歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

飛鳥・奈良・平安時代 藤原家 その日、歴史が動いた

意外と知らない平等院鳳凰堂の歴史 10円玉でお馴染みだけど…

更新日:

お寺というと、お線香の香りや法事での正座、お坊さんなど、日常生活からはかけ離れたもの、もしくは修学旅行で無理やり行かされたイヤな思い出しかないという方もいるのではないでしょうか。

しかし、毎日誰もが眺めているはずの馴染み深いお寺というものもあります。もちろん直接ではなく間接的に。

そのお寺とは、天喜元年(1053年)3月4日に完成した平等院鳳凰堂です。

十円玉に描かれているアレですね。レジや銀行などでお仕事されている方は、ほぼ毎日大量にご覧になっているのではないでしょうか。って、そんなヒマないか。

 

 はじめは源融 そして宇多天皇、源重信へと所有権がコロコロ…

十円玉を通して誰もが知っている建物ではありますが、お寺というだけで他のことは案外ご存知ないですよね。有名な建物にはお決まりの展開でもありますけれど。

まず所有権に関して。平等院の土地と建物は、さまざまな皇族や貴族の手を渡り歩いています。不動産ですけどそこは言葉のあやというやつで。

はじめは、源融(元皇族)が土地を手に入れて別荘を建て、その後、宇多天皇→源重信(宇多天皇の孫)→藤原道長(例の天狗になってた歌の人)→藤原頼道(道長の息子)と受け継がれていきました。

そのため当初からお寺だったわけではなく、元は教科書で出てくる”寝殿造り”そのままの構造でした。
なので、お寺になってからも釣りをするための離れ(釣殿)などがあったそうです。……殺生を禁じているお寺でそんなもんそのままにしておくから、罰が当たって没落したんじゃないですかね。

源融

百人一首にも登場の源融さん/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

この世はおしまいだー! 神様どうかお救いをー! 

現在残っている鳳凰堂は、道長が亡くなった後に頼道が作ったものです。
当時は「末法の世」とされ、特に貴族の間ではまさに仏にすがる思いで念仏を唱えたりお寺を建てたり、自ら出家したりすることが当然のようになっていました。

「末法の世」=”末法思想”とは、ものすごくテキトーに言うと「釈迦様の時代から千年も経ってしまった……この世はおしまいだー! 神様仏様どうかお慈悲を!!」とする当時の厭世的な考え方なのです。そしてこれがあながち、単なるオカルトとも言い切れません。

平安時代は地球的に寒冷な時期で、疫病や天災も多く、この考えに拍車がかかったと思われるからです。そりゃ、科学の未発達な時代でそんなことが続いた上に、平均年齢も短いとなれば、こういった考えが主流になるのも無理はないでしょうなぁ。
平等院をはじめとした、この頃のお寺にもそれが反映されています。「浄土式庭園」と呼ばれるつくりで、書いて字の如く極楽浄土をイメージした大きな池などを配することによって、本物の極楽に近付こうというねらいがあります。
……それで物理的に近づけるのか、そもそも作るのにお金や人手を大量に要するのは仏の道に反してるんじゃないのか、など色々ツッコミたいですが、これも当時の情勢からすれば仕方ありません。結果として素晴らしい建築物を残しているのですから、特に後世のためにはなっていますし。

平等院鳳凰堂の木像を元に制作された藤原頼通/wikipediaより引用

平等院鳳凰堂の木像を元に制作された藤原頼通/wikipediaより引用

 

平泉町の中尊寺は消失したが平等院は奇跡的に・・・

この手の有名どころでは、奥州藤原氏が作った平泉の中尊寺などがあります。鎌倉時代に大きな火事があったので建物は現存していませんが、あれも残っていたらさぞかし素晴らしい眺めだったのでしょうね~。

逆に言えば、平等院鳳凰堂が残っているというのが結構奇跡的な話だったりします。

宇治は京都の中心地からは少し離れているエリアですが、特に南北朝時代にはこのあたりも戦場になることが度々ありました。平等院の中にあった建物も、多くは焼失してしまっています。

その中で鳳凰堂だけが「平安貴族が建てたお寺」かつ「仏像・仏画・庭園等含めて」残っているのです。
これはもしかすると、御仏のご加護かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 江戸奉行の取り決めで天台・浄土宗は仲良く都を護ってね♪

現在においては、天台宗と浄土宗が共同で管理するという珍しいお寺でもあります。これは江戸時代に寺社奉行が取り決めたもので、その後特に争いは起きていないようです。
誤解を恐れずにキリスト教でたとえると、カトリックとプロテスタントを同じ教会で扱うようなものでしょうかね。スゴイ話だ。まあ、そこは「皆仲良くね^^」(超訳)な仏教らしいといえばらしいのかもしれません。

2001年には”平等院ミュージアム鳳翔館”という施設が作られ、院内にあった宝物を見学できるのはもちろん、記録を元にして往時の姿を再現したCGなども見られるのだとか。
確か仙台城でも似たようなことをやってた気がするんですが、最近歴史建築の世界ではCGが流行りなんですかね? そりゃ実際に建て直すよりはお金がかからなそうですが。

そのうち3Dプリンターで立体化されたり、3D映像で現存しない建物が出てくる作品が作られるかもしれませんね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:藤原頼通/wikipedia 平等院/wikipedia

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-飛鳥・奈良・平安時代, 藤原家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.