歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

江戸時代 その日、歴史が動いた

吉益東洞のトンデモ理論は西洋医学的だった!? 病気の原因はすべて一種類の毒!

更新日:

 

いつの時代のどの分野でも、トンデモな学説を生み出す学者さんというのはいます。

が、その中には何百年も経ってから「実は正論でした」なんてことがあったりするので侮れません。
トンデモについてはワタクシ人様のことを言えないのですが、まあそれはどうでもいいですねハイ。

元禄十五年(1702年)の2月5日、江戸時代の医師・吉益東洞(よしますとうどう)が誕生しました。

医師というより僧侶のようなお名前ですが、まあどっちも病人や死人には関わりが深いですよね。
いったい何をした人なのかというと、当時の医学界を「ナ、ナンダッテー!?」状態にした人です。
「病気の原因は全部一種類の毒! だからその毒さえ克服すればみんな健康になれる!!」というまさにトンデモな理論を主張したのでした。

 

中国の医学書『傷寒論』をベースにして

一応根も葉もない話ではなく、中国の医学書「傷寒論」というものがベースになっています。三国志の時代前後に完成したといわれている本で、江戸時代に参考にするには少々不向きな気もしますが、日本では漢方医学の入門書として長く親しまれてきました。
葛根湯をはじめとした有名な漢方薬が数多く載っていて、現代でも漢方医学のベースになっているようです。

ちなみに「漢方薬」「漢方医学」って実は日本独自の言い方なのをご存知でした?
中国医学を元にして日本で発展したものであって、全く同じものではないそうです。関係が深いのは確かなんですが。
具体的にどこがどう違うのかという点についてはテキトーなことが言えないのでアレですけども、漢方のほうが薬の材料になるものの種類が少ないのだそうで。

多分、長い年月の間に日本が輸入しやすいものや日本人に合いやすいものを厳選していったんでしょうね。海外旅行先で買った薬が合わなかった、って話もときどき聞きますし。

傷寒論/Wikipediaより引用

傷寒論/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

毒を持って毒を制す!

漢方では「全身のバランスを整えることによって、体の調子を良くしていこう」というやや抽象的ともいえるスタンスで治療をしていきます。

東洞の考え方は上記の通り全く違うもので、「毒」を制するには、強い薬を使うことが一番だと考え、積極的に使っていくという方針を掲げました。薬も過ぎれば毒になる、というのは当時からある考えでしたから、まさに「毒を持って毒を制す」というのが彼の主張です。
漢方の基本的な考え方を同じようにことわざで例えるとすれば「柔よく剛を制す」というところでしょうから、まさに真逆の考え方といえます。

東洞の主張は、どちらかというと中国医学や漢方ではなく西洋医学に近いものです。西洋医学は、「病気の原因をピンポイントで解決していこう」という傾向がありますからね。
現代的なイメージで置き換えれば、「健康診断やデートの直前だけダイエットや禁酒をする」のが西洋医学、「常日頃から体力づくりなどで健康維持に努める」のが漢方医学というところでしょうか。

 

東洞死亡の翌年に解体新書が発表された 

が、ほぼ鎖国状態とはいえ、伝聞として西洋のものがいろいろ入り始めてきた当時の情勢では、「西洋の文物は日本よりずっと進んでいる。ということは、西洋医学に近い東洞の考えが正しいのではないか?」と考える人もいました。

そして彼の考え方が賞賛を浴びたこともあったのですが、漢方とは真っ向から対抗する理論ですから、当然反発も大きかったようです。今でも、東洞の考え方は漢方を堕落させたとしてあまり良くない印象をお持ちの医療関係者は一定数いる様子で。

彼がもう少し遅く生まれていたら、西洋医学と出会って「そうそう、俺が言いたいのはこういうことだったんだよ!」と納得し、そちらの道を選んでいたかもしれません。

実際には東洞の死の翌年に解体新書が刊行されているので、本当に惜しい話です。

生まれてくるタイミングがほんの少しずれていれば、天下の名医として今に伝えられていたのかも?

この方がもう少し早く出ていれば・・・/Wikipediaより引用

この方がもう少し早く出ていれば・・・/Wikipediaより引用

 

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:吉益東洞/Wikipedia 傷寒論/Wikipedia

 

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.