日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

薩長同盟 「尺牘」の朱文字から滲み出る坂本龍馬の苦労と功績

更新日:

のっけからどうでもいい話ですが、このコーナーは三年以上やっている割に、誰もが知ってる有名な出来事を扱ってないことがあるんですよね。自分でもびっくりします。
本日もその一つ、日本の歴史を大きく動かしたアレのお話です。

慶応ニ年(1866年)1月21日は、薩長同盟が締結された日です。

桂小五郎(木戸孝允)と西郷隆盛が手を結んだ重大な出来事として、日本人の誰もが知っている一件ですね。
日付や場所については異説もたくさんありますので、ここでは言及しないでおきましょう。秘密裏に行われた会談ですから、むしろはっきりわかったらマズイでしょうし、「途中で場所を変えた」という説もありますし。

この話の流れを理解するには、当時の薩摩と長州の立場がどんなものだったのかを掴んでおく必要があります。

 

薩摩はコメ不足 長州は武器が買えずに困っていたので

まず長州は、第一次長州征伐が終わった後で、幕府からも朝廷からも目をつけられている状態でした。具体的に言うと、武器の購入ができない状態になっていました。めっちゃ困る(小並感)

一方、薩摩は、倒幕に向けて出兵の準備を進めていたものの、「このままだと兵糧が足りなさそう……まだ他に協力してくれる藩のアテもついてないし、どうしよ(´・ω・`)」(※イメージです)ということで、こちらも困っておりました。
徴兵はすぐに可能でも、お米の収穫は早められませんからね。

ここで両者を結びつけるため活躍をしたのが、坂本龍馬と中岡慎太郎です。

龍馬の会社・亀山社中を通して薩摩名義で武器を買って長州に送り、薩摩には「長州から兵糧を買えばいい」と勧めてWIN-WINの状態を作りました。

が、それだけで話はうまく行きませんでした。

西郷隆盛/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

桂も西郷もしかめっ面じゃん!><;

龍馬が数日遅れて会談場所にやってきたところ、桂も西郷もしかめっ面で、とても和解が成った雰囲気ではありません。まぁ、蛤御門の変でドンパチをやったばかりですから仕方のないことではあります。
しかし、「同盟締結まで行かなくても、ちょっとくらいは話が進んでいるはず」だと思っていた龍馬にとっては、不思議で仕方ありません。

『どうしたのか?』と尋ねてみたところ、桂は「こちらから同盟を持ちかけると謝ったことになるから嫌だ」、西郷は「こちらから頭を下げることはできない」と言います。
……要するに、意地の張り合いだったわけです。

まぁ、現代と違って単なる意地ではなく、今後の藩の立場がかかっているわけですから、仕方のない話かもしれませんけど……この会談が始まったのって実は1月8日なんです。
つまり12日間も何も話が進展せず、それでいてきちんと会談場所にはやってくる、というのは何とも異様な雰囲気ですね。

邸の人々も「気まずすぎてお茶も持って行けないんですけど(`;ω;´)」という気分になっていたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

龍馬の裏書でようやく成立に至った

実際、龍馬がやってきたとき、桂は諦めて帰ろうとしていたそうです。そりゃあなぁ。

間一髪間に合った龍馬が物理的にも間に入り、何とか話をまとめることができました。第三者でが話を切り出せば、お互いの面子が潰れることはないですものね。

ようやくこれにて一件落着……といきたいところですが、実はこの会談にはまだ続きがあります。秘密裏に設けられた会談だったので、誰も記録を取っていなかったことが後日わかったのです。おいおい。

まあ、ここで誰かが勝手に記録していたら、「そっちの都合がいいように書いたんだろ!!」みたいな話になりそうですし、ある意味平等で良かったのかもしれません。
そのため、桂が龍馬に「あの時の会談、こういう内容でしたよね?」という手紙を書き、確認を取っています。それに龍馬が朱で「この内容で間違いない」と裏書きし、ようやく薩長同盟は成立したのでした。

この手紙は現在宮内庁に所蔵されていて、三の丸尚蔵館のページで一部を見ることができます。朱といっても現在使われているオレンジがかった色ではなくて、真っ赤に近い色なので結構毒々しく見えますね。

これです↓

尺牘(龍馬裏書)(せきとく,りょうまうらがき)/宮内庁HPより引用

 

この後、第二次長州征伐が起こるのですが、この同盟が結ばれていたため、薩摩は「ウチ参加しませーん」という態度を貫きます。
他の藩も「二回も同じところ攻めなくてもよくね?」とやる気をなくしており、幕府軍は見事ボロ負け。こうして、倒幕の流れが加速していくのでした。

長月 七紀・記

【関連記事】
西郷隆盛49年の生涯をスッキリ解説! 薩摩の一藩士から維新三傑となり西南戦争で自刃するまで
大久保利通49年の波乱な生涯マトメ! 私財を投じて国に尽くすも紀尾井坂の変で暗殺される
島津斉彬50年の生涯~西郷隆盛や大久保利通を発掘した人材育成達人の功績とは?
木戸孝允(桂小五郎)の出世道 意外なほど気さくな「維新の三傑」
ホントはすごい西郷従道! お兄ちゃん(隆盛)に隠れがちな有能っぷりとは?
「ワシは清正公に負けた」と西郷隆盛が嘆いた 西南戦争・熊本城の戦い
哀しき内乱・西南戦争がスッキリわかる 「視察」が「刺殺」で大久保は号泣した!?
西郷どん・2018大河ドラマの全キャストと人物紹介!【常時更新】
2018年大河ドラマ『西郷どん』を率直予想! 大いに期待したいけど悪夢が頭をよぎるのです
幕末明治貴族の出世頭・岩倉具視 キャラは奇抜なれどバランス感覚に優れた政治家だった!?
小松清廉(小松帯刀)惜しまれる早逝の志士 幕末のビッグイベントは彼抜きには語れない
最後の将軍・徳川慶喜が大政奉還 それでも江戸幕府は残ると信じていた!?
開国したことにさせられた井伊直弼がガチギレ! 安政の大獄はじまる
明治維新後の天璋院篤姫は? 1万人に見送られながら徳川の女として生涯終える
明治天皇や西郷隆盛の肖像画を描いたキヨッソーネ 立つ鳥跡を濁さないイタリア人の功績
隠れたラストサムライ・河井継之助 長岡の傑物が幕末に見せた手腕とは?
山本権兵衛~西郷隆盛の教えを受けて海軍を背負う 陸軍・政治家からも一目置かれた理由は?
生麦事件~そしてイギリス人奥さんは丸坊主にされ、薩英戦争から友情が生まれる
彰義隊が散った上野戦争 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る
市川・船橋戦争って注目度が低いよね…… 上野戦争前に起きていた戊辰戦争の局地戦
池田屋事件は新撰組vs長州や土佐藩など 坂本龍馬は直接関係ありません
松平容保とは? 会津藩祖・保科正之の教訓に縛られた悲劇の血筋

スポンサーリンク

参考:薩長同盟/wikipedia 今日は何の日?徒然日記

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.