日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ギリシャ

ギリシャのお宝・パルテノン神殿、爆破! なぜ神の住まいは壊された?

更新日:

 

どこの国でも一つや二つは有名な建築物がありますよね。
フランスのエッフェル塔とか、アメリカの自由の女神とか、中国では万里の長城、エジプトなら三大ピラミッドなどなど、代表的な観光地と同義と言ってもいいでしょう。

しかし、そういった名所が昔のまま残されているという例はほとんどありません。気象による風化ならまだしも、戦火に巻き込まれて破壊されてしまうということが多いからです。
本日はその中から、とある国のめちゃくちゃ有名な建物を襲った悲劇のお話です。

1687年(日本では江戸時代・貞享四年)9月26日、アテネのパルテノン神殿が爆破されるというダイナミックすぎる事件が起きました。

戦火によるものなので、今回はバカッター(もう古い?)的な出来事ではありません。それはこちら→過去記事:紀元前4世紀ギリシア神殿炎上!世界最古のバカッターが発生【その日、歴史が動いた】

tomorroweye20

【TOP画像】パルテノン神殿/Wikipediaより引用

 

大トルコ戦争の中で破壊された?

そもそも、各国の首都というのは戦乱とは切っても切れないところです。城で例えれば「本丸」ですからね。
宗教的にも政治的にもその国の重要な施設がありますし、戦争では「首都を落としたほうが勝ち」という面もあります。「第二次世界大戦のヨーロッパ戦線における戦闘は、実質的にベルリン陥落で終わっている」などの例がわかりやすいでしょうか。

そんなわけで、アテネも都市国家アテナイの時代から度々戦火に巻き込まれています。
大きな変化としては、紀元前4世紀にマケドニア(アレクサンドロス大王)に征服されたり、ローマ帝国の一部になったり、15世紀にオスマン帝国の支配下に入ったことがありました。

今回お話しする1687年の件も、オスマン帝国が絡んでいます。1683年に始まった、「大トルコ戦争」という戦争です。

ちなみにオスマン帝国のことは昔「オスマントルコ」と呼ぶことが多かったですけども、この国はトルコ民族だけのものではなく、文字通り多民族国家だったため、現在では「オスマン帝国」のほうが主流になってきていますね。豆知識でした。
まあそれはともかく、大トルコ戦争はオスマン帝国vs神聖ローマ帝国・オーストリア・ロシア・ヴェネツィア(※当時は独立した共和国)などの「神聖同盟」との戦争でした。

大トルコ戦争/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

武器や弾薬の保管だけでなく、女子供も避難していた(゚A゚;)

戦争の理由は、ものすごく乱暴に言うと領土の取り合いです。特にギリシャを含めた東欧地域の一部は、この時代オスマン帝国の傘下になっていたところも多く、ヨーロッパから元々近い上に地続きとなってしまったため、より恐怖感が増したといってもいいでしょう。
そんな感じでヨーロッパ諸国は同盟を組み、オスマン帝国と戦うことになりました。

そして、上記の通り当時のオスマン帝国は東欧地域もシマにしていたので、この戦争で戦場になったのは主に東欧でした。
その中にギリシャも含まれていて、パルテノン神殿も巻き込まれてしまったのです。

パルテノン神殿は破壊される前から武器・弾薬の保管庫兼女性や子供の避難所にもなっており、もはや神殿というより軍事拠点。
オスマン帝国は「ヨーロッパの連中は古代ギリシア文明を尊敬しているはずだから、神殿には攻撃してこないに違いない」と考えていたようですが、そうは問屋がおろしません。
そもそも、ちょっと宗旨が違うだけで同じ宗教同士でもブッコロしあうのが日常茶飯事ですしね……千年以上昔の文明に対して、どれだけ敬意を持っていたかというのはお察しです。

 

スポンサーリンク

修復に修復を重ね、「作業用の足場も写っちゃう(´・ω・`)」

そんなわけで、ヴェネツィア軍の砲が容赦なくパルテノン神殿に飛んでいき、中にあった弾薬が大爆発。天井や柱、彫刻の多くが木っ端みじんと化し、現在のあのような姿になってしまったというわけです。
当然死傷者も相当出ているはずなのですが、あまりにも神殿の壊れようについてインパクトが強いためか、死傷者に関する記録が見つかりませんでした(´・ω・`) それもどうよ。

その後、オスマン帝国は大トルコ戦争に敗れて衰退し、地元ギリシャがオスマン帝国から独立を果たしたのもずっと後(約150年後)のことだったので、パルテノン神殿の修復は随分後回しになってしまいました。

あまりにも大きいので、一度修復が終わってもまた数十年後には再度修復をしなくてはならず、だいたいの場合観光に行って写真を撮ろうとしても「作業用の足場も写っちゃう(´・ω・`)」と残念な気持ちになられている方が多いようですね。
ごくまれに、修復作業の終わり間際に足場が取り外されていることもあるそうですが……。

白い布に覆われたのは工事用の建材?これがリアルな姿かもしれません/photo by Dimitris Graffin @flicker

白い布に覆われたのは工事用の建材?これがリアルな姿かもしれません/photo by Dimitris Graffin @flicker

 

近年の戦争やテロでも宗教的なものがぶっ壊されてしまうというのは多々あります。そして後世の人たちも、きっと同じような気持ちになるのでしょう。

やはり戦争は避けたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:パルテノン神殿/Wikipedia 大トルコ戦争/Wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, ギリシャ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.