歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

明治・大正・昭和時代 災害・事故 その日、歴史が動いた

1979年にも水蒸気爆発を起こしていた御嶽山 2014年の悲劇は歴史の教訓を軽視したせいなのか

更新日:

 

歴史に全く興味のない人から「昔のことを知ってもしょうがなくない?」と言われたこと、ありません?
歴史好きからすると何とも悔しく哀しいコメントですが、「歴史には色々な真理が詰まっていて、現代人にも勉強になるよ!」と言い返したところで「ふーん」ってな顔をされるだけで、多くは黙り込むしか方策はないような気がします。

しかし、過去を知ることで確実に効果の見込めるものもあります。
災害史です。
地震や火山など。その地方で起きた災害を知ることで対策できることは多々あり、たとえば救助までの3日分の水・食料は自宅に保存しておくとか、あるいはつい最近の事例であれば東日本大震災のときに三陸沖地震の津波を警戒してスグに逃げることができた人もおりました。
本日はその一例、ごくごく最近の災害のお話をさせていただきます。

1979年(昭和五十四年)10月28日は、長野県の御嶽山(おんたけさん)で水蒸気爆発が観測された日です。

この山の名前を聞くと、2014年の噴火を連想される方も多いでしょうね。
本日は御嶽山の歴史や災害について触れていきますので、何らかの理由で読むのが辛くなる方もおられるかと思います。そういった場合は、恐れ入りますがページを閉じてくださいますようお願いします。

御嶽火山の地形図/wikipediaより引用

御嶽火山の地形図/wikipediaより引用

【TOP画像】2014年噴火後の御嶽山/wikipediaより引用

 

人類の歴史上では「死火山だ」と思われていたが……

かつて御嶽山は、有史以来、噴火したことがない山だと思われていました。
最近の研究では、数十万年前と約一万年前~5000年前にたびたび小規模な噴火を繰り返していたことがわかっていますが、人間の歴史と全くかぶっていないために、長い間「死火山だ」と思われていたのです。
また、774年と1892年に噴火活動があったという記録が存在するものの、これは現在では否定されています。
おそらくは直接見ていない人が伝聞で書いたか、別の山と取り違えたものでしょう。

御嶽山は山岳信仰の対象となっていた山でもあり、かつては厳しい潔斎を行ってから入るところでした。女人禁制でもありました。
明治時代に他の寺社同様女人禁制が解かれてから、郵便局が設置されたり、道路が作られたりと開発されるようになっていきます。その分、人の出入りも増え、いつしか「登山初心者にも登りやすい山」として知られるようになります。

しかし、1979年のこの日、人類の歴史上においては初めての活動期が訪れたのです。

噴火というとマグマや火砕流を連想することが多いですし、火山で”水蒸気”爆発というのもピンとこない感じがしますが、実はそう珍しいことでもありません。日本での有名どころでは、1888年に会津磐梯山、1973年に西之島新島で起きています。
水蒸気爆発では山の形が変わるほどの「山体崩壊」が起き、史書には「○○崩れ」と記載されることがあります。当コーナーで以前ご紹介した、帰雲城(過去記事:天正大地震と共にたった一晩で消えてしまった帰雲城 山腹を削り人も山林も土砂と地中へ……)も、天正地震による帰雲山の山体崩壊で消えてしまったものです。

幸い、1979年の御嶽山における水蒸気爆発は、山体崩壊を起こすまでにはなりませんでした。
それでも、軽井沢や群馬県前橋市にまで灰が落ちていったというのですから、只事ではありません。

その後、付近では1984年に長野県西部地震(M6.8)が起きたり、御嶽山自身でも小規模な噴気活動などが観測されていました。
しかし1979年ほどの活動は見られず、気象庁のほうでも監視・観測を続けながら、警戒レベルは低いとみなしていたのです。
2014年の噴火の際、あんなにも被害が拡大したのは、いくつかの不幸な偶然があったからとされています。

一つずつ見て参りましょう。

継子岳と三ノ池(火口湖)/wikipediaより引用

継子岳と三ノ池(火口湖)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

○登山に関する情報の周知不足

火山以外の山でも、登山客の準備不足や情報不足による遭難等は絶えませんが、御嶽山の場合も似たようなものでした。
噴火の二週間ほど前から火山性地震が観測されていたものの、一旦収まったために「警戒レベルを上げる必要はない」と判断され、一般へ情報が流されていなかったのです。

しかも、御嶽山は「3000m級の中では初心者向け」と各所で紹介されており、家族連れでも安心して登れる山だと認識されていました。
さらに、2014年の噴火当時、御嶽山は紅葉シーズンの始め頃で、より登山者が増えていたといいます。

噴火が起きた時刻が正午直前ということも、悪く働きました。「景色のいいところで昼食を取り、一休みしてから下山しよう」という計画を立てていた人がたくさんいたそうです。
「昼時に災害が発生したために、被害が大きくなった」という点は関東大震災と同じですね……。

