日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

織田家 その日、歴史が動いた

本能寺の変直前、明智光秀が詠んだ「ときは今 あめが下知る 五月かな」 なぜ周囲に謀反がバレなかった?

更新日:

どんな長所でも裏を返せば短所になります。その逆もまたしかり。特に、長所が突出している場合は短所も大きくなるでしょう。
歴史上の人物でも、そういった傾向が強い人物は多々見受けられます。まあ、キャラクターが濃くて行動力がある人ほど、何かを成し遂げて歴史に名を残すことが多くなるわけですから、当たり前でしょうか。

本日はその中でも、日本史を大きく変えたあの出来事に関係する……かもしれない日のお話です。

天正十年(1582年)5月28日は、明智光秀が愛宕山で連歌会を開いた日です。

本能寺の変について詳しくご存じの方は、既にピンときたでしょうか。
早速その点をお話してもいいのですが、ここはいつも通り時系列順に見ていきましょう。

【TOP画像】明智光秀/Wikipediaより引用

 

「とき」=「(光秀の出身である)土岐氏」、「あめ」=「天」

当時の光秀は、徳川家康の接待役から外された後、秀吉の援軍に向かうことになっていました。
秀吉から「中国攻めがなかなか進まないので、信長様に援軍をいただけるとありがたいのですが(´・ω・`)」(※イメージです)という要望が来ていたので、その先鋒という形で出陣を命じられたのです。

そこで光秀は安土城からいったん居城の丹波亀山城(現・京都府亀岡市)に戻り、兵を整えました。

そして5月27日、近所の愛宕神社に登ります。

愛宕神社は軍神として武家に信仰されており、光秀もまた自らの武運を祈願するために訪問。その翌日、連歌会を開いたのです。

連歌会は当時の社交習慣として行われていたものなので、それだけなら特筆すべきことはありません。問題は、ここで光秀が詠んだ歌です。連歌なので、正しくは発句ですね。
発句とは、連歌の始めの【五・七・五】のこと。つまり歌の方向性を決める大切な役目でもあります。

このとき光秀の詠んだ発句が、有名な「ときは今 あめが下知る 五月(さつき)かな」というものです。現代では、「とき」=「(光秀の出身である)土岐氏」、「あめ」=「天」、「下知る」=「命令」と解釈されることが多くなりました。
つまり「謀反の予告だった」ということで有名になったのです。

 

スポンサーリンク

本能寺の変前、怪しげな行動が伝わっている

しかし、この後すぐの【七・七】と【五・七・五】を続けたのが僧侶や歌人であったからか、連歌自体は何事も無く、穏やかに続けられました。
僧侶・歌人といえば当時の知識人の代表格なわけで、上記のような解釈をした上で、あえて続けたかもしれません。つまり、この発句が光秀の謀反予告だったとしても、華麗にスルーされてしまった可能性が高いという、哀しいことに……。

まぁ、無意識に何の裏もなくこの歌を詠んでいたら、それはそれで光秀のKY度が限界突破ですけれども。

ともかく、この前後と思われる時期の光秀には不審な行動が多すぎます。
いわく、「戦の際、携帯食として持ってきたちまきを外側の笹の葉ごと食べた」とか、「愛宕神社で何回もくじを引き直した」とか……。
ちまきの話は、本能寺の変の後だとか、愛宕山の連歌会中だったという説もありますね。

もしもこれらの逸話が事実だったとして、実行の何日も前からこんなガチガチに緊張していたのでは、根回しや当日の段取りがうまくいかないのも当たり前の話です。
単独でやろうとしていたからこそ、そして光秀が本来律儀な性格だったからこそ、これほど異常な行動をしていたのではないでしょうか。

「ときは今」の発句にノってくれる人がいなかった時点で「これダメそう」と気付いて謀反を諦めていたら、光秀の人生もその後の日本史も、全く違ったものになったのでしょうね。

真面目な人ほど、柔軟性を意識して行動しなければならないということでしょうか。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日/徒然日記 本能寺の変/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.