歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

中南米 その日、歴史が動いた

イースター島とモアイ像の歴史 巨大な石像はどうして作られ、そして廃れていったのか

更新日:

 

目の前のことに固執し続けた結果、何もかもダメになってしまった……なんて話、案外多いですよね。
人間関係にしてもそうでしょうし、お金のトラブルやギャンブルなど、思い当たる節があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
さて、本日は「それが社会全体で起こるとどうなるか?」という一例のお話です。

1722年(日本では江戸時代・享保七年)4月5日、太平洋の孤島・イースター島が発見されました。

オランダ人がここへやってきた日が、たまたまキリスト教の行事・イースターだったことでこう名付けられました。島の人からしたら「???」って感じだったでしょうね。
イースターは邦訳すると「復活祭」。イエス・キリストが処刑されてから3日後に復活したという伝承から来ています。

そんな大事な日の割に毎年日付が変わるんですが、これは「春分の日の次に来る最初の満月の次の日曜日」というものすごくめんどくさい基準になっているからです。
さらに各宗派でも日付の決め方が変わったりするので、もはや由来とかどうでも良くなってる気がゲフンゲフン。神の御子涙目。
ちなみに、今年は本日4月5日がイースターです。某夢の国でイベントをやるようになってから、日本でも少し知名度が広がりましたね。

さて、イースターの話はそこまでにして、次は島の歴史を見ていきましょう。
現地語では「ラパ・ヌイ島」というそうですが、話がわかりづらくなりそうなので今回は「イースター島」と呼ばせていただきますね。

本名は「ラパ・ヌイ島」の歴史

イースター島が文字通りの「絶海の孤島」になったのは、そもそもこの島が海底火山の噴火によってできたものだからだといわれています。
それでも4~5世紀には人が流れ着いていたそうですので、人類の技術というか根性ってすごいですね。
歴史で「絶海の孤島」というとナポレオン最期の地・セントヘレナ島が有名ですが、イースター島とは(地図上だと)ちょうど大西洋と南アメリカ大陸を挟んで対称的なところにあります。「だから何なんだよw」と言われたら何でもないんですけども、こういうの面白くありません?(´・ω・`)

島の中の社会はいわゆる「部族社会」で、トップの人が絶大な権力を持っていました。そのトップの祖先はさらにエライということで、祖先を神として崇めていたといいます。
当初は島全体で一つの村だったと思われますが、人口が増えるにつれ家が別れていき、それぞれ別の村を作るようになっていきました。
また、この辺の地域をまとめて「ポリネシア」というのですが、イースター島はポリネシア圏で唯一固有の文字を持っており、この点からも相当文明が進んでいたことがわかります。

イースター島(Wikipediaより)

スポンサーリンク

10世紀頃までにつくられた謎のモアイ像は下半身も腕もあった?!

モアイ像(Wikipediaより)

日本人にとってイースター島といえばモアイですけども、これは10世紀ごろまでに作られるようになっていたようです。
絶海の孤島ということはよそから技術が入ってくることもほとんどないわけですから、当時の人々が向上心豊かだったことがわかりますね。
モアイの材料となっている石は凝灰岩(ぎょうかいがん)といって、火山灰が積み重なってできたものなので、柔らかく加工しやすかったというのもあるでしょう。
日本ではモアイというと「顔の大きな胸像」というイメージが強いですが、古い時代には下半身があったり、腕も作られていたりしたそうです。想像すると結構コワイ。
当時の採石場には、今も作成途中の石造がいくつも残っているとか。うっかり通りかかったらSANチェックが起きそうですね。

しかし、島一番の名物がやがて島を滅ぼすことになります。
あれだけ巨大なものを運ぶには、丸太の上を転がして動かすしかありません。ピラミッドの石材も同じようにして運ばれたといわれています。
ですが、イースターのような小さな島で、モアイを運ぶたびに木を伐採していてはあっという間にハゲ山になってしまいますよね。
また、起こすときにもテコの原理を利用するため、これまた木材が必要になります。

そんなわけで、いつしかモアイのための木材や森を巡る争いが起きるようになってしまいました。守り神とみなされていたモアイを倒しあったりもしていたそうですから、罰当たりというかなんというか……。
さらに、森が狭まるにつれ地盤が弱くなり、豊かだった土が海へ流れ出し、土地がどんどん痩せていってしまいます。
どこからどう見ても文明崩壊です、本当にありがたくありません。

石像作りすぎて衰退したところにオランダ人さまよい来る

そういうところへやってきたのが、オランダ海軍のヤーコプ・ロッヘフェーンという舌を噛みそうな人でした。
それが1722年のイースターの日だったのです。
その頃島の文明はすっかり逆行してしまっており、ほぼ石器時代に近かったとか。ヨーロッパ人からすれば野蛮にしか見えなかったでしょうね。

その後「クック船長」の元ネタであるイギリス人ジェームズ・クックなど、度々ヨーロッパ人が訪れるようになりました。
が、そうした人々によって持ち込まれたものが、再び島を壊滅の危機に陥れることになります。
世界史上最大の悪夢・天然痘です。
全く免疫のなかった病気に、島民は次々と倒れていきました。
19世紀の後半には島の人口が111人にまで減っていたそうですから、いかに猛威を振るったかがわかろうというものです。
今はチリ領になり、人口も約4000人まで増えて近代的な生活をしているそうですが、はてさてそれで良かったのかどうか。
「閉鎖的な環境で資源を使い尽くすとどうなるか」というのは、エネルギー運用などの面で教訓として引き合いに出されていたりするので、全く無駄ではなかった……と思いたいところですけどね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:イースター島(Wikipediaより)

 



-中南米, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.