日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

大槻玄沢とは? 杉田玄白と前野良沢からその才を愛された医師

更新日:

何かの道で才能を発揮する方には、「元からスゴイ人」と「磨けば光る人」がいますよね。
ダイヤモンドだって研磨などの処理をしなければ、あれほどには輝きませんし、水晶のようにパッと見て美しさがわかるものもあります。
本日は周囲の協力者達によって磨かれ、その才能を発揮した、とある江戸時代の人物をご紹介しましょう。

宝暦七年(1757年)9月28日は、蘭学者で医師の大槻玄沢が誕生した日です。

何やら見覚えのあるような、ないような名前だと思った方もいらっしゃいそうですね。
その辺の謎を解きつつ、彼の生涯を追っていきましょう。

【TOP画像】大槻玄沢/wikipediaより引用

 

玄白と良沢から一字ずつ貰って

玄沢は、一関藩(現・岩手県)の医師の家に生まれました。
9歳のとき父が藩医となり、お偉いさんとの接点ができています。

その後、地元の医師に弟子入りし、22歳のとき江戸へ遊学。
杉田玄白の私塾に入り、玄白からは医学を、「解体新書」の共著者である前野良沢からはオランダ語を学び、着々と学を修めていきました。
「玄沢」は玄白と良沢から一文字ずつもらった通り名なんですね。本名は「茂質(しげかた)」だそうです。

師匠たちの縁で、玄沢は仙台藩の江戸詰め藩医・工藤平助とも知り合います。
そして、良沢が『玄沢を地元に帰すのは惜しい』と考えていることを知った平助は、一関藩主・田村村隆にかけあい、玄沢の遊学期間延長許可を取り付けてきてくれました。
「なんでよその藩に口出しできるの?」という感もありますが、一関藩は仙台藩の親戚が治める支藩のようなものだったので、話が通りやすかったと思われます。

こうして、いろいろな人に見込まれてさらに学ぶ機会を得た玄沢は、その期待に応えて見識を深めることになります。

教科書でもお馴染みの杉田玄白さん/wikipediaより引用

教科書でもお馴染みの杉田玄白さん/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

仙台藩医・江戸詰めとなり、江戸で私塾を開く

28歳になると、今度は長崎への遊学を許可され、オランダ通詞(通訳)の家に下宿しながらオランダ語を磨きました。

再び江戸に帰った後は、平助の推薦で彼と同じ仙台藩医・江戸詰めを命じられています。玄沢は非常に感謝し、平助の家(工藤家)と親しく付き合うようになりました。
地元への愛着もあったでしょうが、学ぶとなったらやはり江戸がいいでしょうからね。新しい治療や薬を使うにも、地方ではなかなか理解されにくかったでしょうし。

こうして江戸に定住することが決まった玄沢は、32歳のときに江戸で私塾を開き、後進の育成にも力を注ぎはじめます。
師の「解体新書」の改訂など、著作活動も積極的に行いました。彼の著書は生涯で300冊にもなるといいます。
どんだけ仕事してるねん。それでいて長生きしてるあたりがスゴイ。玄沢が健康法に関する本を書いていたら、今頃ベストセラーになってたでしょうね。

ご存知、「解体新書」も歴史の授業でお馴染みですね/wikipediaより引用

ご存知、「解体新書」も歴史の授業でお馴染みですね/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

オランダ正月でパーティー開かなあかんねん

さて、上記のように、玄沢は非常に人付き合いがうまかったわけですが、その証左になりそうな点がもうひとつあります。
彼は、「オランダ正月」という行事を行っているのです。「紅毛正月」や「新元会」とも呼ばれたこの行事、もちろんオランダ人に関係があります。

玄沢は長崎に遊学していた際、「暦が違うため、西洋の新年は日本の新年とは日付がズレる」「長崎では、西洋の新年に宴を開いている」ということを知りました。
そして37歳のとき、江戸へのあいさつにやってきたオランダ商館長と共に、江戸でもこの宴を開こうと思い立ったのです。

お師匠様の玄白・良沢を招き、そのお仲間の蘭学者や西洋好きの面々も集まって、賑やかなパーティーだったようですよ。

このパーティーは、玄沢の死後、息子・磐里が引き継いで、磐里が亡くなる天保八年(1837年)まで毎年続きました。
しばらく後に磐里の弟・磐渓が「奥羽越列藩同盟の結成に関わった」として、戊辰戦争の戦犯にされているので、ギリギリのタイミングだったかもしれませんね。

ちなみに、磐渓は老体であることからすぐに罪を許され、ほとぼりが冷めた明治六年(1873年)にオランダ正月を再開させました。
磐渓自身が開国派だったということもあるでしょうが、トーチャンの偉業を受け継ぎたいと思ったのかもしれませんね。
ええ話や。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:大槻玄沢/wikipedia オランダ正月/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.