日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

フランス その日、歴史が動いた

グルメガイドでおなじみ「ミシュラン」の歴史は100年以上 もともとは世界的タイヤ会社の販促グッズでした

更新日:

 

皆さん、旅行はお好きですか?
最近はケータイですぐ検索できるので、事前にがっつり調べる派の人は減ったかもしれませんが、やはり事前情報はあればあるだけいいですよね。
本日はそんなときに役立つ「アレ」で有名な会社のお話です。

1853年(日本では江戸時代・嘉永六年)1月16日は、グルメガイドで有名な「ミシュラン」の創立者の一人、アンドレ・ミシュランが誕生した日です。

日本で「ミシュラン」というと、だいたい「◯つ星レストラン」という話になりますが、実は全く違う会社から始まっています。どんな経過だったのか見てみましょう。

ミシュランタイヤの販売店(京都市左京区)/Wikipediaより引用

 

まずは自転車用のタイヤを作り、様々な乗り物・機械へ

アンドレは、フランス中南部のオーベルニュという地域に生まれました。技師の資格を取ったり、人付き合いが上手かったり、いろいろな意味で器用な人物だったようです。
そして、弟のエドゥアールと協力し、脱着できる自転車用のタイヤを作り、特許を取得。その後も世界初の空気入りタイヤなど、脱着可能な車両のパーツを次々と生み出し、大きな会社になっていったのです。
そして、一般的な自動車だけでなくオートバイや飛行機、建設・農業用機械、オートレースにもミシュランのタイヤが使われるようになり、今日の地位を確立しました。

一時期はお偉いさんが自社製品への自信のあまり「自動車はタイヤの部品にすぎない」とまで言ったことがあるとか。何だか「平家にあらずんば人にあらず」的な驕りを感じますね。
これでブーイングくらって総スカン→倒産したらテンプレ通りですが、現在までミシュランという会社そのものが存続しているあたり、本当に質がいいという証左になるのでしょう。
お国柄によるのかもしれませんが。

ミシュランといえば、マスコットキャラクターも有名ですよね。
あれ、「ビバンダム」という名前だというのですが、ご存知でしたか? 私はこの記事を書くまで知りませんでした(キリッ)。

もともとはアンドレとエドゥアールがうず高く積まれたタイヤを見て「これに手足つけたらタイヤ人間になるなw」と話したのをキッカケに、風刺画として描かれたイラストが由来なのだとか。
当時のイラストだと、タイヤが積み重なったというよりは「たこ紐をぎちぎちに巻かれたソーセージ」のほうが近いような……。
今の姿は、大分デフォルメされて可愛くなったほうですね。関節に当たる部分が細くなっていたり、顔に愛嬌があったりと、大分進化している感じがします。

登場当時のビバンダムくん/Wikipediaより引用

こちらが現代のビバンダム君。皆さんお馴染みですよね/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

車が出来て、旅行増えて、ガイドブックが必要に!

さて、いよいよ(?)グルメガイドのお話に入りましょう。
タイヤとグルメの間には一見何も関係がないかのように見えますよね。
しかしそこが、アンドレとエドゥアールの達観性を示すポイントでもあります。

良いタイヤができる

良い車ができる

値段が下がる

より多くの人が車で出かけるようになる

車を使う旅行者が増える
↓(キュピーン)
ガイドブック出せば皆助かるし、儲かるじゃん!

といったような連想があり、自社の宣伝も兼ねて1900年に作った旅行者向けのガイドブックが、今日のミシュランガイドの原型です。頭いいな。

当初は3万5000部ほど発行してタダで配ったそうです。ずいぶん太っ腹ですよね。有料になったのはずっと後の話で、1920年のことでした。

1929年版のミシュランガイド/Wikipediaより引用

中はこんな感じだったそうです。当時だから当たり前だと思いますが、海外のガイド本って文字ばかりですよね/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

なんと第二次世界大戦では進軍用MAPとして使われたとか

歴史に関係あるところに目をやると、なんと第二次世界大戦時、ドイツ軍・連合軍双方にミシュランガイドが使われていたそうです。
ドイツ軍は侵攻のため、連合軍はノルマンディー上陸作戦の後の進軍のためでした。

後者は、ドイツ軍が道路標識などを破壊・撤去していたため、慣れない土地での行軍を少しでもスムーズにするという目的だったようです。
……シャルル・ド・ゴールあたりから情報をもらえなかったんですかね。母国の地図を持って亡命する人もいないか。

クリミア戦争のときなどもそうですが、なぜヨーロッパの戦争では地勢を確かめる前に進軍するのでしょうか(´・ω・`)
ミシュランではガイドブックだけでなく地図なども発行していますが、日本でいう「ミシュラン」は、レッドガイドというホテルとレストランのガイドブックです。
フランスの会社なので、しばらくヨーロッパの国限定だったのですけれども、2005年にニューヨーク版、2007年に東京版が出て、日本人にもより身近なものになりました。東京版発売当時は、ちょっとした話題になりましたものね。

「グリーンガイド」という観光ガイドも発行しているのですが、日本語版は現在絶版になってしまっているそうで……あんまり売れなかったんですかね?
レッドガイドについてはどんどん拡大しているので、ぜひグリーンガイドの邦訳再開もしてほしいものです。
もしくは、フランス語の日本ガイドを訳すだけでも、ちょっとしたネタ本として売れる気がします。外国からの評価って気になりますし、たびたび話題にもなりますし。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:ミシュラン/Wikipedia ミシュランガイド/Wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-フランス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.