日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

森鴎外の意外な一面とは?/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

インテリ文豪・森鴎外の意外な素顔 子どもたちにキラキラネームの真意は?

更新日:

 

文豪と聞いて、一体どんな人を思い浮かべますか?
大体の場合、ちょっと厳しい顔つきの気難しい人物を想像するのではないでしょうか。写真や肖像画でもほとんどそんな感じですしね。しかし、中身までそうとは限りません。
エピソードを探してみると、意外な面を持っていることもたくさんあります。

文久二年(1862年)1月19日、明治の文豪として名高い森鴎外が誕生しました。
彼の文学に関する話を始めるとそれだけで何文字になるかわかりませんので、ここでは鴎外のセンスといいますか、感受性について扱ってみたいと思います。

軍服姿の写真もあったんですね/Wikipediaより引用

軍服姿の写真もあったんですね/Wikipediaより引用

 

お抱え医師の家に生まれ10歳で勉学のため上京 

まずはその土台となる、生い立ちやドイツ留学の話をさらっとしておきましょう。
鴎外は、現在の島根県にあった津和野藩というところに生まれました。代々藩主のお抱え医師の家でしたが、お爺さんとお父さんは婿養子だったので、森家にとっては何十年ぶりかの男子誕生ということになります。
そのため期待の長男として幼い頃から漢書だけでなくオランダ語も学び、結果的に維新の激動を生き抜く下地を作ることができました。

10歳で父親と共に上京し、現在の墨田区へ移住。この頃、東京の医学校ではドイツ人によるドイツ語での講義が始まっており、その準備のため私塾に入りました。
一時は通学の不便さなどから転々と引越しをしますが、その程度で勉強に支障が出るようなヤワな神経ではなかったようです。この10歳児すげえな。

そして医学校に入った後も和漢の文学や漢方の医書を多く読み、さらに見識を広げていきます。
残念ながら卒業時は最優秀グループからは外れてしまい、就職はスムーズにはいきませんでしたが、同期の一人が旧陸軍へ推薦してくれたため腰を落ち着けることができました。

森鴎外の生家/Wikipediaより引用

森鴎外の生家/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

ドイツでは勉強だけでなく幅広い交流を 

その後四年ほどドイツへ留学しています。
下宿生から軍人・貴族・王室関係者まで幅広く交流し、美術館や劇場へも出入りしていたそうです。この辺はさすが由緒正しいお家の人という感じがしますね。
ドイツ語もめきめき上達し、ドイツ国内で行われた赤十字国際会議で「ブラボー!」と言われるほど優秀だったとか。その言語ならではの言い回しができないと通用しなかったりしそうですが、そこまでできていたんですかね。どっちにしろすげえ(二回目)。

本格的に文筆活動を始めたのは、ドイツ留学から帰国した後のことです。
「舞姫」の元ネタの一つがその時期に来日していたドイツ人女性であったことは有名ですね。後々文通もしていたそうです。
日本初の”軍神”こと広瀬武夫(過去記事:日露戦争の旅順港閉塞作戦で広瀬武夫が戦死【その日、歴史が動いた】)も留学先で出合ったロシア人女性と文通をしていましたけども、当時の軍関係者の間で流行ってたんですかね。
まあそんな感じで、一言でいえばインテリ街道まっしぐらだったわけです。

ベルリンには森鴎外記念館なるものがあるそうで/Wikipediaより引用

ベルリンには森鴎外記念館なるものがあるそうで/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

子どもたちにキラキラネームを付けた真意とは!?

しかし、当時は文武両道ならぬ文理両道な人はそうそう多くありませんし、そのうえ軍にも携わっているとなるとほぼ皆無ですから、彼の感覚は相当特殊になっていたことは予想がつきますよね。
わかりやすい例を挙げると、二点ほどそういうところがあります。

まず一つは、子供や孫の命名です。
長男・於菟(おと)は中国の虎を意味する言葉、長女の茉莉は茉莉花(ジャスミン)から名付けられているのでまだマシというか元ネタがわかりやすいですが、この二人以降は皆西洋の名前に当て字をしたものなのです。
次女は杏奴(あんぬ、フランス語)、次男が不律(ふりつ=フリッツ、ドイツ語)、三男は類(るい、フランス語)といった具合。次男だけは夭折してしまいましたが、他の四人はいずれも大成しています。

一応ただの西洋かぶれだったわけではなく、「西洋に行っても発音しやすいように」という親心だったとか。鴎外の本名である「林太郎」がドイツではなかなか発音しづらく不評だったからというのもあるようです。
今で言うキラキラネームかと思いきや、ちゃんと理由があったんですね。

恐らく同様の理由で、孫にも「爵」(じゃく)という名前をつけています。ホントは冠が「木」なんですが、文字コードの事情によりこの字でご勘弁ください。
フランスの男性名「ジャック」のもじりだそうですが、多分当時は誰も判らなかったんじゃないですかね……。

 

乃木希典の殉死に衝撃を受け、わずか5日間で書き上げる

もう一つは、「興津弥五右衛門の遺書」という短編小説の執筆経緯です。
ドイツ留学中からの付き合いで、日露戦争では同輩?でもあった乃木希典が明治天皇に殉死したことに衝撃を受けて書いたものなのですが……いくら短編とはいえ、恐らくカケラも構想がなかったであろう話をたった五日間で書き上げたあたり、衝撃の大きさと鴎外の文筆力が伺えます。

前半は興津家という家の由来を書いているのですが、意外にも戦国時代から始まっており、歴史ファンなら「おっ」と思うかもしれませんね。主人公は文禄四年(1595年)生まれで、これは蒲生氏郷や豊臣秀次が亡くなった年です。
そしていろいろご恩のあった主君の十五回忌に、出遅れながら殉ずるという話なのですが、この”主君”が意外な人物だったりします。
多分ここであっさり明かしてしまうよりも、この話を読んでいただいたほうが面白いと思いますので、ご興味のある方は参考リンク先へどうぞ。
多分戦国好きなら誰でも知ってる家ですよ。

 

細菌学を学んだ後に潔癖症?

当時、乃木の殉死については業界問わず批判する意見も多かった中、鴎外がこの作品を書いたことはとても意義のあることだったのではないでしょうか。一般人の多くは美談として受け止めていて、批判した新聞のほうが非難されていたようですし。

鴎外のような大文豪の気持ちを推し量るのも大それたことではありますけども、多分純粋な人だったんでしょうね。一つ大きな特徴を見つけると、多少のことでは評価を変えないというか。
細菌学を学んだ後は潔癖症になったといわれていますし、例の脚気に対する対応のまずさ(過去記事:明治のラストサムライ・乃木希典 大帝に殉死す【その日、歴史が動いた】)も自らの知識を信ずるがゆえのことだったのかもしれません。だからこそなかなか考えを変えられずにいたのではないでしょうか。
全てが本人の責任というわけではありませんし、当時鴎外が軍医としてどこまで方針に口を出せたかも疑問ですし。

完璧な人間はいない(というか完璧なのは神様とか仏様であって人間ではない)のですから、そこだけにツッコミ続けるのも野暮というものでしょうね。鴎外の場合関わった出来事や書いた作品の存在感が大きすぎて、余計目立ってしまうのかもしれません。

昨今は一つ二つの欠点をあげつらうことが多いですが、そんなせせこましい了見ではいたくないものですねえ。

こちらは北九州の森鴎外宅/Wikipediaより引用

こちらは北九州の森鴎外宅/Wikipediaより引用

 

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:森鴎外/Wikipedia 四国の山なみ・興津弥五左衛門の遺書

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.