日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)




イギリス その日、歴史が動いた

英国ロンドンの3名所 「タワー・ブリッジ&ロンドン橋&ビッグ・ベン」を歩こう

更新日:

現在、それこそ「歴史が動いた」ことで話題沸騰中のイギリスですが、おそらく観光客が減ることはないのでしょうね。

同国生き残りのカギは、欧州や世界でも中心的存在のロンドン金融市場か、あるいは観光資源か。本日はその中でも、特に多くの人が訪れる観光スポットにまつわるお話。

1894年(明治二十七年)6月30日は、ロンドンのタワー・ブリッジが使われ始めた日です。

ロンドンの名所はテムズ川沿いにあるものが多いですが、そのためタワー・ブリッジもロンドン塔やビッグベンと間違えられることがしょっちゅうなんだそうで。
カワイソス(´・ω・`)

今回はこの三つの由来をまとめて見ていきましょう。

【TOP画像】タワー・ブリッジ/Wikipediaより引用

 

蒸気機関で橋の真ん中オープン! 世界初の荒業

まずはタワー・ブリッジから。
ロンドンのイーストエンドと呼ばれる区域の発展のため、ロンドン橋よりも下流に大きな橋が必要になり、1886年から作り始められました。

当時のイーストエンドがどんなところだったかというと、「切り裂きジャックの犯行現場(画像検索ダメ絶対)になったエリア」ですね。お察しください。
切り裂きジャック事件が写真技術の生まれる前だったら、こんなに有名にはならなかったでしょうね……。イギリスの全盛期であるヴィクトリア女王の時代であることも影響したでしょうけれども。

おっと、また話がそれました。
そんなわけで橋が入用になったわけですが、この付近にプール・オブ・ロンドン(外洋船が入れる一番内側の港)があるため、船が通れるような構造の橋にしなければならないということがわかります。

こういう場合、昔からよくあるのはアーチ型にして、真ん中を船が通るスタイルです。
ヴェネツィアのリアルト橋あたりがわかりやすいでしょうか。

リアルト橋/Wikipediaより引用

たぶんアーチ橋でも要件は満たせたと思われますが、ときは産業革命が成った後のイギリス。
「我が国の技術で素晴らしい物を作ってやる!」ということで、タワー・ブリッジには「蒸気機関を用いて、橋のど真ん中を開ける」荒業が組み込まれました。もちろん世界初の試みです。
日本ではかつて、隅田川の勝鬨橋(かちどきばし)が同じような動き方をしていましたね。

……その蒸気機関を動かすためにどれだけの石炭が要るのか、そしてその石炭は誰が掘っていたのかを考えると、当時の身分社会の黒さが石炭レベルですけれども。
「イギリス 産業革命 石炭」とかでググるなよ! 絶対だぞ!

ちなみに、今は電気で動かしているので、当時よりはマシなはずです。多分。

名前の由来でもある左右のタワーには歴史博物館があり、互いに展望通路で繋がれています。この目立つ外見のせいで、お馴染みの歌で毎回落とされているほうの橋と勘違いされてしまっているんですね。

 

スポンサーリンク

最も古い記録はローマ人 西暦46年にかけられた!?

「ロンドン橋」につきましては、タワー・ブリッジよりもはるかに長い歴史を持っています。ずっと同じ橋がかかっているわけではありませんが。

最も古い記録では、この地にやってきていたローマ人が、西暦46年に橋をかけたといいます。
が、その後、戦略上の理由でわざと焼かれたり、かけ直したら嵐や火災で壊れたりとさんざんな目に遭いました。「私は多分三人目」どころじゃないですね。

13世紀初頭には木造の立派な橋になっていたそうなのですが、それも200年ちょっとで焼かれてしまったとか。なぜその時点で石造りにしようと思わないんですかね……?
橋をいちいち作り直す労力や資金で、もっと別のことができたでしょうに。

さらに、16~17世紀にはまた違った意味で悪いイメージがついてしまいます。謀反人の首をさらす場所にされてしまったのです。京都の四条川原や六条河原みたいなものでしょうか。
この習慣は1660年に取りやめられていますが、一度悪いイメージがつくとなかなか払拭できないのは古今東西あるあるですよね。

そんなこんなで、1831年にやっと大理石造りに、1972年にコンクリート造と進化し、ようやく「落・ち・た♪ 落・ち・た♪」という状態から脱却しました。やっとか!
現在のロンドン橋は非常に地味なため、タワー・ブリッジのほうがよけいに見栄えがする感じになってしまっています。
まあ、日本橋(東京のほう)も今はただの首都高にしか見えませんし、よそ様のことはいえないかもしれません。「橋のほうが移動しろ」なんて暴言を吐いた都知事もいましたし(#^ω^)

夕暮れのロンドン橋/Wikipediaより引用

 

学校でよく流れる、あの「キーンコーンカーンコーン」が

もうひとつロンドンの「細長い名所」といえば、やはりビッグ・ベンでしょうか。
といっても、これは上記の二つと違い、愛称です。

あの建物の正式名称は、現在は「エリザベス・タワー」となっています。2012年に現在のイギリス女王・エリザベス2世の在位60周年を記念して改名されました。
それまでは「クロック・タワー」が正式名称だったそうです。なんだか「シャキンシャキンシャキン」という音が聞こえてきそうですね。

もともと「ビッグ・ベン」は塔や大時計のニックネームだったので、今も使える呼び名なんだそうです。この件に限りませんが、よく使われるからこそ「愛称」なわけですしね。最近は近隣を通る地下鉄の影響で、地盤が傾いているそうですが……。まあ、イギリス近辺には地震がありませんし、たぶん大丈夫でしょう。

夕暮れのビッグ・ベン/Wikipediaより引用

ちなみに、ビッグ・ベンの鐘の音が、日本の学校でよく流れる「キーンコーンカーンコーン」です。正式な曲名は「ウェストミンスターの鐘」というそうで、イギリス議会公式サイトでダウンロードできます。どちらかというとメロディより反響音のほうがデカい気がしますが、ちゃんと「キーンコーン(ry」も聞こえます。学生さんの目覚ましにいいかもしれませんね。

この三つの名所は、テムズ川の上流から下流に向かってビッグ・ベン→ロンドン橋→タワー・ブリッジの順に並んでいます。
バッキンガム宮殿やセントポール大聖堂、ロンドン塔もこの三つの近辺にあるので、テムズ川沿いに巡ると効率よく回れそうですね。

長月 七紀・記

参考:タワーブリッジ/Wikipedia LONDON navi ロンドン橋/Wikipedia タワー・ブリッジ/Wikipedia ロンドン塔/Wikipedia




スポンサーリンク


 





1位 伊集院須賀
西郷隆盛最初の妻、どんな人?


2位 徳川慶喜一橋慶喜
西郷どん・ヒー様の正体?


3位 橋本左内
風間俊介さんで西郷どん登場!


4位 月照
西郷とBL?的な清水寺住職


5位 明治天皇
その功績とエピソード


6位 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


7位 ホントは熱い!徳川家康


8位 勝海舟
異端の幕臣は西郷に何を


9位 桂久武
西南戦争に突如参加の親友


10位 阿部正弘
幕府を支える若きエリート老中



注目! 安藤百福まんぷくモデル
50歳からチキンラーメンを開発!


注目 日露戦争
なぜ日本は勝てた!?




わろてんか毎日の感想レビュー

-イギリス, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.