日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 中南米

メキシコの歴史 古代テオティワカンに始まりスペイン統治の過酷な植民地時代を経て独立するまで

更新日:

 

人間が一人前になるまでにはさまざまな障害や過程があり、国家もまた然り。
特に、植民地として他国の支配を長く受けていた場合、その厳しさは想像を絶するといっても過言ではありません。国民に同じ目的があったとしても、すぐに団結できるわけではないですからね。
本日はその一例である、アメリカ大陸のあの国のお話です。

1810年(日本では江戸時代・文化七年)9月16日は、メキシコ独立革命が始まった日です。

メキシコといえばタコスやサボテン、お酒が好きな人にとってはテキーラあたりが連想されますかね。
日本史では、西洋との中継地点としてメキシコの名がたびたび出てきますね。
本日は、メキシコそのものの歴史をざっくりとみていきましょう。

 

紀元前8,000年頃からトウモロコシの栽培をしていた

メキシコには、かなり古い時代から文明が生まれていました。
推定2万年前と思われる遺跡が見つかっていますし、紀元前8000年ごろにはトウモロコシの栽培が始まっていたといいます。

そして紀元前2世紀ごろには、テスココ湖という舌を噛みそうな名前の湖の東に、テオティワカンという大きな都市が築かれました。
また、南にはクィクィルコというこれまた早口言葉のような都市があったといいます。しかし、近隣の火山の噴火によってクィクィルコは壊滅してしまい、テオティワカンが経済・軍事ともに随一の存在になりました。
グアテマラのほうまで支配下に置いていたそうですから、かなりの力を持っていたことがうかがえますね。

また、最近の調査でテオティワカンにはウサギの養殖場があり、安定して食肉を生産していたらしきことがわかったそうです。
この時代、メキシコ近辺には大型哺乳類が生息していなかったため、他にタンパク源になるような動物がいませんでした。そのため、ウサギの肉が食生活の重要な位置にあったと思われます。

テオティワカン/wikipediaより引用

テオティワカン/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

英雄・テソソモクが現れ、後にアステカ帝国ができる

しかし、栄枯盛衰は世の習いです。
テオティワカンも7世紀頃には廃れて破壊され、小さな都市が乱立する時代になりました。

やがて戦争・環境破壊による食糧難・気候の変化・流行病などによって、そういった都市も疲弊し、大きな国ができることなく時代が進んでいきます。

そして、14世紀の後半に、テスココ湖の西にあったテパネカという国に英雄・テソソモクが現れました。
彼の傭兵だったアステカ族がテソソモクの死後にリーダーとなり、かの有名なアステカ帝国ができたのです。
アステカは、メキシコ中南部~南部を支配する大帝国へ成長しました。
また、アステカより少し北には、タラスカ王国という別の国があり、アステカと並び立つ存在だったとされています。
どちらもピラミッド型の神殿や大都市を築く建築技術、天文学や宗教、暦の発明、数学の発達がなされていた国でした。どれも関係がある学問ですよね。

ですが、その繁栄も長くは続きませんでした。
コロンブスによってアメリカ大陸が”発見”されると、アステカ帝国にも西洋人がやってきたのです。

 

スポンサーリンク

スペイン人の侵略から2年でアステカ滅亡

1519年にスペイン人のエルナン・コルテスがメキシコへやってきたとき、皇帝モクテスマ2世は「神の化身がやってきた」と信じ、喜んで招き入れたといいます。
これは、アステカの神・ケツァルコアトルが「白い顔の男」の姿でやってくるという伝説があったからです。

コルテスはアステカ帝国と敵対していた国を味方につけ、たった2年でアステカ帝国を滅ぼしてしまいました。
スペイン人が麻疹(はしか)や天然痘を持ち込んだことも、アステカ人が弱った原因だといわれています。これはコルテスの計算外だったでしょうけれども。
モクテスマの甥で最後の皇帝・クアウテモックは船で逃げようとしたところをスペイン軍に捕まり、処刑されてしまいました。

そして、アステカの首都テノチティトランは破壊され、今のメキシコ市の原型が作られます。この辺のお話は以前も取り上げましたので、気になる方はどうぞ→過去記事:アステカ帝国の死亡フラグ それは平和の神・ケツァルコアトルだった

こうしてメキシコは「ヌエバ・エスパーニャ(新スペイン)副王領」として、中米地域のスペイン植民地の中心となりました。

テノチティトランの市場模型/wikipediaより引用

テノチティトランの市場模型/wikipediaより引用

 

人口は2500万人から100万人に減っていた

この時代、植民地になるということは、地上の地獄になるも同然。
相変わらず麻疹や天然痘などで多くの先住民が命を落とした上、スペイン人の苛政により、さらに人口が激減していきます。
推定で約2500万人が約100万人まで減ったというのですから、とんでもないペースですよね。

