日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

民間の建物も畑も焼きつくす「海への進軍」 アメリカの戦争スタンスが危険なのは昔から!?

更新日:

 

戦争に正義などありません。
多かれ少なかれ人は死ぬわけで、その被害が少ないうちに終結へ向かわせるのが指揮官の役目でしょう。

しかし歴史上、その過程の是非を全く考えない作戦も多々あるわけで……本日はそのうちの一つのお話です。

1864年(日本では幕末・元治元年)11月15日は、アメリカ南北戦争で「海への進軍」という作戦が開始された日です。
たぶん当コーナーで南北戦争の話をするのは初めてなので、ゆっくり過程を見ていきましょう。

「海への進軍」を描いた版画/Wikipediaより引用

 

機械化が進む北軍に対し、人力が必要だった南軍

南北戦争といえば奴隷制の可否が焦点になりますが、実は人道的な理由よりもビジネス的な理由が大きくなっていました。
南部は綿花などの農業で奴隷が必要だったのに対し、北部は工業化が進み、南ほどの奴隷は必要なかったのです。
また、北部にはヨーロッパからの移民がやってきて人口が急激に増えたのに対し、南部ではなかなか人口が増えないという状況もありました。そりゃあ、奴隷=生活環境が劣悪=子供を生むどころではないですからね。

また、貿易に関しても北部と南部で考えが割れていました。
北部は機械化が進んでいたので、ガンガン物を作ってイギリスとの競争に勝ちたいと考えていました。
南部は綿花をイギリスに輸出する代わりに工業製品を輸入していたため、イギリスとは持ちつ持たれつの関係でいたいと思っていました。
……そんなに対英関係が大事なら、いっそ独立しなければよかったんじゃね? というツッコミは喉元までで抑えておきましょう。

こうして北部と南部の間で諸々の点について意見が割れ始めたところに、新たな火種が生まれました。
フランスからルイジアナを購入、メキシコからテキサス・カリフォルニアを併合などしてアメリカの領土が広がったことにより、これらの新しい領地で奴隷制を採用するかしないかという問題が出てきたのです。

青が北部(アメリカ合衆国)諸州、赤が南部(アメリカ連合国)諸州。水色は合衆国に留まった奴隷州/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

【5行でわかるかもしれない南北戦争の経過】

大統領選挙や議会では奴隷制の可否が主な焦点になり、継続を望んだ南側の州は、合衆国から独立して「アメリカ連合国」を名乗りました。
そのため、「南北戦争は内乱ではない」と考える人もいます。
が、日本語だとややこしいのでだいたい「北軍」「南軍」と呼んで、内乱扱いにしているようです。第一次・第二次世界大戦での連合国とも紛らわしくなりますしね。

そして1861年から、いよいよ南北戦争が始まります。いつものように、おおまかな流れを先に出しておきましょう。

【5行でわかるかもしれない南北戦争の経過】

1861年4月  南軍が北軍のサムター要塞を攻撃して戦争開始

1862年5月  ホームステッド法発効

1863年1月  奴隷解放宣言

1863年7月  ゲティスバーグの戦い

1864年11月 「海への進軍」開始 ←今日ここ

1865年6月  南軍が軍事行動できなくなり、北軍の勝利

ちなみにこれ、日本と通商に関する交渉をしている最中のことです。ペリーが帰国したのも、南北戦争が始まってからのことでした。そのせいでアメリカでは「ペリーって誰?」みたいな扱いになっている……というのは、以前こちらの記事でもお話しましたね→過去記事:黒船ペリーの悲哀 日本開国のため超苦労したのにアメリカでは無名だって!?【その日、歴史が動いた】

直接は関係ありませんが、「近代の内乱」というくくりで考えると、戊辰戦争が約1年で終わったのが奇跡に思えてきます。

ゲティスバーグの戦いを表した絵/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

永住権を明記したホームステッド法が北軍の後押しに

南軍は人口=兵数で劣っていました。ただし、イギリス・フランスの後押しを受けたため、当初は有利でした。
ところが、です。時間が経つにつれ、様々な面で勝る北軍が巻き返したところで、リンカーンの奴隷解放宣言が出され、これが体外的な決定打になります。

「俺たちは人道的な政策を国中に行き渡らせるために戦っているんだ!」

そんなスローガンを推し進めることで、大義名分は北軍にあると示したからです。

話が前後しますが、北軍が作ったホームステッド法という法律も、戦争の後押しになりました。「21歳以上ならば、誰でも公有地を借りられる」「さらに、その土地で五年間定住し、一定以上の大きさの家を建てて農業をすれば、永住権を得られる」ことを約束したものです。
これにより、まだ奴隷制の諾否を決めていなかったアメリカ西部地域が北軍に味方したのです。

そして最大の戦闘となったゲティスバーグの戦いでも勝利を収めた北軍は、南軍の早期降伏を図るため、さらに兵を進めました。
目指す先はジョージア州・アトランタ。1996年にオリンピックをやった町ですね。

戦争を指揮したシャーマン将軍の進路/Wikipediaより引用

 

民間人をどうにかせねば→建物や畑を焼きつくそう……えっ?

当時からここは交通・供給両面の要所で、ここを抑えることは北軍にとって不可欠でした。
しばらく一進一退の状況が続き、やがて北軍は南軍の完全包囲に成功、アトランタは北軍のものになります。
南軍は軍事施設を焼き払って撤退しました。

が、北軍はここで「南軍の側についた民間人をどうにかしなければ、勝利したことにはならない」と考えます。いつだって、兵よりも民間人のほうが多いですからね。
そこで考えたのが、アトランタから東海岸へ向かって、途中の建物や畑を全て焼きつくすという作戦でした。攻め手が焦土作戦を使うというなかなかに珍しいケースですが、歴史的な意義よりも「一般人を巻き込んで当たり前」という感覚に怖気が走りますね。

これが「海への進軍」です。

11月15日に開始し、同じ年の12月22日に東海岸の町・サバナに到達して終わりました。

この作戦の司令官は、首都・ワシントンに、このことについて「クリスマスプレゼントです」と電報を打ったのだそうで。笑えないジョークですね。

鉄道の線路をひきはがすシャーマン将軍の兵士/Wikipediaより引用

 

民間人を巻き込むアメリカの戦争スタイルは当初から?

ただでさえ劣勢になっていた上、主要産業となる畑も、住むところも破壊された南軍は遅かれ早かれ降伏するしかありませんでした。

奴隷制の可否だけ見ていると、いかにも北軍が人道的だったかのように見えますが、「海への進軍」を知るととてもそうとは思えないですよね。衣食住に関わる全てを破壊した後、そこに暮らしていた人がどうなるかを全く考えていないわけですから。奴隷にされていた人はいわずもがなです。

そんな感じで、アメリカは国としてスタートダッシュの段階から「戦争に民間人を巻き込むのが当たり前」だったということになります。
となると、時代が下って対外戦争になった時、敵国にもそれを求めるようになるわけで……第二次世界大戦時のアレコレもそうですし、現代にも通じてますね。戦争で大義名分をアピールするところも。

……なんだかアメリカの構造が変わらない限り、世界平和なんて夢のまた夢のような気がしてきますね。今更か。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:南北戦争/Wikipedia 海への進軍/Wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.