日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 画家

ニッポン大好きクロード・モネ 睡蓮を愛したのはその先に平和が見えたから?

更新日:

 

人の気持ちを正確にうかがい知ることはほぼ不可能です。が、いくつかの要因を繋げて推し量ることはできますよね。
たぶん時代小説を書かれる作家さんはそんな感じじゃないかと思うのですけれども、いかがなものでしょう……。

本日はあの有名な画家の生涯とともに、彼の趣向と本音をちょっと想像してみたいと思います。

1840年(日本では江戸時代・天保十一年)11月14日は、画家のクロード・モネが誕生した日です。
「睡蓮」で有名ですが、実は「光の画家」ともいわれています。レンブラントやフェルメールも同じ二つ名で呼ばれますが、いったい何人につけられてるんでしょう。「天空の城」がいくつもある日本なので、よそ様のことはアレコレ言えませんが。

まあそれはともかく、モネの生涯を見ていきましょう。

tomorroweye30

【TOP画像】ラ・ジャポネーズ/Wikipediaより引用

 

ルノワールとも一緒に学び個性豊かに腕を磨く

モネはパリで生まれ、5歳のときにフランス北部・ノルマンディー地方のル・アーヴルという町に引っ越しました。水の表現が秀逸なのは、幼い頃からノルマンディーの景色を見ていて、感性が磨かれたのかもしれません。
十代後半から文具店の店先に絵を置いてもらっていたそうなので、絵の専門家でなくても「これは」と思うようなものを描いていたのでしょう。
同時期にフランスの中学校にあたるコレージュを退学し、絵を専門的に学んでいきます。

ル・アーヴルにいたウジェーヌ・ブーダンという画家の目に留まったことで、モネは本格的に画家として歩み始めました。
ブーダンはキャンバスを持って外に絵を描きに行くというスタイルの画家で、モネも同じように「見た風景をその場でキャンバスに描く」ようになっていきます。
19歳でパリに出ましたが、1年ほど兵役についているので、この間は絵を描きたくて仕方がなかったでしょうね。それでなくても戦争なんて嫌なものですし。

22歳のとき、シャルル・グレールという人のアトリエに入ってさらに研鑽を積みます。
芸術のお師匠様というとなかなか厳しそうなイメージがありますが、グレールは「自分の個性を大事にしなさい」という主義だったため、モネの持ち味がぐんとここで成長します。モネの他にもルノワールなどがここで学んでいたことからして、グレールは人の才能を見つけて育てるのがうまい人だったんでしょうね。
その後は画壇でも認められるようになり、恋人との間に子供も生まれ、何もかも順調に行くかのように見えました。

しかし、ここでモネだけでなくフランスにとって大きな出来事が起こります。普仏戦争です。
上記の通り、モネはこれ以前に一度徴兵されたことがあるので、戦場がどんなものかということは身にしみてわかっていました。
徴兵を避けるためロンドンへ渡って戦争が終わるのを待ち、さらに数ヶ月オランダに行ってからフランスへ戻っています。

クロード・モネさん/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

妻カミーユの着物姿を描いたラ・ジャポネーズ

帰国してからもパリには長居せず、郊外のアルジャントゥイユという町に住みました。
ここに移ってから、モネの作品数は飛躍的に増えます。その数、約7年で170点というのですから驚きです。単純に考えて、1年で20枚も描いていたことになりますからね。
ルノワールなど、かつての学友たちと「匿名協会」というサークルを作り、ほぼ毎年展覧会を開くようになったからかもしれません。

この展覧会の第二回目には、妻・カミーユが日本の着物を着ている「ラ・ジャポネーズ」を出品しています。金髪の女性が赤い着物を着て、手に扇を持ちながら振り返っている有名な絵ですね。最近イヤな意味で話題になってしまいましたが(ボストン美術館で人種差別騒動が……TOP画像が該当作品です)、この絵は風景画家・モネが描いた数少ない人物画でもあります。
残念なことに、カミーユはこの絵が展示されて3年後に亡くなってしまうのですけれども……いや、だからこそモネは他の人物画をあまり描かなかったのかもしれません。

