというほど味わされた【耳川の戦い】。

そして【背水の陣】という言葉がある通り、そもそも水の側で戦うときには細心の注意を払い、状況を鑑みてから合戦に臨むのが基礎中の基礎です。

もちろん元親も信親も反対はしたのですが、既に人の話を聞ける状態ではなかった秀久はこれを決定してしまいます。

これが前日12月11日のこと。
その夜、信親は家臣に
「俺は明日討死する」
と覚悟をもらしていたそうです。

既に中央へ組み込まれた後、しかも父の元親が臣従している秀吉の代理に等しい人間の決定ですから、賢明な信親には食い下がることができなかったのでしょう。

「憎まれっ子世にはばかる」といわれますが、逆に頭や性格のいい人はいつの時代も犠牲になるのですね……。

 

跡取りを失い、元親は茫然自失

そしていよいよ翌12日――誰の目にも結果のほぼ見えていた戦いが始まります。

これだけ優秀な若様でしたから、もちろん最後の最後まで信親に付き従った家臣も多くいました。
信親自身も勇敢に戦うのです。

が、そもそも多勢に無勢なシチュエーションの上に、相手は強兵で知られる薩摩隼人の皆さんです。
しかも名将の島津家久が指揮官。

豊臣軍は、歴史上稀に見るフルボッコに遭い、さすがに耐え切れず皆揃って討死してしまいました。

こうして長宗我部家は有能な跡取りと次期家臣団になるはずだった多くの若者を一度に失い、元親はあまりのことに茫然自失状態。

大名としての寿命を縮めていくことになり、大坂の陣にて長曽我部盛親が戦死を遂げるのはよく知られた話かもしれません。

漫画『センゴク』を読んでいる限り、あの憎めないダンゴが、なぜ……というか、こればかりは悔やんでも仕方のないことかもしれません。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
『戦国大名系譜人名事典 西国編(新人物往来社)』(→amazon link
『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon link
長宗我部信親/Wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 長宗我部家, 仙石家, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.