日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

土井利位とは……江戸時代に美称な雪の結晶「雪華模様」が生み出されたのは土井利位のお陰です

更新日:

 

日本人の特徴のひとつに「新し物好き」というのがありますよね。
天災や人災その他諸々の理由によって、いとも簡単にモノが失われてしまうからなのでしょうか。あるいは地勢的に他の国と交流をしにくかった分、新しいものに目を奪われることが常態化したのか。
まぁその辺の小難しい話はさておき、本日は昔にもいた「新し物好き」な人のお話です。

嘉永元年(1848年)7月2日、土井利位(としつら)という老中が亡くなりました。

例によって「誰?」という声が聞こえてくる気がしますが、あの土井利勝の分家筋にあたる人物です。

土井利勝は「やっぱり家康の子じゃね?」参勤交代や寛永通宝で光る功績

【TOP画像】雪華文蒔絵印籠/古河市HP

 

当時最先端のビックリドッキリメカ・顕微鏡!

「江戸時代あるある」のお決まり通り、利位は、本家の血筋が絶えたため分家から養子に来て、本家の家督を継いでおりました。場所は古河藩(現・茨城県古河市)です。
25歳のときでしたので、当時の感覚では新たな環境に馴染むのも難しいと思われたかもしれません。

しかし、この頃の利位はとある作業に大ハマリして、その楽しみをバネにしていた節があります。
それは女性でもお酒でもグルメでもなく、顕微鏡という当時最先端のメカ(死語)でした。
顕微鏡が伝来したのが1765年頃で、利位は1789年(寛政元年)生まれですから、何でこんなに早く手に入ったのか。

その辺の事情はよくわかりませんが、利位はこれでいろいろなものを見るのに熱中していました。元々細かいところに気がつく人だったんでしょうかね。
そしてあるとき、雪の結晶を観察してみたところ、その美しさにビックリ仰天。以来20年にわたってさまざまな結晶を見つけ出し、「雪華図説」という本にまとめて出版しました。
雪の美称のひとつに「雪華」というものがありますが、その名付け親は利位だったといわれています。随分ロマンチックなお殿様ですね。
ついでに言うと、「雪華図説」には続編があります。どんだけ好きだったんだよ。

天保3年(1832年)に刊行された『雪華図説』/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

「何だいこの形は! かっこいいじゃねえか!」

ただ、このおかげで江戸っ子たちには新たなブームが起きました。
「何だいこの形は! かっこいいじゃねえか!」ということで、着物の柄に取り入れる人々が現れたのです。
そのため、現代でも雪の結晶の柄は「伝統的な模様」として扱われています。モダンなようで和の伝統色にもよく合うのは、江戸時代生まれだからなんですね。

もちろん、利位は遊んでばかりではありませんでした。
彼は元々政治的センスがあったようで、藩政を無事こなし、幕閣デビューを果たします。
奏者番から寺社奉行といったお決まりのコースを経て、老中に名を連ね、同時期にヘマをやらかしていた水野忠邦を皆で協力して追い出し、その功績でもって新たな老中首座(老中の代表みたいなもの)に任命されました。

が、忠邦のやった改革のうち、倹約令などそこそこ効果の見込めるものについては残しました。その代わり、長年の平和でボケ始めていた武士たちに活を入れたりもしています。
また、米の先物取引によって一時的に黒字を生み出すなど、アメとムチを巧みに使いこなしておりました。

そのまま順調に行けば、もう少し江戸幕府が続いたのかもしれません。しかし、時と外交事情は着実に明治維新へ向かっていました。

 

スポンサーリンク

なんで水野忠邦が復活すんのよ(´・ω・`)

天保十五年(1844年)に江戸城本丸で火事が起き、その再建費用調達に手間取ったことで、利位はときの将軍・徳川家慶に「お前もうヤダ(`・ω・´)」(超訳)と言われてしまいました。
しかもその代わりに忠邦が老中首座に復帰するという誰得な展開に陥ります。

まあ、当の忠邦はもう真っ白に燃え尽きてしまっていて(※イメージです)「まるで別人のようだ」と言われるような有様だったのですが……全方位大損ですよね、本当にありがとうございました。

こうなってはもう挽回は無理と考えたか、利位は自ら老中を辞任。精神的ショックからか、体も弱ってしまったようで、老中辞任の四年後には養子に家督を譲り、二ヶ月ほどで亡くなりました。

あまり政治的には活躍できなかった人ですが、彼が広めた雪華模様は、現代でも親しまれています。
古河藩では雪華模様の入った印籠(水戸黄門の格さんが悪役に見せ付けてるアレ。本来は小物や薬を入れるもの)などを作って贈答品にしていたので、もちろん利位も愛用していました。
が、土井家の下屋敷が関東大震災や戦災で焼けてしまったので、ほとんど残っていないそうです。残念。某鑑定団とかで出てきませんかねー。

そのうちメンズファッションで雪華ブームとか来たりして!?

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 土井利位/Wikipedia 雪華文蒔絵印籠/古河市HP 雪華模様訪問着/古河市HP

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.