日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

金田一京助とは? コツコツと地味な作業で国語辞典の編纂やアイヌ語の謎を解明

更新日:

偉大な人というととかく最初から完璧だったかのように思いがちですが、その通り天才タイプな人もいれば、地道な努力の末歴史に名を残した秀才タイプもいます。
でなければ「蛍雪の功」なんて言葉がこんなにも長く使われ続けていないでしょうしね。
そのためか、何となく「苦学の人」というと寒いところ出身の人を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
本日はその一人……といいますか、「寒いところの文化を知るために粉骨砕身した」といったほうが正しい学者さんのお話です。

明治十五年(1882年)5月5日は、後々国語辞典の編纂者として有名になる金田一京助が誕生した日です。

あるいは「じっちゃんの名にかけて!」という台詞で有名なあのマンガだったり、探偵小説(金田一耕介)を連想する方も多そうですね。
しかし、実際の金田一はそうした派手で物騒な事件とは関係なく、むしろ地味な作業をコツコツと続けた人でした。

金田一京助(Wikipediaより)

金田一京助/Wikipediaより引用

幼少期のことはあまりはっきりわかっていないのですが、実家が盛岡で旅館を経営していたこともあり、義務教育や高等教育を受ける程度の余裕はあったようです。
が、この時代というと日清・日露二つの戦争やら、関東大震災やらと天災人災が集中していた頃ですから、豊かだったともいいきれないようで。
十一人兄弟(!)の長男だったため、弟や妹達のことを考えて質素にしていたのかもしれませんね。いくら乳幼児の死亡率が高い時代とはいえ、トーチャン頑張りすぎ。

それでも東京帝国大学(現在の東大)に入っているので、苦難の多さに負けず勉学に励んでいたと思われます。
大学では言語学科を選択しましたが、同期が一人もいなかったとか。合格した人がいなかったのか、志望した人がいなかったからなのかで随分意味合いが変わってきますけども、どっちだったんでしょうね。

 

どの研究者も手をつけていないアイヌの言葉を調査

まあそれはともかく、金田一は浮かれることなく勉学に励み続けました。そしてあるとき、教授からこんな話を聞きます。
「最近は琉球や大陸の言葉を学ぶヤツはいるが、アイヌの言葉をやろうとするヤツが誰もいない。日本にしかいない民族なのだから、日本人の学者がやるべきなのに嘆かわしいことだ」と。

この言葉は、金田一の心に深く残りました。
そして大学を卒業した後、自ら樺太(サハリン)に渡り、アイヌの人々から直接アイヌ語や文化について聞き取り調査を始めます。
その後東京でもアイヌの人に出会ったり、その人の紹介でアイヌの叙事詩(神話や英雄伝説、民族性などを元にした長い物語)である「ユーカラ」を教えてもらったりと、いろいろな方法で調査を進めました。

しかし、当時はアイヌのことを知っている人どころか、「野蛮人」と見なしていた人も珍しくなかった時代です。当然のことながらろくに会話をしたことがある人もおらず、言語学の調査では「いろはのい」にあたる、「ここはどこ?」という一言すらアイヌ語で何と言うのかが知られていませんでした。
勧めるんなら教授も入り口くらい作っておいてくれればいいのに(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

「これは何?」という言葉を知るために金田一が取った方法とは

そこで金田一は、わざとわけのわからない絵を描いてアイヌの子供達に見せます。元々”画伯”だったんだろとか言わない言わない。
そして「何?」という一つの単語を引き出し、そこからさまざまな言い回しをひとつひとつ聞き取っていったのだそうです。

「狙った言葉を引き出す」というのは並大抵の発想でできるものではありません。しかもこの場合は尋問や裁判ではなく学術研究のためですから、よほど相手の文化に敬意と興味を持っていなければできないですよね。
事実、金田一は「アイヌは偉大な民族だ」としばしば口にしており、心から尊敬するが故にその文化にも興味を持ったのでしょう。
その念が通じ、やがて金田一はアイヌ語の辞書を作れるほどの語数を聞き取ることに成功しました。もちろん、ユーカラについても研究書をまとめています。

