歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

縄文・弥生・古墳時代 その日、歴史が動いた

古墳時代最強の雄略天皇は英雄か大悪か

更新日:

歴史は勝者のものであるのと同様、後世の人が作るものでもあります。
とはいえ、史料が残らなければ正しい評価ができず、結果的に誤った歴史が作られてしまいますが……。
これが古代になればなおさらのことですが、それだけにロマンもありますよね。
本日はそんな時代の中から、どこをとっても強烈な方のお話です。
雄略天皇二十三年(479年?)8月7日は、「大悪天皇」「有徳天皇」という間逆の二つ名を持つ雄略天皇が崩御した日とされています。
当時年号の概念があいまいなため、西暦だといつ頃になるのかはっきりしないのですが、旧暦8月7日だったというのは確かなようです。いつも通りこまけえこたあいいんだよということで。
雄略天皇は、先代であり同母兄の安康天皇が暗殺されたことに伴って即位しました。
この間に他の皇位継承者になりえる皇族を次々にブッコロしてしまったとか、目をつけた女性を別の人に取られたからといってまとめてピーしてしまったといわれているため、「大悪天皇」なんて呼び名がつけられています。

雄略天皇(Wikipediaより)

英雄か悪なのか評価が真っ二つに分かれる傑物

しかし、まだ日本列島が統一されていなかったこの時代、むしろその激しさは社会を形成する上で必要だったかもしれません。
雄略天皇は各地にあった地域勢力を支配下に収めるべく、積極的に戦をしていきます。
戦なんて本当はないほうがいいんですけども、もしこの時代のまま=日本列島の中でいくつも小さな国がある状態がもっと長く続いていたら、その後どうなったかわかったもんじゃありませんし。

実際、考古学では雄略天皇の時代に北は東北、南は九州の最南端まで前方後円墳が広がっています。埼玉県のさきたま古墳群の稲荷山古墳では、雄略天皇の名前「ワカタケル」(本文は漢字)と名前など115文字が金で書かれた剣が見つかっていまして国宝に指定され、熊本県でも同じ名前が彫られた剣が江田船山古墳から発見されています。

115の文字には、ワカタケル大王(雄略天皇)に仕えたヲワケの功績(こうせき)などが記(しる)されており、我国の古代史を考える上で貴重な資料となっています。これらの遺物(いぶつ)は1983(昭58)年に国宝に指定され、さきたま史跡の博物館の国宝展示室に常時展示されています。(さきたま史跡の博物館HPより引用)

ただ、勢い余って当時三国時代だった朝鮮半島にまで手を出してしまったのは失策でした。
時代が大分先ですが、イギリスと百年戦争同様、島国から大陸に進出してもうまくいかないものですよね。
とはいえそのまま戦ばかりしていたら、いずれ雄略天皇自身が暗殺されていたでしょう。
そうならなかったヒントが、もう一つの二つ名「有徳天皇」にあります。
雄略天皇は、宋(当時中国南部にあった王朝)から織物に携わる職人たちを招いたり、秦氏という渡来人の一族を集めて、養蚕業に携わらせたりしているのです。
現代的な言い方をすれば、ホームレススレスレの状態だった一家に職業訓練を受けさせたというところでしょうか。微妙に違いますがこまけえこたあ(ry

朝鮮半島については再び戦をしようとはせず、一時衰退していた百済を復興させるための支援にとどめました。
まあ、この辺だけ見れば「有徳」といえないこともない……でしょうか。

この二つを併せて考えると、「目的のために手段を選ばない人」というのが近い感じがしますね。
ちなみに雄略天皇は、万葉集の最初に載っている歌を詠んだともいわれています。
これです↓

こもよ み籠持ち 堀串もよ み堀串持ち この岡に
菜摘ます子 家聞かな 名告らさね
そらみつ 大和の国は おしなべて
我こそ居れ しきなべて
我こそ座ませ 我こそば 告のらめ 家をも名をも

(テキトー訳)
おや、そこの籠とへらを持って菜を摘んでいるお嬢さん。
この国の全ては私が治めているんだが、どうだね名前を教えてくれまいか。
いやいや、私から名乗ろうか。
表記しづらいのは万葉仮名&長歌なせいなので、ワタクシのセンスがないせいではありません(´・ω・`)
ついでに言うと読み仮名をふろうとすればするほど読みづらくなるので、ご興味のある方は参考リンク先様でどうぞ。
平安時代の貴族だと、男女が「会う」=「顔を合わせる」=「深い仲である」ということは有名ですが、雄略天皇の時代はもっとスゴイです。
ものすごく乱暴に言うと、名乗るというのはほぼプロポーズです。
これは名前には言霊が宿っていると考えられていたため、それを教えるというのは非常に重要だとみなされていたのですね。

現代語訳するとただのナンパに見えるんですが、その辺を考えてこの歌の意味を探ってみると、雄略天皇は「自ら菜を摘むような身分の低い娘でも、気に入れば召し出す」という面があったということになるのではないでしょうか。
百済を支援したのも、秦氏に仕事を与えたのも、案外「気に入ったから」だったのかもしれませんね。

ちなみに秦氏からは戦国武将の長氏や長宗我部氏に血が続いているといわれています。
極端な話、雄略天皇が秦氏を保護しなければ長連龍(ちょうつらたつ)のリベンジも、長宗我部元親の四国統一もなかったということになりますよね。

その二人については以前取り上げているので、詳細は以下でどうぞ。
過去記事:史上最恐の「倍返し」能登の武将・長連龍の徹底的な復讐【その日、歴史が動いた】
過去記事:四国統一!長宗我部が頂点に達する(その後、奈落の底へ)【その日、歴史が動いた】
ついでにいうと、女系ではありますが、現在の皇室にも血が続いているとされています。
「血を残すことが君主の一番の仕事」と考えれば、ある意味雄略天皇は「名君」に分類できるのかもしれませんねえ。

長月 七紀・記

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/雄略天皇
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2007/08/1_77b7.html
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yuryaku.html

http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/index.php?page_id=158




スポンサーリンク


雄略天皇など古代については「日本人の1%しか知らない!【古代史22の秘密】 邪馬台国から壬申の乱まで歴史ファンなら押さえておきたい」もどうぞ




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-縄文・弥生・古墳時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.