日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

ローマ その日、歴史が動いた

「アウクスブルクの和議」 学生を世界史アレルギーにさせるこの出来事をザックリ分解

更新日:

 

異国文化は複雑怪奇なものです。
特に世界史の場合、何かしらのきっかけで興味を持てないと「漢字が独特で、読み方ワカンネ(´・ω・`)」とか「カタカナばっかり&同じ名前ばっかりでワケワカメ(´・ω・`)」といった状態に陥るため、いきなりアレルギー反応のようなことにもなりかねません。

本日もその類の大変わかりにくい話なのですが、テキトーに割愛しつつ何となく流れがわかるように努力しますので、お付き合いいただければ幸い(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

1555年(日本では弘治元年)9月25日は、神聖ローマ帝国でアウクスブルクの和議が成立した日です。

個人的に世界史でも1・2を争うくらいややこしい話だと思うのですが、例によってざっくり行きましょう。

和議の記念に建てられたアフラ教会(手前)と聖ウルリッヒ教会/wikipediaより引用

 

8行でわかるかもしれないカトリックvsプロテスタントの戦い

まず、神聖ローマ帝国というの国については「おおむね現在のドイツの位置にあった国」ということだけ、なんとなーくわかってれば良いかと思います。
もうちょっと詳しいことは以前取り上げていますので、ご興味のある向きは併せてご覧ください→過去記事:バナメイエビ帝国と名乗れ!神聖ローマ帝国が神聖でもローマでもない件について【その日、歴史が動いた】

また、「アウクスブルクの和議」だけ説明しようとすると「カトリックとプロテスタントが一応和解しました。終わり」ということになってしまうので、もうちょっとkwskするため、先に年表を出しておきますね。

【8行でわかるかもしれないカトリックvsプロテスタントの戦い+α】
1517年 マルティン・ルターが「95か条の論題」を出す(プロテスタント・ルター派の始まり)

1524年 ドイツ農民戦争

1526年 神聖ローマ皇帝カール5世、プロテスタントに譲歩

1529年 カール5世、↑について「あれは嘘だ」的な態度を取ってプロテスタント諸侯にそっぽ向かれる

1531年 プロテスタント諸侯がシュマルカルデン同盟を結成

1546年 (神聖ローマ帝国皇帝vs)シュマルカルデン同盟(諸侯の)戦争

1555年 アウクスブルクの和議 ←今日ここ

1618年 三十年戦争開始

1648年 三十年戦争終結、神聖ローマ帝国消滅

だいたいこんな感じです。
さらに乱暴にはしょると、神聖ローマ皇帝から見て「プロテスタントを力尽くで潰そうとしたら、国際戦争の火種の一つになってたでござる。ついでに自分の国もなくなったでござる」という感じになります。
しかしこれだけだといつにも増してテキトーすぎるので、順を追って事の経緯を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ルターの提言でプロテスタントが生まれ

まず、ルターによって「今のカトリック教会おかしくね?」という提言がなされ、プロテスタントが生まれました。
ルターの考えは各地で賛同を得ましたが、その中にはドイツ南部の貧しい農民たちも含まれていました。教会からの搾取や地方領主たちの圧政に苦しめられていたからです。そして農民たちは、神の名の元に平等を求めて蜂起を起こしました。
日本の一向一揆みたいなものと考えればわかりやすいかもしれません。一向宗=浄土宗はもっと昔からありましたが。

さて、蜂起を起こされた側としては、放置していくわけにはいきません。特にカトリックを信じる諸侯にとって、この反乱は見過ごせないものでした。
かくして「農民vs諸侯」という構図でおきたのがドイツ農民戦争です。

ある意味、プロテスタントvsカトリックの戦いということもできるのですが、途中でルターが「やっぱ暴力は良くないよ。お偉いさんの言うことを聞きなよ」(超訳)と言い出したため、そうともいいきれなくなります。
ルターは宗教改革の資金をもらうために、権力者の側についたのです。
「その時点で矛盾してね?」とか考え出すとさらに話がややこしくなるのでやめておきましょう。

 

スポンサーリンク

ドイツ農民戦争で犠牲者となった農民は10万人!?

