歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イラスト・富永商太

織田家 その日、歴史が動いた 合戦

最後は柴田勝家が平定! 100年続いた加賀一向一揆 そもそもナゼ起きた?

更新日:

歴史の授業や教科書というと、ひたすら「この年に○○が起きました」の連続ですよね。
ほぼ箇条書きで前後関係や人物像がわからず、呪文のように聞こえていた人も多いでしょう。これが歴史嫌いを生む要因な気がしてなりません。

本日は、そんな印象が強いであろうと思われる出来事について、少しだけ詳しく見てみたいと思います。

天正八年(1580年)11月17日は、柴田勝家が加賀一向一揆を平定した日です。

「百年間成功した一揆」として有名ですが、意外にこの件の詳細って知られていませんよね。ということで、本日は事の始まりから勝家が平定するまでをダイジェストにしてみました。

【TOP画像】富永商太

 

一向宗を使い捨てした富樫政親が自害へ追い込まれ

時を遡ること約90年前(1470年代)、富樫家という加賀の守護大名の家で、応仁の乱に呼応した内紛が起きました。
当主・政親は、石山本願寺に助けを求めます。そして当時の本願寺のトップ・蓮如は、要望通りに正親の下へ信徒を援軍に送りました。信徒たちは他の豪族と協力し、一度追い出された政親を再び家督につけます。

蓮如としては、これで富樫家が一向宗(浄土真宗)を大事にしてくれると思っていました。
が、その後一向宗徒の力を恐れた政親は、信徒たちと豪族をまとめて追い出します。身も蓋もない言い方をすると、使い捨てたわけですね。

当然ながらこれに不満を抱いた信徒たちは、上記の豪族と結びつき、政親のこもる高尾城(たこじょう)を攻めて自害させてしまいます。途中で蓮如は信徒たちへ「お前たち乱暴はよくないぞ」(超訳)という手紙を出していたのですが、ヒートアップした信徒たちは聞きませんでした。

……他の富樫家の人達からすると、政親が追い出されたままのほうが被害が少なかったんじゃないですかね。

蓮如上人の像/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

朝倉家の英雄・宗滴が登場! 一揆勢を圧するも

ときの将軍・足利義尚はこれを知り、加賀をなんとかしようとも考えたのですが、そもそも上方は応仁の乱の真っ最中なのでそれどころではありません。
そのうち一向宗のお偉いさんも加賀にやってきて、実質的に加賀は大名家ではなく一向宗の信徒たちのものになったのです。

が、もともとは一般人ですから、統率の取れた武家とガチンコ勝負するのは難しい話でした。

永正三年(1506年)に一揆勢が朝倉家や長尾家に圧されはじめます。朝倉家というと、最後がアレなおかげであまり強くなさそうな印象を持っている方もいるかもしれませんが、この頃の朝倉家には朝倉宗滴(そうてき)という名臣がいて、北陸の雄として知られていたのです。

享禄四年(1531年)頃になると、一揆勢の中でも内紛が勃発、続いて上杉謙信や織田信長と対立してどんどん雲行きが怪しくなっていきます。いつでもどこでも、よほどのカリスマ的存在がいないかぎり、いずれ統率が乱れるものですよね。
上杉軍とは一時期互角にやりあっていたのですが、謙信が出馬すると流石に不利になり、さらに一揆勢はまとまりを欠いていきました。

謙信公もちゃっかり狙っておったんすな/wikipediaより引用

 

信長さん嬉しかったようで、馬揃えに「北陸衆」を参加させる

一方、時代が少し進み、織田信長が朝倉家を滅ぼすと、加賀平定のため一向一揆と正面から戦うことを決めます。
天正四年(1576年)、柴田勝家が加賀方面の司令官に任じられ、幕下に前田利家や佐々成政などがついてそうそうたるメンバーとなりました。
ちなみに謙信はまだ存命中ですので、これは勝家にとって「一向一揆と謙信を同時に相手させられる」という意味も持っています。カワイソス(´・ω・`)

しかし、そこは信長が見込んだ力の持ち主。翌年9月・手取川の戦いでは謙信にフルボッコにされますが、その後、勝家は一向一揆平定に成功。約四年かかりましたが、信長は満足していたでしょう。

一向一揆平定の二年後に行われた京都御馬揃えでは、「北陸衆」というグループの先頭で勝家を参加させています。この頃には北陸もだいぶ目処がついていたとはいえ、一地方の攻略担当者をわざわざ京都までやってこさせるというのは、信長の信頼や労いが含まれていたからに違いありません。

※当コーナーはNOBUさんを割と好意的に解釈しています。

ところで、石川県に「道の駅一向一揆の里」という場所があるそうなのですが、このネーミング物騒すぎやしませんか(´・ω・`)
一向一揆に関する資料館があるそうですし、「ご当地」ですから間違ってはいないのでしょうけれども。
いや、ここはゆるキャラと真逆の路線を行く方向ということで、むしろその勇気(?)を称えるべきでしょうか。石川県△(古い)。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:加賀一向一揆/wikipedia 今日は何の日?徒然日記

 




注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?



-織田家, その日、歴史が動いた, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.