日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ロシア

ロシア帝国がシベリア鉄道の建設を決定!

更新日:

「列車の旅」ってロマンがありますよね。
時間もお金もかかりがちですが、車窓からの景色が徐々に変わるため「旅をしている」実感がわきやすいからでしょうか。だからこそ、長距離列車や夜行列車、青春18きっぷなどに根強いファンが多いのでしょう。
他の国でも、時間がかかっても景色を楽しめるルートを通る列車や、「○○横断鉄道」と呼ばれる列車は人気が高いですよね。
本日はその最たる例であり、実は日本とも並々ならぬ縁のあるあの鉄道のお話です。

1891年(明治二十四年)3月29日、ロシア帝国でシベリア鉄道の建設が決定しました。
特に興味のない人でも誰もが知っている鉄道ですが、建設から利用、そして今日に至るまでさまざまな紆余曲折をたどっています。
規格や列車そのもののことについては、鉄道ファンの方のほうがずっとお詳しいと思いますので、本日は歴史に関わるようなタイミングをダイジェスト的にお話ししていきたいと思います。

広義のシベリア鉄道の路線(赤)(Wikipediaより)

「ロシアの東方地域からモスクワ方面へ、きちんとした交通網を作ろう」という動きは、これより半世紀近く前からありました。
が、いつの時代のどこの国でもよくあることで、地方のことは中央政府の人間にとってはあまり魅力的に思えず、具体的な話が進まないまま数十年が経ちます。
関心が持たれるようになったのは、議会で「馬車ではなく鉄道を作れば、軍事的にも経済的にも大きなメリットがあります。飢饉の防止にも役立つでしょう」という提案がされてからでした。
「具体的にどんなメリットがあるか?」という話が出ると、人間興味をひかれますものね。
その後資産家が建設予定ルートの測量報告を出したり、皇帝への意見書が出されたりと、ゆっくりではありましたが鉄道建設計画が進んでいきます。
このときはまだモスクワまでは繋がっていませんでした。現在も厳密にいえば「シベリア鉄道」はモスクワまで行っておらず、別路線との連絡によって繋がっているというほうが正しいようです。まあ、こまけえこたあいいんだよ。

そうしていよいよ建設が始まりました。
ちょうどこのタイミングでニコライ皇太子(後のニコライ2世。最後のロシア皇帝)が日本を含めた東アジアの視察旅行に出ており、父である皇帝・アレクサンドル3世から「帰りにウラジオストックで鉄道建設の現場に立ち会うように」と命じられています。
この命令が出たのがあの大津事件(過去記事:ロシア皇太子 日本で暗殺されかける 大津事件 【その日、歴史が動いた】)のだいたい一ヶ月前です。実際に事件の後、ニコライ皇太子はウラジオストックに向かっていますが、「日本からすぐに離れたいから、近場のウラジオストックを目指した」といった感情的な理由ではなかったんですね。ホント大人の対応や。

建設に際し、地形的な意味で最も大きな障害となったのはバイカル湖でした。地図上でも思わず「でけえ」と呟いてしまうような大きな湖です。世界で最も深い湖であるという点で有名ですが、場所が場所だけに冬場は分厚い氷に閉ざされます。
しかしこの付近を通さないといろいろ支障があるということで、迂回ルートができるまでの間、夏は湖上に連絡船を渡し、冬は氷の上に線路を敷いて(!)繋げていたとか。
線路を引けるほど分厚い氷って日本人には想像もつきませんが、シベリアにはマイナス55℃を記録した町もあるくらいですので、ありえない話ではないんでしょうね。ああおそロシア。
この湖、実はとある悲劇の現場でもあるのですが……まあその話はまた日を改めましょう。

ウスリー川付近での建設の様子(1895年)Wikipediaより

途中で清(当時の中国)から敷設権を買ったり、国際的な問題もクリアしながら建設は進められ、全線開通したのは1904年9月のこと。
つまり日露戦争の真っ最中です。しかも同戦争中最大の激戦・旅順攻囲戦中のことでした。
単純に考えると、シベリア鉄道建設を完全に後回しにすれば、ロシアはもっと兵数を増やせたということになるわけですね。KOEEEEEE!

また、シベリア鉄道は二度の世界大戦にも関わっています。
まず、第一次世界大戦では間接的に日本がシベリア出兵をするきっかけになりました。その理由となったチェコ人部隊とロシア帝国のいざこざが起きたのがシベリア鉄道での移動中のことだったのです。
その辺のことは以前取り上げていますので、よろしければどうぞ→過去記事:各国の思惑が絡みすぎて受験生パニック!? シベリア出兵って何だったの?【その日、歴史が動いた】
ものすごくややこしい話なんですが、それだけに「国際問題ってこうやってこじれていくんだな」という一例かと。

さらに第二次世界大戦では、独ソ戦が終わった後のわずか三ヶ月程の間に、大量の兵士がシベリア鉄道で輸送されました。目的地は、当時日本領になっていた朝鮮半島です。
このとき前線で戦った旧日本軍のうち、捕まってしまった兵士の多くがシベリア鉄道沿線で強制労働をさせられました。これが”シベリア抑留”です。
また、第二次世界大戦のときにシベリア送りになったのは日本人だけではありません。独ソ戦最大の戦い・スターリングラード攻防戦でのドイツ人捕虜のうち、生存者の多くがシベリア鉄道沿線に送られ、移動中もしくは強制労働中に亡くなったといわれています。
おそらく日独両軍に属していた別の国の人々にも、犠牲者は多かったでしょう。
「シベリア」という地名自体に暗い印象がつきまとうのは、このあたりのことを潜在的に連想するからなのでしょうね。
現在はもちろん平和的に利用されていますが、戦争の名残ともいえる小さな問題が一つ残っています。
多分ご存知の方もいらっしゃると思うのですけども、「シベリア鉄道を北海道まで伸ばそう!」というものです。ダイナミック過ぎて現実味がありませんが、ロシア側では結構ガチで考えているようです。
元々ソ連時代に「シベリア鉄道を樺太(サハリン)まで伸ばせば、原油の輸送とかにいいよね」という計画がありまして、ソ連崩壊等に伴って頓挫していたのを現在進行させています。
そのついでに「日本とも繋げられたら色々便利だよね! JRさんどう? どう?(チラッチラッ)」という状態なのだとか。

しかし、シベリア鉄道と日本の鉄道では規格が合わない上、そもそも北海道では豪雪のため工事中断や運休期間が長くなるだろうと予測されており、いろいろと問題が山積みです。主に日本側の負担が大きすぎるため、日本政府もJRも話を進めるつもりはないとか。
まあ、それがなかったとしても軍事上の懸念とか北方領土のアレコレとかがありますから、国民から猛反発を受けるのは間違いないですし。
「まずは北方領土を返せ。話はそれからだ(聞くとは言っていない)」というところでしょうか。

9,288kmポスト(ウラジオストク)Wikipediaより

現在のシベリア鉄道は「乗ること自体が観光」という意識で利用する人が多いようですけれども、歴史の面から見てみると複雑な感じがしますね。いつか乗ってみたいような、乗りたくないような……。
カタコトのロシア語でも何とか通じるそうですが、英語表記がない&英語が通じないというのもネックですよね。今のところ国際事情的にも英語対応は難しそうですし。
ネット上では日本人で複数回利用されている方のレポートがあったりしますので、それを読んで楽しむのが無難ですかね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:シベリア鉄道(wikipedia)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, ロシア
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.