スペイン本国は基本的に「植民地のことは現地で好きにやれ」という方針だったので、植民地政府がやりたい放題だったことも、悪い意味で相乗効果を与えたと思われます。一昔前の時代劇によく出てきた悪代官みたいな感じですかね。

また、現地人とスペイン人の混血が進み、メスティーソと呼ばれる人々が増えていきます。
彼らが後々、メキシコの歴史の一翼を担うようになります。

一方で、西洋人側にもメキシコの窮状を憂える人はいました。
カトリックの司祭だったラス・カサスが、スペイン王室に植民地の窮状を訴えたのです。そして1550年には「バリャドリッド論争」と呼ばれる議論が交わされたものの、あまり改善はされませんでした。

1546年にサカテカスなどの銀山が発見されたことにより、メキシコはスペインの財政を大きく担うことになっていたのですが……案の定、メキシコの人々がその恩恵を受けることはありませんでした。
当時スペインはオランダ独立戦争や、清との貿易などで多額の費用を必要としていたので、ほとんどがそういった用途に使われてしまったのです。まあ、その他にも王侯貴族の贅沢に使われたのですが。

 

クリオーリョ(植民地生まれの白人)たちも独立を目指す!

そんなこんなでメキシコの人口はなかなか増えず、都市機能にも影響が出始めました。
さらに、1631年に現地住民の徴用制度が廃止され、クリオーリョ(植民地生まれの白人)の地主が現地住民・メスティーソを小作人としてこき使う構図が定着し、一進一退……が過大評価になりそうな状態が続きます。

さらに、18世紀半ばに農業改革が進み、やっと経済がマシな状態になったところで、スペイン本国出身者しかお偉いさんになれないという露骨な差別制度ができてしまいます。
同じ白人であるはずの、クリオーリョですら政治に参加できなくなってしまったのです。

現地住民やメスティーソ、奴隷として連れてこられた黒人系の人々は言わずもがな。
しかし、18世紀後半にすぐ北でアメリカ独立戦争が起き、ヨーロッパでもフランス革命が起きると、クリオーリョたちが「俺達も独立してみせる!」と立ち上がりました。
最初は弾圧されたものの、ヨーロッパでナポレオンが台頭したことが間接的に後押しになりました。

ナポレオンが兄・ジョセフを無理やりスペイン王にしたため、ヨーロッパでスペインvsフランスの戦争が始まったのです。つまり、本国が植民地の反乱に構っていられなくなったということになります。
スペインの植民地だったメキシコなども「いきなりわけわからんフランス人の王様とかマジ勘弁」と反逆し、ついでに本国からの独立も試みました。

こうして1810年のこの日、メキシコ独立革命が始まります。

 

ナポレオン戦争が収束すると本国からスペイン軍がやってきて……

当初、独立運動の中心になったのはミゲル・イダルゴという名の司祭でした。

それがやがてクリオーリョなどの白人富裕層vsそれ以外の住民という構図に変化。独立運動は順調に行かず、翌年にイダルゴは捕らえられて処刑されるという、最悪の結末を迎えました。

しかし、イダルゴの部下だったホセ・マリア・モレーロス神父が遺志を引き継ぎ、主要な都市を攻略して、1813年11月にメキシコ共和国の独立を宣言しました。
1814年には憲法の制定も行われましたが、まだクリオーリョたちの協力を得ることができず、頓挫してしまいます。

このタイミングで、ヨーロッパではナポレオン戦争が収まってしまいました。つまり、スペインの後顧の憂いがなくなったのです。さっそくスペイン軍は、おいたをする植民地をしばき倒しにかかりました。

モレーロスはスペイン軍に捕まり、1815年に処刑。
同じタイミングでほとんどの指導者も処刑され、メキシコ独立運動は一時、ゲリラ活動レベルにまで縮小してしまいます。

 

「俺達の目的は一緒なんだから、力を合わせよう!」

しかし、南米でシモン・ボリバルやサン・マルティンが活躍し、スペインの植民地を開放していくと、メキシコでも「俺達もこのままでいいのか?」という考えが広まりました。
かつて独立に反対していた、クリオーリョたちもスペインへの抵抗に傾いていったのです。

そして、クリオーリョの軍人アグスティン・デ・イトゥルビデがメスティーソ・現地住民を主とする独立派と、クリオーリョを中心とする保守派を「俺達の目的は一緒なんだから、力を合わせよう!」と説得してまとめあげることに成功しました。

そんなわけですったもんだの末、ひとまとまりになったメキシコの人々は、めでたくスペイン軍を追い返し、1821年に独立を達成しました。
その後もアメリカとの戦争やフランスのいらない干渉などなど、メキシコの試練は続きますが……まあその辺は日を改めましょう。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:メキシコ独立革命/wikipedia メキシコの歴史/wikipedia 古代メキシコの先住民、ウサギを食用に飼育か 研究/AFP BB NEWS

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 中南米

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.