日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 鎌倉・室町時代

後鳥羽上皇「承久の乱」は 幕府の荘園強奪から始まった

更新日:

 

タイトルに反して思ったほど歴史が動かなかった出来事も取り扱う当コーナーですが、本日もその手のお話です(・ω<)
承久三年(1221年)5月14日、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対抗する兵を挙げ、承久の乱が勃発しました。

「皇室の軍が武家政権に負けた」という、よくよく考えればかなりマズイ出来事なんですが、不思議なことにあまりインパクトがないですよね。
例によって学校の授業だと「この年に承久の乱があって幕府が勝ちました」ということくらいしか説明されないからかと思いますが、本日はもう少し前の時点からこの戦の流れを見ていきましょう。
そもそも理由がなければ戦なんて起きませんからね。

 

皇室や公家の荘園に幕府の地頭がやってきた、ヤーヤーヤー

「乱」とついているせいで何となく「上皇のご乱心でドンパチが始まったんだろ」という感じもしますが、経緯を見てみれば「そりゃ戦にもなるわ」と思えてくるこの事件。
当時の日本は、大雑把にいって「東国は鎌倉幕府、西国は朝廷のもの」という感じになっていたため起きてしまいました。
一つの国で複数の政治機関ができて、しかもその序列が明確になっていないとどうなるか……というのは、何となく想像がつきますよね。

一番マズかったのは、皇室や公家の直轄領(荘園)に幕府の役人(地頭)が来るようになった結果、本来の主である朝廷に税が届かないという事態になってしまったことでした。

現代人の感覚で無理やり例えると、「部下が代わったらいつの間にか売り上げが減っていた。しかもその差分は部下がちょろまかしていた。ついでに言えばアイツちっとも悪いと思ってないんだけど、もうクビでいいよね?(#^ω^)」という感じでしょうか。

そりゃ後鳥羽上皇じゃなくたってキレますよね。

 

スポンサーリンク

源氏のラストエンペラー・源実朝と話し合っていたのですが……

とはいえいきなり「よろしい、ならば戦争だ!」という話になったわけではなく、朝廷側は度々書面で「ちょっとどうなってんの」と苦情を言っていました。

これに対し将軍を含めた幕府側は「いやーそうしないとウチも困るんで^^」(超訳)という態度を取り続け、上皇も朝廷もストレスが溜まる一方。
どうにか折り合いをつけようと、最後の源氏将軍・実朝とはいろいろ交換条件を出して融和を図っていましたが、成功する前に実朝が暗殺されてしまったため、とうとう後鳥羽上皇は「これもう武力しかなくね?」と決意を固めたのでした。

息子である順徳天皇も賛成し、まだできて30年ほどしか経っていない鎌倉幕府打倒の兵が組まれます。

順徳天皇は「退位した方が気軽に動けるから」という理由でわざわざこの乱のため息子(仲恭天皇。当時3歳!)に位を譲るほどの気合いの入れようでした。ここもよくよく考えてみるとすごい話ですよね。

順徳天皇のお兄さんである土御門(つちみかど)上皇と温厚な貴族たちはこの戦に反対したのですけれども、長年のストレスでブチギレ状態の二人を止めることはできませんでした。
そしてものの見事に鎌倉幕府は「朝敵」となり、いわゆる皇軍と戦うことになったのです。

 

スポンサーリンク

御家人の心が折れそうになったところで女帝登場!

幕府側では、ほとんどの武士が朝廷との関係悪化を知りませんから、まさに寝耳に水。
「え、いつの間に俺ら朝敵になったの? 上皇様と戦うとか聞いてないんですけど……恐れ多いし、降伏していいですか?」と気弱になる者が続出し、足並みも揃わないという状態でした。

ここで活を入れたのが、北条政子の有名な演説です。

「かつてお前達は、頼朝殿に山よりも高く海より深いご恩を受けたというのに、この体たらくはどうしたことですか! 今こそそのご恩を返すときではありませんか! 上皇に従いたいというのなら、今すぐこの場で名乗り出なさい!!」(超訳)

