歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ローマ その日、歴史が動いた 女性

息子の目を繰り抜き追放した!? 欧州初の女帝エイレーネ

更新日:

 

よかれと思ってやったことが、必ずしも結果まで良くなるとは限りません。
余計なお世話と煙たがられたり、誤解を招いて最悪の結果になったり……昨日もそんな話でしたが、結局、人間社会には普遍の現象で、古今東西よくある話なのでしょう。本日はそんな一例。

803年(延暦二十二年)8月9日は、東ローマ女帝エイレーネーが亡くなった日です。

「父なる神がアダムのあばら骨からイヴを作ったのだから、女性は男性よりも劣った存在だ」という考えが根強かったキリスト教の国で、西暦三ケタの時代に女帝がいたというのは驚きですよね。

ちなみに、東ローマ帝国にはエイレーネーのほかにも三人女帝がいます。
ただし、姉妹共同で帝位についていたり、すぐに退位して息子に玉座を譲っているため、記録が乏しいようで。そういう意味でも、エイレーネーは特異な存在というわけですね。
もっとも、記録に残った理由としてはあまりほめられたものではないのですが……。

順を追って見ていきましょう。

エイレーネーを描いた『黄金の祭壇画』/Wikipediaより引用

 

偶像崇拝禁止の「イクノクラスム」っておかしくなーい?

エイレーネーが歴史に登場するきっかけとなったのは、他の多くの女性と同様、君主の妻になったことでした。東ローマ帝国ですので、皇帝の妻=皇后ですね。
しかし780年、夫である皇帝は亡くなってしまいます。30歳という、当時にしても若い死でしたが、この辺のことはあまりよくわかっていません。何だか陰謀のかほりがしますが、まあそれは本題に関係ないので次行きましょう。

夫の死後、当初は息子のコンスタンティノス6世が皇位を継ぐことになりました。

ただし、当時たったの9歳だったため、親政を行うことは不可能。そこで摂政になったのが、母であり前皇帝の皇后であるエイレーネーだったのです。
当時の東ローマ帝国は「神の像を作るなんてけしからん! 聖書にも書いてあるだろうが!!」(超訳)ということで、偶像崇拝を禁じ、既にある像については片っ端からぶっ壊すという運動がありました。専門用語だと「イコノクラスム」というんですが、たぶんテストには出ないので覚えなくても大丈夫です。

あっ、語源になった「イコン」だけは、覚えておくと世界史で役に立つかもしれません。キリスト教の聖人や事件を描いた絵のことです。「偶像」には立体だけではなく平面も含みますからね。

旧約聖書の中には「いかなる像も作ってはならない」と書かれているので、イコノクラスムも間違いではありません。
しかし、東ローマ帝国の領内には、元々多神教かつ神々の像がごく自然に作られていたいた地域がありました。ギリシアです。

そして、エイレーネーはギリシア・アテナイの出身だったため、夫の存命中からイコノクラスムには反対でした。もちろん摂政になってもそれは同じことで、「イコノクラスム禁止!」と言い渡します。

 

スポンサーリンク

五体不満足になればローマ皇帝になれないので

これに反対したのが、息子のコンスタンティノス6世と真面目な仲間たちでした。
が、一枚岩になる前にコンスタンティノスは母親だけでなく、自分の仲間たちとの関係まで悪くしてしまい、母親にバレてとっ捕まってしまいました。何がしたいんだアンタは。

ここからがエイレーネーの恐ろしいところなのですけれども、なんと自分の息子の目をくり抜いて、追放しています。痛い痛い痛い痛い痛い!!

ただコレには、ちゃんとした理由がありまして……。

ローマ皇帝は「五体満足なものでなければならない」という暗黙の了解がありました。
このため、失脚した皇帝や皇帝候補のライバルの身体一部を切断し、即位・復権を防ぐということが度々行われていたのです。
殺さないだけ優しいと見るべきか、一思いにやらないから余計ひどいと取るべきかは皆さんにお任せします。

が、鼻を削がれてもめげず、つくりものの鼻をつけて復帰した皇帝もいたりします。日本史で鼻の逸話がある人といえば結城秀康ですが、彼にもそのくらいのガッツがあればまた歴史が変わっていたかもしれません。

閑話休題。話をエイレーネーに戻しましょう。

 

財政は火の車で国は弱体化 おまけにイスラム勢力に領地を削られ……

そんな感じで息子を玉座からも都からも追いやった彼女は、摂政から正式に皇帝になります。
が、いくら慣例であっても自分の息子の目をえぐってそのポジションに付いた彼女に人心はなびいていきませんでした。って、そりゃそうですよね。

エイレーネー自身もそれはわかっていて、何とか残虐なイメージを取り去ろうと、気前よく税金を減らしてみたりします……が……そのせいで財政が火の車になってしまい、ますます敵が増えてしまいました。
いつでもどこでも、目の前のことしか考えてないと失敗するもんですなぁ。

それでもイコノクラスム賛成派に対する弾圧は続けたため、余計に国は弱体化。建国してまだ半世紀ほどだったイスラム帝国(アッバース朝)にジリジリと領地を削られ、目に見える形で東ローマ帝国は衰退していきます。

トドメをさすような形で、ときのローマ教皇レオ3世が「あの女の即位は無効。今、東ローマに皇帝はいない」と言ってしまったため、エイレーネーも東ローマ帝国も面目丸つぶれになってしまいました。
ちなみに、このときローマ教皇が新たな皇帝として認めたのが、当時ローマへの貢献で点数を稼いでいたカール大帝(過去記事:カール大帝もシャルルマーニュも同じ人 ヨーロッパの礎作った偉人生まれる【その日、歴史が動いた】)でした。
そりゃ、この時代に男性でふさわしい実力のある人なら皇帝に任じますよね。

 

スポンサーリンク

欧州初だったにしては上出来では?

そんなわけでエイレーネーは打開策を打ち出すこともできず、財務長官だったニケフォロスという男にクーデターを起こされ、皇帝の座から引き摺り下ろされてしまいました。
ちなみにニケフォロスはその後皇帝に即位し、帝国の財政を復活させました。そのおかげで東ローマ帝国はまだまだ続いていくわけです。

全体的に見るとほとんどいいとこなしのエイレーネー。

ですが、ヨーロッパで最初の女性君主として考えれば、最悪よりはマシなほうなんじゃないでしょうか。

ニケフォロスにしたって、「いやいやそれやっちゃうと国がもたないんで^^;」とか諫言してくれてもよかったですよね。

もしかして、ずっと前からクーデターを起こすつもりだったんでしょうか。
それもありえそうだから怖い。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:エイレーネー/Wikipedia

 

 




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-ローマ, その日、歴史が動いた, 女性

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.