妻に先立たれた後、モネは一気に家族が増えました。
というのも、彼のパトロンの一人が妻と子供と借金を残してトンズラしてしまったのです。
お世話になった手前&哀れな夫人と子供たちを放っておけなかったのか、モネは全員引き取って生活を支えました。自分の子供を含めて、いきなり10人もの大所帯の大黒柱になったのです。現代だったら確実にワイドショーのネタになってますね。
後々この夫人・アリスとは再婚しているので、世の中何がどう転ぶかわからないというか、運命の出会いというか。

 

スポンサーリンク

「水の庭」と名付けた自宅の池に、多くの睡蓮を浮かべ……

一時期はフランス各地やイタリアを旅行して、最終的にモネはパリから北に80kmほどのところにあるジヴェルニーという町へ腰を落ち着けました。何故かモネはパリの北西方面が好きだったようで、アルジャントゥイユとジヴェルニーとル・アーヴルは、ほぼ一直線上にあります。フランスってそこそこ広い国なのに、不思議なものです。

ここには今もモネの家がそのまま残されており、作品と浮世絵のコレクションが展示されています。モネの一番有名な作品「睡蓮」そのままの風景が庭になっています。
「睡蓮」や「積みわら」は一枚の絵ではなく連作のタイトルで、同じモチーフをさまざまな時間帯に描いたものです。
この連作こそがモネが「光の画家」と呼ばれる所以です。

「睡蓮」が代表作として知られているのは、モネが「水の庭」と名付けた自宅の池を最も多く描いているからです。27年で200枚といいますから、同じモチーフを一年に7枚は描いたことになります。
それだけ描き続けられるというのもなんだか恐ろしいですが、モネに限らず、芸術家の多くは狂気一歩手前くらいの気迫を持ってこそ、名作を生み出している気がしますしね。

そんなわけで一口に「睡蓮」と言っても、見た人の好みによって思い浮かぶ絵が異なると思われます。
いくつか票が集まりそうなもののうち、やはり一番有名なのは、太鼓橋と共に睡蓮が描かれているものでしょうか。

睡蓮の池と日本の橋 1899/Wikipediaより引用

 

この橋、浮世絵好きだったモネがわざわざ作らせたものなのだそうです。
当時のフランスでは中国や日本の美術に人気が集まっていたので、モネもその一人と考えれば不自然なことではありません。
しかし……モネについては、もうちょっとだけ他の理由があるような気もします。

これはまたワタクシの私見なのですけれども、モネは浮世絵にとどまらず、日本という国に憧れを抱いていたのではないか?と思うのです。

 

ヨーロッパにない花を愛した理由を考えてみたい

上記の通り、モネは若かりし頃、兵役についたこと、そして再度の徴兵から逃れるために逃亡に近い長期旅行をしていたことがあります。

当時、日本のことがどこまでヨーロッパに伝わっていたかははっきりしませんが、もしも「日本では武家が戦争をするので、一般人は武器を持つ必要がない」というようなことが知られていたとしたら、モネにとってはとてつもなくうらやましい話に思えたのではないでしょうか。

芸術家であっても徴兵されるフランスに比べて、対外戦争もなくのびのび絵を描いている画家がいるという日本。モネにとって理想郷に見えたとしてもおかしくはないですよね。

睡蓮という元々ヨーロッパにない花を愛したのも、もしかしたら戦争の多いヨーロッパに嫌気がさしていたからなのかもしれません。その割には一生ヨーロッパから出ていませんが、移住するには言語なり何なりの壁が多すぎたでしょうし。

もしもっと平和な時代に生まれていたら、モネは全く違う絵を描いていたのかもしれません。
まあ、それはどの芸術家にも言えることではありますが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:クロード・モネ/Wikipediaより引用

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 画家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.