ともかくこれによって勢いづいた諸侯は、意気揚々と農民たちを文字通りぶっ飛ばしました。
圧政に苦しむ農民に満足な武器があるはずもないですし、諸侯側には大砲などの兵器がありましたから、一度戦局が傾いてしまえばどうにもなりません。
一説には、ドイツ農民戦争で農民側の犠牲者は10万人とも言われています。ただでさえ温暖とは言いがたいドイツ地方で、畑を耕す人をこんなにブッコロしてしまったらどうなるかということは考えていなかったようです。

ちなみに、ドイツ農民戦争の際、ときの神聖ローマ皇帝・カール5世はフランスと戦争をやっていてほとんどノータッチでした。弟に対応させてはいますが、これが次の火種になります。

ドイツ農民戦争が落ち着いた後も、神聖ローマ帝国全体の危機が去ったわけではありませんでした。
オスマン帝国(現在のトルコ+α)との戦いがたびたび起きており、皇帝が集中して内政に取り組むことができなかったのです。その間に諸侯の中にも「ルターの言ってることのほうが正しくね?」と考える人が増えていました。

そんな状態でいつまでも宗教戦争をやってるわけにはいかないと考えたカール5世は、「そんなに言うなら、プロテスタントも一応認めるよ。ただしそれぞれの領内だけな」と譲歩を見せました。

が、オスマン帝国がウィーンを包囲し、自分の膝元も危うくなると「やっぱプロテスタントはダメ!」と発言をひっくり返します。
こうなるとプロテスタント諸侯は当然頭にくるわけで、「あのアホ皇帝を何とかしてブチのめそう」と同盟を組みました。これがシュマルカルデン同盟です。
舌をかみそうなのは世界史あるあるですね。

こうなるとまた即座に戦争が起きそうなものですが、同時期に神聖ローマ帝国vsフランスのイタリアを巡る戦争が起きていたため、帝国内での分裂は抑えられました。何たる皮肉。

 

落ち着いたかと見せかけてからの~~~三十年戦争!

その後も何回かカール5世とシュマルカルデン同盟メンバーの間で、きなくさくなったり和議を結んだりというどっちつかずの状態続きました。
平行してオスマン帝国との戦争もやってるので、器用というか何というか。ちなみにそっちも勝ったり負けたりしてました。そのバランス感覚を外交手腕で発揮できればよかったのに。

しかし、オスマン帝国との休戦が決まると、ついにシュマルカルデン同盟と皇帝の間で戦争が起きます。
この戦争で、カール5世は同盟側の中心人物・モーリッツを味方に引き込み、さらに他のお偉いさん二人を捕らえて勝利しました。
そのタイミングで「話はわかった! これからはカトリックもプロテスタントもおkにしよう! だから戦争をやめよう!(でないと他の国に攻め込まれるから!!)」(超訳)と言い、アウクスブルクの和議が成立したのです。
これによって各地の領主にカトリック・プロテスタントの選択権が与えられました。

その翌年、カール5世は「もうワシは疲れた。通風で体痛いし退位する。いろいろ至らない皇帝だったと思うが、悪気はなかったんだ。許してほしい」(意訳)という演説をして、自ら退位しています。
退位から二年後に亡くなっているので、ギリギリのタイミングというかなんというか。
そんな感じでカール5世の在世中に、宗教に関するゴタゴタは一旦落ち着いたように見えたのですが……この後、宗教だけでなく領地に関するゴタゴタや周辺国とのアレコレによって、ドイツ全域を主な戦場とした戦争が起きます。
これが三十年戦争です。

三十年戦争時の虐殺を描いたジャック・カロによる版画『戦争の惨禍』/wikipediaより引用

 

戦争の上にペストも流行し、生き残った人々すらも……

「神聖ローマ帝国vs他の国」でもなく、「プロテスタントvsカトリック」でもないこの戦争は、帝国全土=現在のドイツ全域に多大なるダメージを与えました。
ただでさえ戦争によって働き手がいなくなる上、ペストが流行し、生き残った人々も互いの信仰を理由にブッコロしあうという有様だったのです。

そんな感じだったので、おおまかにいうと、「1517年のドイツ農民戦争が始まって、1648年に三十年戦争が終わるまで130年弱(!)の間、ほぼ同じ範囲でしょっちゅう戦争が起きていた」ことになります。
日本史でいえば、戦国時代のド真ん中から江戸幕府三代将軍・徳川家光の晩年にあたります。長いにも程があるやろ(ドン引き)。
ちなみにアウクスブルクの和議が成立した年は、毛利元就厳島の戦いで勝った年&だいたい同じ時期です。

ドイツという国が最初に統一されたのは1850年のことなのですけれども、こんなに長くゴタゴタしてたんじゃ仕方ないですよね。
その後も世界大戦で二度負け、それでも今はEUの実質的な中心国なんですから、ドイツ人の根性と勤勉ぶりはパネエとしか……。現在進行形で移民・難民&金融問題も半ば押し付けられてますし、「いつまでウチに貧乏くじ引かせるつもりなんだよ(#^ω^)ビキビキ」って思っているかもしれません。

何か起こる前にEUはもうちょっと協調したほうがいい気がしますが、はてさてどうなるやら。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:アウクスブルクの和議/wikipedia 三十年戦争/wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-ローマ, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.