日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




その日、歴史が動いた

プルートこと冥王星~冥府と地底を司り「厨2ゴコロ」を刺激する惑星、100年前に発見される!

更新日:

 

「星」というと普段はキラキラ光っているもの、いわゆる恒星を想像しがちですが、自ら光らない星もまた天体です。
地球だって、他の惑星から見れば「ぼんやりしててあるのかないのかよくわからん」って感じかもしれませんしね。

が、そんな次元でなく「実際のところどうなのよ?」な扱いをされ続けている惑星もあります。
1915年(大正四年)3月19日に初めて撮影された冥王星です。
最近惑星から準惑星へ「降格」されましたが、そもそもこの星、発見当初からいろいろともめていたのでした。

aもbも冥王星です(約2時間半の間隔で撮影したものを合成)/国立天文台HPより引用

aもbも冥王星です(約2時間半の間隔で撮影したものを合成)。地球の公転運動のため移動して見えるとのことです/国立天文台HPより引用

 

アメリカの天文学者が発見!

話が前後しますが、ときは1930年。
アメリカの天文学者の一人、クライド・トンボーという人が、太陽系第九惑星を探しておりました。

太陽系の惑星は太陽に近いほうから水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8つが見つかっていたのですが、「外側の二つ(天王星と海王星)の軌道からすると、もう一つ外側に惑星があるっぽい」ということで、天体写真を用いて未知の惑星を探していたのです。
そして何枚かの写真を撮り、軌道を計算した結果、冥王星が見つかりました。

これが1930年2月18日のことだったのですが、記録によっては最初に撮った写真の日付(同年1月23日)を発見日としていることもあります。
さらに、それまで撮られていた天体写真をいろいろ調べた結果、「これも同じ星じゃね?」というものが見つかり、その写真の日付は1915年3月19日でした。
そういうめんどくさい紆余曲折があったので、当コーナーではこの日に冥王星のお話をさせていただいた次第です。

トンボーが写真を比較したブリンクコンパレータ/Wikipediaより引用

トンボーが写真を比較したブリンクコンパレータ/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

冥府と地底を司る「プルート」 英国の少女が提案した 

発見日については上記の通り、それぞれちゃんと根拠があるのでいざこざにはならなかったようですが、冥王星を巡る論争はまだまだ続きます。

まず、どんな名前をつけるかで一悶着ありました。
発見者の名前やら、その奥さんの名前やらが最初に候補になりましたが、支持を得られず頓挫。その後ギリシャ神話の神々の名前がいくつか出たそうですが、票が割れて決定には至らず。

現在英名として使われている「プルート」は、そんな状況の中でイギリス人のとある少女が提案したものなのだそうです。これはギリシャ神話では「ハデス」と言われる神様で、冥府と地底を司るといわれています。
何となく暗くて厳しい感じがしますが、この人(神)自分の奥さんをもらうときに女性の扱いがわからず、あたふたしていたという話があります。かわいいなオイ。
ちなみに女癖の悪さで有名なギリシャ神話の一番エライ神様・ゼウスはハデスの弟です。兄弟でえらい差やな。

 

日本では当初「幽王星」だった!? 

話がそれましたが、この名が人を通じてアメリカの天文台に伝わると、「いいじゃないか!」ということで見事採用され、現在に至るというわけです。
日本語訳の「冥王星」は日本人の学者がつけたもので、当初は「幽王星」という名前も候補に上がったとか。どちらも死後の世界の王を連想できますが、後者だと中国の皇帝に「幽王」っていう人がいたので、ボツになったんでしょうかね。ただ単に語感の問題かもしれませんが。

また、ベトナムやインドでは閻魔大王の星と見なされているらしく、「閻王の星」というような意味の名前がついています。文字コード上の都合で表記できませんが(´・ω・`)
太陽系の中では地球から最も遠い星ということで、暗く冷たく、死者の王や死者を裁く閻魔にふさわしいというイメージが世界共通なんでしょう。

ちなみに某世界一有名なネズミのペットのワンちゃんの名前がこの星と同じなのは、冥王星が発見された年にあの二足歩行の犬がデビューしたからだそうです。意外と単純だった。

 

スポンサーリンク

2015年の夏には探査機が到着予定

冥王星といえば冒頭でも書いた「降格」の話で記憶に新しい方も多いと思うのですが、地表など実際の状況がどんなものなのかはまだわかっていません。名前だけの話だったってことがよくわかりますね。

一応前々から「惑星にしては小さすぎる」とか「小惑星でよくね?」という話はあったんですけども。

2006年にアメリカの”ニュー・ホライズンズ”という探査機が冥王星へ向けて打ち上げられ、この記事の時点(2015年3月19日現在)ではまだ到着していません。無事に着けるのは2015年夏の予定で、地球との時差等を考えると、実態がわかるのは2016年ごろだといわれています。多分その辺になったらまたちょっとした話題になるでしょう。

まあ、冥王星にしてみれば「人間の都合と分類なんぞどうでもいいわい」ってなもんでしょうが。

ニューホライズン

NASAのニューホライズン公式サイトがめっちゃカッコイイっす!

 

長月 七紀・記

参考:冥王星/wikipedia




スポンサーリンク


 

 





1位 徳川慶喜一橋慶喜
西郷どん・ヒー様の正体?


2位 橋本左内
風間俊介さんで西郷どん登場!


3位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


4位 明治天皇
その功績とエピソード


5位 伊集院須賀
西郷隆盛最初の妻、どんな人?


6位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


7位 ホントは熱い!徳川家康


8位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


9位 桂久武
西南戦争に突如参加の親友


10位 阿部正弘
幕府を支える若きエリート老中



注目! 安藤百福まんぷくモデル
50歳からチキンラーメンを開発!


注目 日露戦争
なぜ日本は勝てた!?




わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.