中には、「新井白石が『アイヌの神・オキクルミは源義経のことである』と書いているが、本当か?」という質問をした際、「あれは内地の人が喜ぶからそういう話にしただけ。ちょっとした冗談だったのに、信じ込む人が多くて困ってるよ」と返されたりもしたとか。
マリモの伝説(過去記事:丸いだけじゃない!3月29日は「マリモの日」で歴史はあまり動かない【その日、歴史が動いた】)といい、この件といい、当時のアイヌの皆さんはもうちょっとご自身の文化を大事にされたほうがよかったんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

予定を大幅オーバー! 昭和天皇に2時間にわたって力説す

そんなこんなで金田一はアイヌ文化についての知識を深めていったのですが、一方で「他の人と全く違う学問をやっていると、みんなから取り残されてしまうのではないかと考えたこともある」ようで。この辺は何かの第一人者には度々つきまとうジレンマでしょうね。
そのためか、「金田一はアイヌを愛してなどいなかった」「亡くなったときもアイヌの人々から惜しまれたことなどない」とする人もいるそうですが、それと真逆のエピソードもあります。

それは、昭和天皇へご進講(天皇や皇族など、身分の高い方にする講義のこと)をしたときのエピソードです。
予め「持ち時間は15分です」と言われていたにもかかわらず、金田一は熱が入るあまりになんと2時間も話し続けたといいます。よくお側の人につまみ出されなかったものですが、昭和天皇は皇太子時代に北海道でアイヌの人々とお会いになったことがあるので、密かにご興味を持ち続けていらしたのかもしれません。

もし金田一がアイヌのことをバカにし続けていたとしたら、そんなに話せませんよね。テキトーに「北方民族の言葉で、○○という単語には××という意味があります」程度の話で済ませていたでしょう。
それを予定の8倍もの長さになるほど話し続けたのは、当初はどうあれ、アイヌに対する愛着があったからなのではないでしょうか。

 

自身が手がけた辞書は一つもないだと!?

金田一はこの大失敗を深く恥じましたが、昭和天皇から後日茶会に招待されます。
そこで昭和天皇に「この間の話は面白かったよ」と咎めるどころかお褒めの言葉をかけられ、「恐れ入りました」と言ったきり、涙で言葉も出せなかったそうです。

昭和天皇は大変記憶力の良い方でしたので、おそらくこの件をずっと覚えていらしたのでしょう。金田一が亡くなった際、天皇の御名前で祭祀料が送られたそうです。
かつて朝敵扱いだった山岡鉄舟をお側役にした明治天皇といい、タイムオーバーやキャラメル箱(過去記事:キテレツな大天才!南方熊楠(みなかたくまぐす)先生の面白人生【その日、歴史が動いた】)に寛大だった昭和天皇といい、お心の広さがしみわたりますね。
漢字の間違いだのカンペだのをいちいちあげつらうメディア界の人々にも見習ってほしいものです。もっと多くの人が楽しめるネタがあるでしょうに。

まあ、アイヌの人たちからしたら「あの学者、俺たちのことを根掘り葉掘り聞いてきて気持ち悪い」と思ったかもしれませんし、だとしたら評判がさほど高くないのも仕方ないことですよね。
周りがドン引きするくらいじゃないと全く知らなかった言語の辞書なんて作れないでしょうし。

そうそう、金田一京助といえば各社の辞書の編纂者としても有名ですが、実は本人が手がけたものは一つもないそうです。
在学中の後輩のために名前を貸したのが始まりで、その後も出版社に「お願いします!」と言われるたびに断れず、名義だけが一人歩きするような状態になったのだとか。よかったのかそんなにホイホイ貸しちまって。
今のところ大した問題は起きていないようですし、人助けの一環ですから本人的にはおkなんですかねー。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/金田一京助

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.