 

○避難施設の不足

2つめの理由は、いざというときの避難施設が用意されていなかったことです。
「山の天気は変わりやすい」というのは常識ですから、御嶽山にも天候悪化の際に避難するための小屋はありました。しかし、噴火を想定した作りではなかったので、2014年にはほとんど役に立たなかったのです。
山頂付近の山小屋では、経験豊富な支配人の方がおられ、逃げてきた登山客を誘導して助かった……ということもありましたが、それは本当に不幸中の幸いでした。支配人の方が冷静かつ的確に行動したおかげで、他の方も落ち着いて下山することができたのだそうです。
そういう場所が他に一つでもあれば、戦後最悪といわれるほどの被害は出なかったでしょう。

スポンサーリンク

○噴石の大きさ・火山灰の密度の高さ

後日の調査で「火口から半径1km程度の場所では、最大50~60cmの噴石が最大時速350~720kmで降り注いだ」という想定が出ています。

ちなみに、東海道新幹線の営業中の最高時速は約285km、旅客機のボーイング747が出せる最高時速が1030kmだそうです。
身近なもので置き換えると「石製のダンボールが新幹線と飛行機を足して割ったようなスピードで降ってくる」感じでしょうか。実際には、1立方メートルから軽トラック大にもなる噴石が存在したといいますから、もしこれが当たっていれば……。避難施設があっても逃げ込めたかどうかはわかりませんし、ヘルメットを持っていたとしても同じことともいえます。

 

避難施設の拡充を進めてからの登山や観光地化

これらの状況を踏まえて、非常に気になるのがあります。
なぜ最初に水蒸気爆発が観測された1979年以降に避難施設を増やしたり、情報配信設備の拡充に努めなかったのか、ということです。

御嶽山の山頂付近は木が生えない「森林限界」であります。身を隠す場所がほとんどありません。逆に言えば、そういう場所だからこそ、いざというときのために避難施設を用意しなければならないはず。
むろん、死火山のままだと思われていたときでしたら仕方ありませんが、いったんは水蒸気爆発が起きている山で、避難施設等が十分に用意されずに登山許可が出たり、周辺の観光地化を進めたのは、やはりマズかったのではないでしょうか。

観光客側の意識も改善しなければなりません。が、関連機関も常に最悪のことを考えなければ、いつか似たようなことが起きてしまう可能性があります。他の災害でも同じことです。
そういったことを改善して初めて、犠牲者の弔いも終わるのではないでしょうか。

長月 七紀・記

【編集部より】

過去の記録で地震を学び、そこで我々はどうすべきか?

実はこうした災害では
【3日間は自力で生きられるように備蓄しておこう】
と国や自治体も言っています。

文句を言ったって仕方ありません。
自分の身は自分で守るだけ。

要は、防災グッズ・避難グッズを予め備蓄しておくということですね。

そこで編集部では実際に購入した防災グッズを紹介させていただきます。
すべてAmazonで調達できますので忙しい社会人のみなさんもご安心を。

 

①保存水

何はともあれ水です。

今回私は、各自治体の防災ページを参考にグッズを揃えましたが、とにかく水の重要性をどこでも強調しております。

【注意事項】
・人が一日に必要な水分は2~3リットル
・3日分で10リットルは最低確保(できれば5日分欲しい)
・10年もつ保存水もある

これまでは2リットルの5年保存水を18本(36リットル)持っており、引っ越しを機に10年保存水を追加しました。

それがコチラです。

500ml×24本を3ケース(36リットル)。

Amazonにて購入しました→ 特殊衣料 カムイワッカ麗水 10年保存水

そして購入してから気づきました。
15年バージョンもあったことをorz

たぶん近いうちに買い増しします(´・ω・`)

【15年保存水】ミネラルウォーター「カムイワッカ麗水 500ml×24本セット」

 

②非常食

水をキープしておけば1週間は生きられる。

とはいえ我が家には幼い娘もいて、食をキープしないわけにはいきません。

さらには『もし、ご近所さんに用意がなかったら?』なんてことも考え、大量に買っておきました。
ご挨拶したお隣さんがイイ人だったんで。

こちらの商品は
非常食セット サタケ アルファ米 永谷園フリーズドライご飯 13種セット 5年保存(amazonにて購入)
となります。

ぶっちゃけ、食えれば何でもいいんですが、どうせなら味がバラバラな方が良さそう、ということで上記13食を3セット。
一日3食で一人3日分ですね。

これとは別に以前から買い置きしておいたのが家族3日分ありますので、まぁ、大丈夫でしょう。

※非常食の中には在庫待ち1~2ヶ月とかございますのでご注意を

 

