日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アジア・中東

カルロヴィッツ条約で覇者の交代! オスマン帝国が弱体化し、ハプスブルク家が躍進へ

更新日:

 

人間誰しも、「あの時ああすればよかった」「あんなことしなければよかった」と思うことってありますよね。
起こらなかったことの予測は不可能なので、言っても詮無いことではありますけども。
もしかしたら、後悔したことであっても最悪のフラグを叩き折れていたかもしれませんしね。

それは個人だけでなく軍や国といったとても大きな組織でもありうることです。
本日はその一例であろう、あの大帝国のお話です。

1699年(日本では江戸時代・元禄十二年)の1月26日、オスマン帝国がヨーロッパ諸国とカルロヴィッツ条約を締結し、大幅に領地を失うことが決まりました。
かつては東ローマ帝国を滅ぼして首都を分捕り、「オスマンの脅威」とさえ呼ばれたのに、一体何がどうなってしまったのでしょうか。

 

東ローマ帝国を倒したけれど、時代の流れに追いつけず・・・

気付いたらこの国の記事は結構書いておりましたので、まずは時系列順にまとめてみたいと思います

1396年 ニコポリスの戦いで圧勝

1453年 コンスタンティノープルを分捕る(関連記事→東ローマ帝国滅亡

1571年 レパントの海戦で負けたけどまだまだ頑張る

1699年 カルロヴィッツ条約締結  ←今日ここ

1853年 クリミア戦争で他国と同盟してギリギリ勝つ

1922年 ムスタファ・ケマル・アタテュルクによってオスマン帝国滅亡

 

番外編としてはエルトゥールル号遭難事件なんてのもあります。
あれだけデカい国だったので国境も多く、いろんなところに出てくるんですが、オスマン帝国そのものがどうにかなったのはだいたいこのくらいですね。

ものすごく大雑把にまとめると、「東ローマ帝国を倒して現在のトルコの元になった国だけど、時代の流れに追いつけず滅びた」という感じになります。
そしてそのターニングポイントになるのがカルロヴィッツ条約というわけです。レパントの海戦と見る方もいますが、細けえこたぁいいんだよ。

オスマン帝国の最大国土/wikipediaより引用

オスマン帝国の最大領土/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

東欧地域でハプスブルク家相手に16年ドンパチ 

さて、前置きが長くなりましたがそろそろ本題です。
他国との条約というからには戦争か政争か、何がしかの争いがありました。カルロヴィッツ条約の場合は、戦争の名前で言うと「大トルコ戦争」です。まんまですね。

これは合わせて16年ほど東欧地域でやってた戦争なんですが、主な相手は神聖ローマ帝国……の皇帝家になっていたハプスブルク家、つまり現在のドイツではなくオーストリアでした。マリア・テレジアマリー・アントワネットの家ですね。彼女らが生まれるのはもう少し後ですけども。

レパントの海戦で負けたとはいえ、まだまだヨーロッパへの進出を諦めていなかったオスマン帝国は、この戦いでも頑張ります。一時はオーストリアの首都・ウィーンを包囲するほどでした。
一度めは失敗して再び挑みますが、オーストリアもその間に防衛を強化していたので、なかなか決着がつかず戦線は膠着します。地下から侵入しようとして穴まで掘ったそうですが、これも失敗に終わりました。

現代でウィーンというと音楽の都のイメージが強いですけれども、当時は立派な軍事都市だったんですねえ。
完全に余談ですが、この戦争やってた頃はバッハの少年時代にあたります。すげえ時代に生まれたもんだ。

レパントの海戦/wikipediaより引用

レパントの海戦/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

内乱の後にロシアがクリミア半島へ 

こうして攻めあぐねるオスマン帝国では、最悪なことに内紛まで起こりました。
現場の司令官だったカラ・ムスタファという人物について、皇帝にあることないこと吹き込んだヤツがいたのです。そういうのが出ること自体が死亡フラグですが、ときの皇帝・メフメト4世はこれを信じてカラ・ムスタファを見るも無残な方法で処刑してしまいました。

その後、南下のタイミングを見計らっていたロシアが参戦します。これまた大雑把に言うと、クリミア半島の取り合いです。
他にもイングランド・ポーランドに当時共和国として独立していたヴェネツィアなども加わり、オスマン帝国は多国籍・多方面の敵を同時に相手しなくてはいけなくなりました。
こうなると攻め入るどころか防衛戦に近くなるのは自明の理というものですよね。

とはいえ、この間オスマン帝国だけでなく各国の王やお偉いさんの代替わりがあり、その度に実際の戦闘は少なくなっていきました。要するにgdgdになったわけです。
そして「そろそろやめない?(´・ω・`)」ということで交渉が始まり、条約を結んでオスマン帝国は領土を割譲することを了承したのです。

カラ・ムスタファ・パシャさん/wikipediaより引用

カラ・ムスタファ・パシャさん/wikipediaより引用

 

弱体化するオスマン帝国と躍進するハプスブルク家 

この戦争で変わった点は大きく二つあります。
一つはもちろんオスマン帝国の弱体化。もう一つは、ハプスブルク家の躍進です。

というのも、オスマン帝国が東欧地域をオーストリアやポーランドに割譲したため、ハプスブルク家にとっては足がかりができたのでした。
オーストリアから西は魑魅魍魎状態のドイツ地域&全盛期のフランス王国ですから、入る余地はありません。しかし、オスマン帝国領だった東側=ハンガリーなどであれば可能性があります。

そこに目をつけたマリア・テレジアのジーチャンであるレオポルト1世が頑張り、国を強くしていったのでした。

国同士でも内政でもそうですが、こういう「覇者の交代」みたいなのワクワクしますよね。これぞ歴史の醍醐味。

長月 七紀・記

TOP画像:オスマン帝国/wikipediaより引用

スポンサーリンク

参考:カルロヴィッツ条約/wikipedia 大トルコ戦争/wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アジア・中東

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.