日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代 災害・事故

1979年にも水蒸気爆発を起こしていた御嶽山 2014年の悲劇は歴史の教訓を軽視したせいなのか

更新日:

 

歴史に全く興味のない人から「昔のことを知ってもしょうがなくない?」と言われたこと、ありません?
歴史好きからすると何とも悔しく哀しいコメントですが、「歴史には色々な真理が詰まっていて、現代人にも勉強になるよ!」と言い返したところで「ふーん」ってな顔をされるだけで、多くは黙り込むしか方策はないような気がします。

しかし、過去を知ることで確実に効果の見込めるものもあります。
災害史です。
地震や火山など。その地方で起きた災害を知ることで対策できることは多々あり、たとえば救助までの3日分の水・食料は自宅に保存しておくとか、あるいはつい最近の事例であれば東日本大震災のときに三陸沖地震の津波を警戒してスグに逃げることができた人もおりました。
本日はその一例、ごくごく最近の災害のお話をさせていただきます。

1979年(昭和五十四年)10月28日は、長野県の御嶽山(おんたけさん)で水蒸気爆発が観測された日です。

この山の名前を聞くと、2014年の噴火を連想される方も多いでしょうね。
本日は御嶽山の歴史や災害について触れていきますので、何らかの理由で読むのが辛くなる方もおられるかと思います。そういった場合は、恐れ入りますがページを閉じてくださいますようお願いします。

御嶽火山の地形図/wikipediaより引用

御嶽火山の地形図/wikipediaより引用

【TOP画像】2014年噴火後の御嶽山/wikipediaより引用

 

人類の歴史上では「死火山だ」と思われていたが……

かつて御嶽山は、有史以来、噴火したことがない山だと思われていました。
最近の研究では、数十万年前と約一万年前~5000年前にたびたび小規模な噴火を繰り返していたことがわかっていますが、人間の歴史と全くかぶっていないために、長い間「死火山だ」と思われていたのです。
また、774年と1892年に噴火活動があったという記録が存在するものの、これは現在では否定されています。
おそらくは直接見ていない人が伝聞で書いたか、別の山と取り違えたものでしょう。

御嶽山は山岳信仰の対象となっていた山でもあり、かつては厳しい潔斎を行ってから入るところでした。女人禁制でもありました。
明治時代に他の寺社同様女人禁制が解かれてから、郵便局が設置されたり、道路が作られたりと開発されるようになっていきます。その分、人の出入りも増え、いつしか「登山初心者にも登りやすい山」として知られるようになります。

しかし、1979年のこの日、人類の歴史上においては初めての活動期が訪れたのです。

噴火というとマグマや火砕流を連想することが多いですし、火山で”水蒸気”爆発というのもピンとこない感じがしますが、実はそう珍しいことでもありません。日本での有名どころでは、1888年に会津磐梯山、1973年に西之島新島で起きています。
水蒸気爆発では山の形が変わるほどの「山体崩壊」が起き、史書には「○○崩れ」と記載されることがあります。当コーナーで以前ご紹介した、帰雲城(過去記事:天正大地震と共にたった一晩で消えてしまった帰雲城 山腹を削り人も山林も土砂と地中へ……)も、天正地震による帰雲山の山体崩壊で消えてしまったものです。

幸い、1979年の御嶽山における水蒸気爆発は、山体崩壊を起こすまでにはなりませんでした。
それでも、軽井沢や群馬県前橋市にまで灰が落ちていったというのですから、只事ではありません。

その後、付近では1984年に長野県西部地震(M6.8)が起きたり、御嶽山自身でも小規模な噴気活動などが観測されていました。
しかし1979年ほどの活動は見られず、気象庁のほうでも監視・観測を続けながら、警戒レベルは低いとみなしていたのです。
2014年の噴火の際、あんなにも被害が拡大したのは、いくつかの不幸な偶然があったからとされています。

一つずつ見て参りましょう。

継子岳と三ノ池(火口湖)/wikipediaより引用

継子岳と三ノ池(火口湖)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

○登山に関する情報の周知不足

火山以外の山でも、登山客の準備不足や情報不足による遭難等は絶えませんが、御嶽山の場合も似たようなものでした。
噴火の二週間ほど前から火山性地震が観測されていたものの、一旦収まったために「警戒レベルを上げる必要はない」と判断され、一般へ情報が流されていなかったのです。

しかも、御嶽山は「3000m級の中では初心者向け」と各所で紹介されており、家族連れでも安心して登れる山だと認識されていました。
さらに、2014年の噴火当時、御嶽山は紅葉シーズンの始め頃で、より登山者が増えていたといいます。

噴火が起きた時刻が正午直前ということも、悪く働きました。「景色のいいところで昼食を取り、一休みしてから下山しよう」という計画を立てていた人がたくさんいたそうです。
「昼時に災害が発生したために、被害が大きくなった」という点は関東大震災と同じですね……。

 

スポンサーリンク

○避難施設の不足

2つめの理由は、いざというときの避難施設が用意されていなかったことです。
「山の天気は変わりやすい」というのは常識ですから、御嶽山にも天候悪化の際に避難するための小屋はありました。しかし、噴火を想定した作りではなかったので、2014年にはほとんど役に立たなかったのです。
山頂付近の山小屋では、経験豊富な支配人の方がおられ、逃げてきた登山客を誘導して助かった……ということもありましたが、それは本当に不幸中の幸いでした。支配人の方が冷静かつ的確に行動したおかげで、他の方も落ち着いて下山することができたのだそうです。
そういう場所が他に一つでもあれば、戦後最悪といわれるほどの被害は出なかったでしょう。

○噴石の大きさ・火山灰の密度の高さ

後日の調査で「火口から半径1km程度の場所では、最大50~60cmの噴石が最大時速350~720kmで降り注いだ」という想定が出ています。

ちなみに、東海道新幹線の営業中の最高時速は約285km、旅客機のボーイング747が出せる最高時速が1030kmだそうです。
身近なもので置き換えると「石製のダンボールが新幹線と飛行機を足して割ったようなスピードで降ってくる」感じでしょうか。実際には、1立方メートルから軽トラック大にもなる噴石が存在したといいますから、もしこれが当たっていれば……。避難施設があっても逃げ込めたかどうかはわかりませんし、ヘルメットを持っていたとしても同じことともいえます。

 

避難施設の拡充を進めてからの登山や観光地化

これらの状況を踏まえて、非常に気になるのがあります。
なぜ最初に水蒸気爆発が観測された1979年以降に避難施設を増やしたり、情報配信設備の拡充に努めなかったのか、ということです。

御嶽山の山頂付近は木が生えない「森林限界」であります。身を隠す場所がほとんどありません。逆に言えば、そういう場所だからこそ、いざというときのために避難施設を用意しなければならないはず。
むろん、死火山のままだと思われていたときでしたら仕方ありませんが、いったんは水蒸気爆発が起きている山で、避難施設等が十分に用意されずに登山許可が出たり、周辺の観光地化を進めたのは、やはりマズかったのではないでしょうか。

観光客側の意識も改善しなければなりません。が、関連機関も常に最悪のことを考えなければ、いつか似たようなことが起きてしまう可能性があります。他の災害でも同じことです。
そういったことを改善して初めて、犠牲者の弔いも終わるのではないでしょうか。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:御嶽山_(長野県)/wikipediaより引用

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.