日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

日本人大好きカレーライスの歴史 明治時代のレシピには「アカガエル」が使われていた!?

更新日:

 

えー、今月の飯テロ警報をお知らせいたします。お食事前や真夜中の閲覧はお控えくださいませ。
この記事をお読みになってお腹が減ったからといって、謝罪と賠償その他を請求するのはご勘弁ください(`・ω・´)
では、本題に参りましょう。

1月22日は「カレーの日」だそうです。

昭和五十七年(1982年)の同日、全国学校栄養士協議会によってこの日と決められました。
最近はそうとも限らなくなってきたようですが、カレーといえば長らく給食の人気メニューの定番でしたよね。
いつからカレーは我々に馴染みある料理になったのでしょうか?

カレーライス2

 

明治五年発刊の『西洋料理指南』にレシピが掲載

日本にカレーライスが伝わったのは、明治初期のことです。

明治五年(1872年)発刊の『西洋料理指南』という本にレシピが出ているので、これ以前に作ったり食べたりした人がいて、評判が良かったのでしょう。
材料には海老や鯛、牡蠣、鶏肉、アカガエル(!)が使われていたそうです。野菜系の具材が見当たらないので、かなり肉食系な感じのカレーだったようですね。

同じく明治五年に出た別の本には、牛肉と鶏肉が使われています。おそらく当初、カレーとは「複数の肉や魚を香辛料で煮込んだ料理である」という認識だったのでしょう。
さすがにカエルは日本人には受け入れられなかったらしく、早いうちにレシピから消えています。他にも、長ネギが玉ねぎに変わったり、かなりレシピが変化したようです。

現在カレーの具としてお馴染みのじゃがいも・人参・玉ねぎは、北海道などで栽培されるようになってからレシピに加わりました。
そのため、当時から暫くの間は高級料理の一つだったのですが、そのうち「カレーうどん」などの派生メニューが作られるようになります。さらに、カレー粉が国内で作られるようになったことで価格が下がり、大正時代には、ほぼ現在と同じカレーになっていたようです。

 

スポンサーリンク

戦後にカレールーの発売 急速に普及していく

カレー粉ができたとはいえ、当時は小麦粉を混ぜなければ作れず、なかなか手間のかかる料理でした。

現在と同じ「鍋で溶かすだけでおk」なカレールーが発売されたのは、戦争が終わった直後、昭和二十年(1945年)11月のことです。
おそらく、戦後の食糧難の中で「簡単に作れて、どんな具材を入れてもある程度調和し、栄養が摂れる料理」として需要が上がったのでしょう。

給食にカレーが出るようになったのは、もう少し後の昭和二十三年(1948年)でした。インドがスパイスを大量に送ってくれたことや、食品会社がカレー普及のために動いたことが功を奏したようです。
インドの皆さんありがとうございます( ̄人 ̄)

いわゆる「海軍カレー」も同じような理由で好まれたのが習慣化したといわれています。カレー粉を醤油と砂糖に変えると肉じゃがも作れるので、航海中の限りある食材でもレパートリーを増やせ、なおかつ飽きにくいというのが大きな魅力だったとか。
「毎週同じ曜日にカレーを食べることによって、曜日感覚を忘れないようにする」というのも有名ですね。

その伝統は今も受け継がれていて、今や旧海軍の後身である海上自衛隊のホームページには、レシピサイトが別に作られているほどです。

なんせ海上自衛隊レシピページのカテゴリは「和食」「洋食」「中華」「カレー」です。確かに和食でも洋食でも中華でもないですけども、一つの料理名がカテゴリ名になるってよっぽどですよね。

 

スポンサーリンク

カレー嫌いな人は自衛隊に入るのが難しそうだ

ついでにいうと、各艦艇だけでなく自衛隊の病院や基地、音楽隊にもオリジナルレシピがあるようです。
カレー嫌いの自衛隊員っていないんですかね……? カレー嫌いだと入隊できなかったりするのでしょうか。まあ、いざというときは好き嫌いなんて言ってる場合じゃないですしね。
傭兵の皆さんの間でも「カレー粉があれば何でも食える」というのは常識だそうです。……「何でも」のあたりは深く考えないでおきましょう。ご興味のある向きは各自ググる先生にお尋ねください。

海自レシピのカレーの隠し味を見ると、インスタントコーヒーやチョコレート、コーラ(!)まで予想外なものをたくさん使っています。よくぞあんなに美味しい組み合わせを見つけるものですね。一見普通のチキンカレーでも、豚骨や鶏骨、赤ワイン・白ワインなどが入っていたりします。
先生! 一般人が手に入らなそうな食材が混ざってます!

航海中の楽しみといえばやはり食事でしょうから、給養員(調理員)の方も腕の見せ所なのでしょう。
最近はグリーンカレーやレッドカレー、ベジタリアンにも安心な野菜だけのカレーなども人気が出てきましたので、今後海自のレシピサイトもさらに充実しそうですね。
そろそろ書籍にまとめてくださらないでしょうか(チラッチラッ)。

ちなみに、レトルトカレーやカレーパンには、また違ったエピソードがあります。日本人どんだけカレー好きやねん。
その辺はまた日を改めて。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:カレーライス/Wikipedia 海軍カレー/Wikipedia 海上自衛隊

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.