かなり強引な文言を掲げて、鎌倉部下たちの目を覚まさせ一致団結。

「そうだよな……昔、朝廷のために働いたことがあったけど、ろくに褒美ももらえなかった。それを何とかしてくれたのは頼朝様だったじゃないか。よし、頼朝様のために戦おう!」

そんな風に思い直した彼らは、上皇軍に対し圧勝します。
正確には政子が直接言ったんじゃなくて、こういう趣旨の手紙を別の家臣が皆の前で読み上げたという話もありますが、まあイメージですイメージ。

やはり「母は強し」なんですかね。この時点だともう政子の子供は一人も生き残っていないんですがそれは言いっこなしということで。

ついでに言うと、上記の通り承久の乱のキッカケのひとつは実朝が暗殺されたことなので、鎌倉幕府は既に頼朝どころか源氏のものですらなくなっていたのですが……そこに気付いた人はいなかったんですかね。二代めの将軍・頼家をブッコロした首謀者は政子の実家である北条家ですし。当時の鎌倉武士はよほど素直だったんでしょうか。

それとも「朝敵」の汚名をどうするかで頭が一杯で、今までのことなど忘れてしまっていたんでしょうか。あるいは直前にいた二人の将軍の存在がすっ飛ぶほど、頼朝の存在が大きかったのか……深く考えないほうがいいんですかね。

菊池容斎の画による北条政子(江戸時代の作)/Wikipediaより引用

 

京都に近い岐阜で上皇軍があっさり連敗し……

後鳥羽上皇は各地の武士へ「鎌倉幕府打倒に協力せよ。逆らう奴は朝敵」という命令を出して安心していたので、「幕府は軍と呼べるほどの人数は揃わないだろう」と信じていたようです。

が、上記の通り政子の一発入魂によってこれは見事に裏切られます。
こういう事件でよくあるように、御家人の中でも朝廷につく人、逆に貴族の中でも幕府寄りだった人もおりましたが、戦局を大きく変えるほどの影響はありませんでした。

朝廷軍は鎌倉へ着くどころか、逆に西進してきた幕府軍にものの見事にやっつけられてしまったのです。

しかも戦場が墨俣(秀吉が一夜城を作ったとされるところ)や杭瀬川(関が原の前哨戦があったところ)というように、京から見てかなり近いところだったため、あっという間に市民にも「上皇様の軍が負けたってよ」という知らせが届いてしまい、大混乱を招きました。

後鳥羽上皇は敗報を聞いて黙っておれず、自ら督戦のために比叡山で指揮を執ろうとします。
が、それまでの政策で比叡山に厳しく当たっていたため、僧侶たちに断られてしまいました。もう何回同じことを言ったかわかりませんが、日頃の行いってホント大事ですね。

瀬田の唐橋(後鳥羽上皇の京軍と北条義時の弟・時房率いる鎌倉幕府軍が瀬田川を挟んで交戦した)/Wikipediaより引用

 

後鳥羽上皇は隠岐島へ 順徳上皇は佐渡へ

そうしたドタバタ劇のうちに幕府軍が京までやってきて、お約束通り市街を焼き、略奪・暴行でカオス状態。

源平の合戦が終わって「やっと平和に暮らせるようになった!」と信じていたところにこの有様ですから、京都の住民はさぞうんざりしたことでしょう。

後鳥羽上皇は「今回の戦は俺の命令じゃなくて、誰かが勝手にやったことだから!」と言いましたが、もちろんそんな言い訳は通用せず、隠岐島へ流罪になってしまいます。共謀した順徳上皇も佐渡へ流されました。

こうして武士政権はまだまだ続くことになったのです。

もしここで朝廷側が勝っていたら、室町幕府や江戸幕府ができなかったかもしれず、もっと朝廷の力が強い時代が長く続いていたかもしれませんね。

もっとも、鎌倉幕府をひっくり返すのには時期が遅すぎた感がありますから、よほどの策略家でないとかなり難しかったとは思いますが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:承久の乱/Wikipedia 「鎌倉時代の勉強をしよう」

 

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.