日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ 女性

米国発・日本人論の元祖「菊と刀」とは? 「ここがヘンだよ日本人」を真面目に描いた必読の一冊

更新日:

以前「ここがヘンだよ日本人」という番組がありましたが、日本史と世界史両方を知れば知るほど、「確かに」と言わざるをえない点が多々ありますよね。
バカにされると「何だコノヤロー(#^ω^)」という気にもなりますが。
本日はその辺の溝を少し浅くできそうな、とある本のお話です。

昭和二十三年(1948年)12月28日は、アメリカ人の文化人類学者ルース・ベネディクトが書いた「菊と刀」が日本で出版された日です。
有名な本ですので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。
筆者は女性です。本のタイトルより、こっちのほうが意外でしょうか。

ルース・ベネディクト氏/wikipediaより引用

 

黄禍論激しい時代に真正面から向き合った

「菊と刀」について批判する方も一定数いるようですが、いくつかの点を考えると、全体的に類稀な本だと言える気がします。

それは、ルースが戦時中からこの本を書いていたということです。

当時のアメリカは人種差別まっしぐら。特に日本人については黄禍論(おうかろん・黄色人種ムカつくからとりあえずいじめようぜ論)により、反感が強かった時代です。
余談ですが、中国人もこれより前にアメリカで割と無茶苦茶な差別を受けています。ひどい話や。

そんな中、ルースは日系移民への取材や、日本に関する文献を参考にこの本を書きました。インターネットもない時代に、「敵国」に関することを詳細に調べて著作にまとめるというのは、並々ならぬ努力と誠意がなければできないことでしょう。来日したこともなかったようですし。

 

スポンサーリンク

藤原氏の摂関政治にまで触れている!?

「菊と刀」には、ただ単に天皇や武家、文化を並べただけではなく、日本がどの時代にどんな社会を作っていたか、どのように変遷していったのかが書かれています。
戦中から書き始められたものなので、最初は戦時中の話から始まりますが、古代に中国から大きく影響を受けたこと、藤原氏の摂関政治、武士の台頭と幕府の起こり、江戸時代から明治維新などなど、これだけで日本史のおさらいができてしまうほどの内容です。

……家康のことを”the great Ieyasu”って書くのはどうかと思いますが。ワタクシ、この原稿を書くのにIBCオーディオブックスというシリーズの朗読版を聞いていたのですけれども、グレートって聞こえた瞬間吹きました。
「海外で一番評価されている武士は家康だ」という話はたびたび聞きますが、ルースもそう思っていたのでしょうかね。
日本語が英語の中に混じったときにこれだけ違和感があるということは、和製英語を聞いた外国人も似たような気分になるのでしょう。多分。

ちなみに「忠」とか「孝」はそのまんまです。解せぬ。いや、外国人の視点だから仕方ないですかね。
家族構成や家父長制度の話や言葉の使い分けに関する話、夏目漱石の「坊っちゃん」についての話題も出てきますし、日本人が「外国から見た日本」をイメージするのにも良い本なんじゃないでしょうか。

CD付 菊と刀 The Chrysanthemum and the Sword (IBCオーディオブックス)

菊と刀

 

スポンサーリンク

どうせなら原書版を英語で聞いてみても良さそうで

ルースは「アメリカ式を世界に押し付けるべきではない」とも言っていたそうなので、彼我の違いをよく理解していたのでしょう。学者さんなら当たり前……といいたいところですが、そうじゃない人もたくさんいますしね。

「菊と刀」は日本語訳も複数出ていますが、どうやらアレな訳もいくつかあるようですね。まあ、古い本だから仕方がありません。
いっそ「英語の勉強もできて一石二鳥!」ととらえ、英語で呼んだり聞いたりするのがいいかもしれません。これを取っかかりにして、自分の考えがまとまることもあるでしょうし。

IBCオーディオブックス版だとCDで2時間超ありますが、トラックが細かく分かれているので、ちょっとずつ聞くのでもいいと思います。TOEIC用の教材なので、まえがきに「細切れに聞くのはおすすめしません」(超略)と書いてありますけども、TOEIC受験にしか使っちゃいけないということもないでしょうし。
テキトーに聞き流して、知ってる単語や名前が出てきたときにニヤけるところから始めてもいいのではないでしょうか。そのうち、音読と同じ速さで単語を追えるようになってきますし。

あ、出版社様から袖の下とか黄金色のおまんじゅうはいただいておりません(キリッ)
もらってたらもっとヨイショするに決まってるじゃないですかー、ヤダー!w

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:菊と刀/wikipedia ルース・ベネディクト/wikipediaより引用

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, アメリカ, 女性

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.