日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 源平 鎌倉・室町時代

新田義貞の次男・新田義興 鎌倉奪還のため挙兵するも「矢口の渡し」で絶命す

更新日:

 

歴史の中心となるのは、やはりそのときどきにおける勝者です。
しかしもちろん、敗者となった人々にも矜持や理念があり、それが後世の人にとって魅力的に映ることも珍しくありません。
いわゆる「滅びの美学」です。
海外の方からすると理解し難いそうですが、日本人にとっては馴染み深い概念ですよね。本日はその一つ……になりそうな、あの一族のお話をいたしましょう。

延文三年=正平十三年(1358年)10月23日は、江戸高良が落雷に遭った日です。

これだけだと「ああ、運の悪い人だなあ……お気の毒に」という感じですが、ここに至るまでの経緯を見ると「これじゃあしょうがないかも」と思う方が多いのではないでしょうか。
順を追ってみていきましょう。

新田義興/Wikipediaより引用

新田義興/Wikipediaより引用

 

観応の擾乱で足利家が同士討ちをしている間に……

「延文」と「正平」の、2つの元号からお察しいただけるかもしれませんが、当時の日本は南北朝真っ只中。
楠木正成や新田義貞は既に亡くなっており、(後世から見て)主だった人物は舞台を去っていましたが、その子供たちによる争いはまだ続いていました。
その中にいたのが新田義興。義貞の次男です。

義興は父が亡くなった後、越後に潜伏して機をうかがっていたとされています。
そして、観応の擾乱(足利家のお家騒動みたいなもの)が始まると、親族や奥州の武士と呼応して兵を起こし、鎌倉を奪おうとしたのですが、足利尊氏の反撃で失敗。話(物理)は尊氏の死後までもつれこみます。
そして延文三年=正平十三年(1358年)、再び義興らは鎌倉を奪うために挙兵しました。

これに対し、尊氏の息子で鎌倉公方を務めていた足利基氏たちは、部下に義興軍の迎撃を命じます。
この部下の中にいたのが江戸高良です。
戦でなかなか勝てないので、別の人が義興に美人局(つつもたせ・いわゆるハニートラップ)を仕掛けてみたりしたのですが、これもうまくいかず、高良にも話が回ってきたそうです。

高良は一計を案じ、義興一行の十数名を武蔵国・多摩川にあった「矢口の渡し」というところで罠にかけて殺害しました。
渡し船に乗っているところで、櫓(船を漕ぐアレ)を落としたと見せかけ、「探しに行く」と偽って船底の栓を抜いたそうです。さらに矢を射かけ、義興は「もはやこれまで」と観念して腹を切った……といわれています。

『神霊矢口之渡』 /Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

高良への落雷は義興殺害からわずか13日後だったので

そろそろ話の流れが読めてきた方もおられるでしょうか。
そう、658年前の今日この日、高良が落雷に遭ったのは、義興の祟りだといわれているのです。なんせ義興が謀殺されてからたった13日しか経っていません。当時の人からすれば、恨みの強さが現れている……とみてもおかしくない話です。

義興は、義貞側室の子であり、父からはあまり好かれていませんでした。
しかし後醍醐天皇に認められてやる気を出し、一族再興のため、父の無念を晴らすために挙兵したあたりが、健気でもあり純朴でもあり。それが戦で負けて死ぬのならともかく、謀略で殺されてしまったのですから、恨み骨髄に徹するというものでしょう。
まぁ、計略も戦のうちですけれども、義興には卑怯としか思えなかったのでしょうね。

現在この付近(東京都大田区矢口)にある新田神社は、義興の霊を慰めるために建てられたものです。神社で祀られるようになってからは、義興の霊も鎮まったようで、地元の人や旅人の守り神になりました。

幽霊や祟りや神様が実在するかどうか――それはまた別の話ですが、恨みを晴らした後にサッと大人しくなるあたりに、何となく人間だった頃の性格がうかがわえる気がしますね。祟り神を祀る神社は多々ありますけれども、この21世紀になってもバリバリ怨霊な感じの神様もいらっしゃいますすし……くわばらくわばら。

余談ですが、新田神社のホームページがかなり気合入ってて面白いです。神主さんが動き出したとき吹いた(スミマセン)

 

スポンサーリンク

義興には生存説も存在……阿波に落ち延びた!?

さて、上記の通り義興は次男なわけですが、長男や他の兄弟はどうしていたのでしょうか。

長男は義顕という人で、実は義貞の存命中に亡くなっています。義貞とともに北陸で北朝への抵抗を続けていましたが、足利軍から兵糧攻めを受け、進退窮まって自害しました。
まだ20歳だったといわれています。

長男の義顕が早くに亡くなり、次男の義興は側室の出……ということで、新田家は正室生まれの三男・義宗が家を継ぎました。といっても、義興と義宗はそこそこ仲が良かったらしく、上記の鎌倉攻めの際には協力しあっています。こういうの珍しいですよね。

ただ、義興が謀殺されたため、新田軍はさらに弱まってしまいました。義宗は越後・上野(現在の新潟県・群馬県)あたりで戦い続けたものの、沼田で敗北し、戦死したといわれています。
例によって義宗には生存説も存在していまして、「再起をうかがっていたものの果たせず、出家して一族の菩提を弔っていた」「阿波(現・徳島県)に落ち延びた」などがあります。
「源義経がチンギス・ハーンになった」
真田幸村(信繁)が秀頼を連れて薩摩へ逃げた」
など他の生存説に比べると、いかにもリアルな話ですね。いったん阿波へ逃げた後、仏門に入ったというのもありそうです。

沼田には義宗像と伝わる木像がある他、家臣の建てたとされる義宗のお墓も存在しているそうで。
義興も「お寺で乱暴すんな」(超訳)という触れ書きを出したことがありますので、義貞の息子たちは寺社や家臣との関係も良かったと思われます。

こうなると義宗の代で新田家滅亡か……とも思えますが、もうちっとだけ続くんじゃ。

 

新田家嫡流の血はここで絶えてしまった

その後、義宗の子(義貞の孫)・貞方が信濃で隠れ育ち、さらにその子(義貞のひ孫)・貞邦と共に兵を挙げました。当時は南北朝が統一しかけてポシャり、さらにときの鎌倉公方・足利満兼が病気になったので、またとない機会と思われたのです。

しかし、関東の旧南朝方に連絡を取っていたところ、逆に鎌倉公方へ通報され、捕まってしまいました。
貞方・貞邦ともに、鎌倉の七里ヶ浜で斬られたといわれています。

七里ヶ浜はかつて義貞が鎌倉への奇襲をかけたところでしたので、二人の無念はいかばかりか……と思うと、なんとも言えない気持ちになります。
しかも貞邦には子供がいなかったため、新田家嫡流の血はここで絶えてしまいました。一応、他の系統では残っているようなのですが、史料に乏しくはっきりしていません。

栄枯盛衰は世のならい――。
とはいえ、新田氏の流れをくんでいると自称した家康とその子孫が栄えたことを考えると、何だかなぁという気もしますね。
まぁ、家康が主張したのは新田家の嫡流ではないんですが、その辺の話はまたいずれ。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:新田神社 今日は何の日?徒然日記 新田義興/Wikipedia 新田義顕/Wikipedia 新田義宗/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 源平, 鎌倉・室町時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.