③簡易トイレ

生活用水で最も必要になるのはお風呂とトイレ。
風呂は我慢ができてもトイレはそうはいきません。

となると水を運んでくるしかなく、災害時にかなりの重労働となります。

お風呂には常に水を張っておくと、非常時にトイレを流すのに助かりますが、どうせなら簡易トイレも用意しておこう――。

ということで実際に買ったのが上記の非常用トイレセットになります。

Amazonで購入→驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (15回分)

凝固剤と袋がセットになっていて、これだけあれば対応可能というタイプです。

想像よりサイズは小さく、隣のスマホと比べていただければと思います。
下駄箱とかに入れておけば、さして邪魔にはならないでしょう。

 

④普段も使えるポータブル充電池

言うまでもなく今はスマホ時代。
情報の多くはここから入ってきますし、誰かに連絡するときも端末が欠かせません。

そこで一番困るのが電源です。

購入したのはバッテリー パソコン 185Wh MAXOAK 超大容量50000mAh モバイルバッテリーというポータブル充電池です。

USBや2種類の電源端子で、スマホだけでなく、99%のノートPCに対応という製品。
普段からノートPCを持ち歩く機会のある人には超オススメです。

通常のAC/DCアダプタに対応したインバータを買おうか?
とも迷ったのですが、長くても5日間であろう厳しい非常時に必要なのは、携帯性の高いポータブル充電池との判断からです。

 

⑤ラジオ

地震当日、あるいは数日間で貴重な情報源となるのがラジオと言います。

停電してしまったらテレビは使えない。
いざというときは電源の確実なアナログ機器の方が強いんですね。

そこで購入したのが
・充電
・手回し充電
・乾電池
・ソーラ
に対応したSONY製品のラジオソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B99(amazonにて購入)です。

なんつーか、ウォークマン世代のおっさんとしてはSONYってだけでひれ伏してしまいますので、いい買い物した感で値段のことは目を瞑れそうです。

 

⑥懐中電灯

懐中電灯はご覧の通り2本購入です。

電池入れっぱなしで液漏れしたりするケースがあるので一つは電池を入れた状態、もうひとつは抜いております。

妻と私、一人一本という使用方法も考慮。
そう高くはない商品なので3つぐらいあっても良かったかもしれません。

もちろんコチラもAmazonで購入、商品名はWsiiroon LED 懐中電灯 XM-L2です^^

 

⑦ガスコンロ

もしも冬に大地震があったら?
絶対に欲しくなるのが温かいお湯類でありましょう。

そこで必須となるのがガスコンロ。
すみません、これだけ撮影を失念しておりましたのでAmazonさんからイワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1です。

撮影を忘れた――というのも私に限らず、普段から持っている方も多いと思うんですね。

つーことでイワタニ カセットガス オレンジ 3本組だけ追加して購入しております。

各種情報によると3本あるとなんとかなるようです。
ぜひとも備蓄を。

 

⑧ポリタンク

簡易トイレも飲料水も確保。
となるとその間の生活用水は事足りているなぁ……。

とは思ったのですが、いざというときに備えてポリタンクも用意しました。

それがロゴス 水缶 抗菌広口水コン16です。
16リットルの水が運べます。

Amazonでの評価は散々(★☆☆☆☆)ですが、試しに水を入れてみたところ問題なかったなぁ、と。
ただ、上記のような折り畳みタイプは万が一のことを考え避けた方が良いかもしれません。

それと!
大事なのが自治体が供給してくれる【水ポイント】ですね。

災害時に配給してくれる箇所がいくつかありますので、ご近所を事前にチェックしておきましょう。
特に、都内近郊で徒歩の方は、ちょっとした距離が響いてきますので^^;

なので肩から下げられるタイプか、あるいはキャリアも一緒に用意しておくと良さそうですね。

 

⑨寝袋

冬場に電気もガスも止まったら。
一番つらいのが暖房でしょう。

自宅での避難生活をするにしても、暖房まったくない状態での夜はかなり堪えます。

そこでの寝袋です。
さすがに雪山で過ごすワケではないので、安価なもので済ませておきました。

Amazon's Choiceにも入っているLICLI 寝袋 「丸洗いできる 封筒型 シュラフ 」なら一つ2,499円。
十分でしょう。

 

⑩小型ランタン

いざ避難生活を迎えたら、夜の灯は懐中電灯だけで足りない――。

そこで便利なのが小型ランタンです。

下に並べたカッターナイフ(標準型のタイプです)と比べてみてください。
小さいですよね。

スペックは小さくありませんよ。
BRISIE LEDランタン 暖色 電球色はUSB充電で50時間もの連続点灯が可能。

しかも電池の使用寿命は100,000時間以上と言いますから、先程紹介しました充電池が一緒にあれば、実質これ一つで乗り越えることが可能ですね。

【買い物情報】
amazon.co.jp




スポンサーリンク


参考:御嶽山_(長野県)/wikipediaより引用

 



-明治・大正・昭和時代, 災害・事故, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.