日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

史上最強のディフェンス力真田幸村さん(絵・富永商太)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 真田家 関ヶ原の戦い

関ヶ原で敗者となった真田昌幸・幸村親子が高野山へ出発

更新日:

歴史の話というとネタが偏るものですが、それだけ知名度が高くてわかりやすい話が限られるからですよね。
関が原関連など、関係人物が多い上に細かいエピソードをくまなく拾っていけば一年分くらいネタが集まるんじゃないかと思うレベルです。発端と戦後処理まで含まれば割とガチで。
というわけで本日もその例に漏れず、関が原の戦いの後処理に関するお話を致しましょう。

慶長五年(1600年)の12月13日は、真田昌幸・真田幸村(信繁)親子が高野山へ出立したとされている日です。

いわずもがな、関が原の戦いで負けた(西軍に属していた)からですが、敗将という罪人同然の身にしては、二人の行動に結構差異があるのが面白いところ。
幸村って母親似だったんですかね。この頃にはもうおっさんですが。

絵・富永商太

絵・富永商太

策士よのぉ!わざと女人禁制の高野山に妻を連れて行った?

まずトーチャン・昌幸は、全体的に見ると保身的というか保守的というか、意外に堅実な印象があります。
長男・信之に生活費の調達をお願いしたり、赦免に動いてくれないかと頼んだり、割と現実的です。
「生活の足しにするため真田親子が作っていた」とされる真田紐も、何となく幸村より昌幸が作っていたイメージが強い気がします。
昌幸は既に50代でしたから、当時の寿命からすればもう終盤もいいところ。そりゃ誰だって罪人のまま死にたくはないでしょうし、少々気弱になっていたのかもしれません。
結局赦免の気配がないまま亡くなってしまったことを考えると、哀れなものです。

一方、幸村の方はといえば出立時から「お前、絶対腹に一物持ってただろ」とツッコミたくなる行動をしています。
トーチャンは奥さんを置いていったのに、彼は配流先まで妻子を伴っているのです。普通こういうときって累が及ばないように離縁するなり親族に預けるものですが、幸村はそうしませんでした。

当時高野山は女人禁制だったため、高野山側が幸村の妻の扱いに困り、急遽付近の九度山に配所を変えたと言われています。
監視つきの生活ではありましたが、「ザ・山奥」な高野山より「女人高野」として多くの女性も訪れていた九度山のほうが逃亡に向いていたことは想像に難くありません。もしかすると、幸村も同じように考えて妻を連れて行ったのではないでしょうか。
……ただ単に「うちの奥さんと離れるなんてヤダヤダ><」とか現代のバカップルでもドン引きするような理由でなかったことは確かだと……思いたいです……。

スポンサーリンク

九度山の由来は空海のお母さんが住んでいた伝承

ちなみに九度山の「九度」とは、かつてこのあたりに空海の母親が住んでいたことに由来するとか。
高野山は前述の通り女人禁制ですから、いかに聖者の母とはいえ立ち入れません。それなら、と少しでも近くに住み、月に九回、空海のほうが山から下りてきて母親に会いに来ていたため、「九度山」と呼ばれるようになったという母子愛溢れる由来とのことで。くうかいがきゅうかい……何でもありません。
それにしても月に九回っていうと、だいたい3~4日に一回の頻度だから相当ですよね。「正確に毎月九回だったんじゃなくて、そのくらいしょっちゅう来てお母さんを気にかけていた例えだよ」という説もありますけども、どっちにしろ世俗の縁を切れてなさすぎな気がするんですが。それとも親は例外なんでしょうか教えてエ□イ人。

真田親子は同時に流されたとはいえ一緒に暮らしていたわけではなく、屋敷は別々だったため、これほど会えたかどうかはわかりません。でも罪人なのにちゃんと家を用意してもらえたあたり、かなりいい扱いですね。監視つきであっても一応外出や国許他との手紙のやり取りもしていましたし。
後々幸村が逃げ出していることを考えると、ちょっと甘すぎる感もあります。まあ、この頃はまだ豊臣政権ですから狸の一存でブッコロスわけにもいきませんでしたしね。首謀者の三成その他は既に処刑していますし、無闇にコロしまくると「なんだ、関が原は家康の私戦だったのか」なんてことにもなりかねません。
豊臣家への建前と世間の風評、そして自分の怒りの収めどころへ見事に折り合いをつけた処置ってことでしょうか。さすが狸真っ黒やで。
戦国武将の中でも人気が高い二人ですので、現代では女性だけでなく男性もたくさん九度山を訪れているようです。
再来年の大河「真田丸」で配流時代がどのくらい扱われるかわかりませんが、少なくとも特集や関連書籍では出てくるでしょうから、また混み合うでしょうね。
中には三連休で大阪城・九度山・上田城を全て訪れたという剛の者もいらっしゃるようですので、そんなツアーが組まれたりするのかも?
静かにゆっくり見たい方は、来年の前半くらいまでが良さそうです。

長月 七紀・記

九度山関連エントリー

「真田幸村が隠遁したと聞いたので、 どんな山深いのかと行ってみたら”大都会”だったでござる」

「真田幸村が幽閉先を脱出、いざ大坂の陣へ【その日、歴史が動いた】」

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/真田昌幸
http://ja.wikipedia.org/wiki/真田信繁





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 真田家, 関ヶ原の戦い
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.