日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 源平

大天狗と称された後白河天皇 その若かりし頃を振り返ってみました

更新日:

 

どんなに悪いイメージのある人でも、若い頃は好青年だったとか神童だったとかいう例は少なくありません。逆に、「神童なのに異様に言動が下品」なんて人もいますがゲフンゲフン。
本日は後半生のイメージが強い、とある人の前半生についてお話していきましょう。

久寿二年(1155年)10月26日は、「大天狗」こと後白河天皇が即位した日です。歴代の天皇の中で、これほどイメージの悪いあだ名がついている方もそうそういないでしょうね。

この方の話というとだいたい源平の戦いと絡んでめんどくさ……面白みがないので、今回はそれよりも前、後白河天皇の若い頃についてのお話です。

即位前の話で「後白河天皇」と呼ぶのも微妙な話ですけれども、例によってわかりやすさを優先して、この名前で統一させていただきますね。

肖像画からして存在感バリバリな「大天狗」こと後白河天皇/wikipediaより引用

 

10代の頃は「今様」を愛し、朝から晩まで歌っていた!?

後白河天皇の父は鳥羽天皇、母は閑院流藤原氏(藤原道長の叔父さんの家)の璋子でした。
しかし、後白河天皇の幼少期は、ちょうど鳥羽天皇と後白河天皇の兄・崇徳天皇らの確執があった頃でもあり、皇位とは離れた立ち位置でした。

10代の頃はいろいろな意味で相当遊んでいて、「今様」と呼ばれる歌曲を愛し、文字通り朝から晩まで歌っていたとか。
現代だったら皇宮警察の方がノイローゼになりそうですね。オー○事オー○事(古い)

また、今様は元々庶民の音楽だったため、御所にも公家だけでなく下々の者まで出入りし、若き日の後白河天皇の遊び相手をしていたとか。
「梁塵秘抄」(りょうじんひしょう)という歌集を編纂させているくらいですから、ハマりようがうかがえるというものです。

現代でも歌が好きな人はたくさんいますが、自分で作ったり歌を本格的に学んだり、ましてや他人の歌までマスターしてアルバムを出すなんて人はそうそういませんよね。カバーアルバムはたまにありますが。

 

 

スポンサーリンク

遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん

「梁塵秘抄」の中で比較的有名な歌だと、こんなのがあります。

「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声きけば、我が身さえこそ動がるれ」
(テキトー訳)「遊ぶために、戯れるために生まれてきたかのように遊ぶ子供の声を聞いていると、私の体まで動きそうになる」

古語というと堅苦しい感が強いですけれども、内容を見るとちょっと楽しそうというか、当時の人の茶目っ気がうかがえてくるような気がしますね。

そんな感じで、老若男女どころか身分のこともあまり気にしないような皇子時代の後白河天皇だったわけですが、女性関係は意外(?)と紳士なほうでした。
妃の数自体はまあそれなりにいるのですが、即位前~天皇時代の妃についてはあまり優遇していませんし。例外は平滋子こと建春門院ですが、彼女の話は以前しているので省略しますね。気になる方はこちらへどうぞ→過去記事:現代にも通ずるヤリ手娘 清盛の義妹・平滋子の思想が熱い【その日、歴史が動いた】

落胤の噂はないでもないですけれども、もし「ご乱行」してたらもっとそういう話がゴロゴロあるはずですしね。

永観堂内(京都市東山区)にある今様の碑/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

29才にして突然、国のトップに立つことに

しかし、弟の近衛天皇が崩御すると、立場が大きく変わります。

他に皇位にふさわしい男性がおらず、また後白河天皇の息子が皇太子になっていたため、「じゃあ皇太子が大きくなるまで皇位にいてくださいよ」ということで、即位する運びになりました。
不敬かもしれませんが、皇位って一応神職も兼ねてるのに、柔軟というかざっくばらんにしか見えないような決め方をしてるときがありますよね。理屈としておかしくはないのですけれども、「それでいいんかい」とツッコミたくなる例がたまにあるような、ないような。
現代でもいきなり「お父さんの後を継いで政治家になってください」と言われて本当になった人がいるので、日本人のDNAはあまり変わっていないということでしょうか。

そんなわけで、さんざん遊んでいた後白河天皇は、29歳にしていきなり国のトップに立つことになってしまいました。えらいこっちゃ。

しかも、即位の翌年には鳥羽天皇(当時は法皇)が崩御したことがきっかけで、保元の乱が起きています。「大天狗」なんて異名があるくらいなので、いかにも腹黒いイメージがあるかもしれませんが、後白河天皇はまだ即位したばかりだったんですね。

しかし、元々が「中継ぎ」での即位でしたから、息子である二条天皇が元服を迎えると、後白河天皇はさっさと譲位して院政を始めてしまいました。

ここから後白河天皇は「大天狗」への道を着々と歩んでいくことになります。芸術を愛する人にはキレ者も多いですから、そういう下地が元々あったか、キレ者と思われないようにわざと遊びほうけていたか、どちらかかもしれませんね。
くわばらくわばら。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:後白河天皇/wikipedia

 

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 源平

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.