日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代 災害・事故

地震と噴火で死者15,000人の「島原大変肥後迷惑」 藩主・深溝松平家の苦悩がツラい

更新日:

科学の発達した現代でさえ、不測の事態はたびたび起こります。
ましてそうでなかった時代は、現在よりももっと恐ろしいことが多々ありました。
数々の幽霊や妖怪などの怪談も、そういったものの正体を決めることで、人々は恐怖から逃れようとしたのでしょう。
今回はそうした古い時代の「恐怖」の中でも想像するだに恐ろしい、とある自然現象のお話です。

寛政四年(1792年)4月1日は、「島原大変肥後迷惑」と呼ばれる一連の災害における、最初の噴火があった日です。

この字面だと島原の人が肥後の人にものすごい迷惑をかけたかのように見えますが、もちろん違います。
災害は人の手の及ばぬこととはいえ、一体何がどうして、海を挟んだこの二つの藩にまたがるような被害になってしまったのでしょうか。

江戸期には1663年と1792年に二回の噴火

そもそもの発端は、雲仙岳の活動が活発化したことでした。

雲仙岳は50万年前から噴火しはじめ、火山活動の推移によって周辺の山ができていったというスケールのデカい山です。
そして江戸時代には、1663~1664年と1792年の二回噴火しました。「島原大変肥後迷惑」はこの二回目の噴火にあたります。

前年の年末あたりから有感地震が増え始め、震源が徐々に普賢岳のほうへ向かっていったそうですが、江戸時代の人に現代人のような自身の知識はありませんから、それが何を意味するのかはわからなかったでしょう。
そして年が明けてついに普賢岳が噴火。この時点で2km先まで溶岩が流れ、谷が一つ埋まるほどだったといいます。

そして4月1日からは噴火も地震も本格化し、21日からは島原でも活動が始まりました。
タチの悪いことに、1ヶ月後に一度活動が収まりかけています。おそらく周辺の大名も一般人も、「やれやれ、やっと落ち着いて眠れるな」と思っていたことでしょう。

が、5月21日の夜、それまでにない規模の大きな地震が起きました。

 

スポンサーリンク

眉山も崩壊して有明海に土砂が流れ込み、そして対岸へ

今度の地震では眉山という山が大きく崩れ、その土砂が島原城を通り過ぎ、有明海に注ぎこんだといいます。
途中に住んでいた家も、人々も巻き込んで……。

さらに悪いことに、土砂は有明海の水を大きく持ち上げました。これが何を意味するか。すぐに想像はできましょう。
対岸の肥後は津波のような水に襲われ、島原も返す波で再び多くの死者が出てしまったといわれています。
双方合わせた被害者は、1万5000人にも上るとか。

「島原大変肥後迷惑」とは、このように”「島原」で起きた「大(きな異)変」により、「肥後」が「迷惑」を被った”という災害だったのです。
そりゃ肥後から見れば迷惑以外の何物でもないですよね。自然現象ですから、島原の人には責任がないにしても。

ちなみに、このとき島原藩主だったのは松平忠恕(ただひろ)という人でした。名字でわかる通り徳川家の縁戚なのですが、雲仙岳の噴火以外でも行く先々で災害に遭い、その度に幕府に借金をして立て直そうとした、ものすごくいい人です。
が、とどめにこんなデカい噴火に見舞われてしまったために、心労で亡くなったといわれています。

雲仙普賢岳(左)と眉山(右)。崩れた形跡が見られます……/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

まるで災害に呪われたかのような深溝松平家

迷惑した割に肥後=熊本藩のほうの記録があまりないので、熊本藩主から何か言われたとか、何かされたということもなさそうなのですが。
……まさか、記録するのがはばかられるような「何か」をしたということもないでしょうし、そんなヒマもなかったでしょう。

島原では忠恕の息子がその意志を継いで藩を立て直したのですが、孫の代にまた災害をくらい、厄除け祈願の直後に亡くなってしまったとか。
ついでにいうと、深溝松平家の人は島原に来て以降、ほぼ全員が散々苦労をした末、40歳までに亡くなっています。
深溝松平家が何をしたっていうんや(`;ω;´)

これだけの災害ですので、長崎県・熊本県双方に供養塔や記念碑等が数多くあるとのことなのですけれども、たまには深溝松平家の藩主たちのことも思い出して、冥福を祈りたいものです。

深溝松平家はちょっと変わった家で、「当主の遺体は故郷の三河国深溝に葬る」という習慣があったのですが、島原にもお墓はあるそうなので。
島原のお墓は2014年には国の史跡にも認定されたそうですから、お近くの方、旅行で島原近辺を訪れる方は立ち寄ってみてはいかがでしょう。

国史跡指定されている島原藩主深溝松平家墓所/幸田町HPより引用

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:島原大変肥後迷惑/wikipedia 雲仙岳/wikipedia 松平忠恕_(島原藩主)/wikipedia 幸田町

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 江戸時代, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.