歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

後三年合戦絵詞/Wikipediaより引用

源平 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

後三年の役をスッキリ解説!源氏と奥州清原氏のカンケーややこしや【受験生必見】

更新日:

歴史を長い目で見てみると、「天の配剤」と思うこともあれば「数奇な運命」としか言いようのないことも多々ありますよね。
偶然というにはデキ過ぎていて、なんとなく神の実在を信じたくなったりもして。本日はそんな感じの、あの戦の後日談にあたるお話です。

寛治元年(1087年)11月14日は後三年の役が終結したとされる日です。

前九年の役の後日談といいますか、”前九年の役の当事者の息子たち同士の戦い”というのが一番わかりやすいかと思います。

というわけで、舞台は東北~関東です。平安時代って、意外と朝廷から離れたところの事件や戦も記録されているんですよね。
早速、本題に移りましょう。

【TOP画像】後三年の役/wikipediaより引用

 

前九年の役で清原氏にチカラを借りた源氏

前九年の役の最終局面で、大きな役割を果たしたのは、出羽(現・山形県)の清原氏でした。
中央からやってきた源氏軍だけでは、謀反を起こした安倍氏(陸奥=宮城・岩手県あたり)に対抗しきれなかったからです。

そこで、当時の源氏軍のトップである源頼義が、近場で勢力を持っていた清原氏に協力を頼み、源氏軍の倍以上の兵を調達してもらうことができたのです。
そんなわけで、この辺で一・二を争う有力者だったのが清原氏ということになります。

さて、前九年の役から二十年ほど経ち、どこの家でも世代交代が起きていました。

後三年の役の頃、清原史の当主は武貞(たけさだ)という人です。彼は安倍氏に属していた藤原経清の未亡人を妻にしており、この未亡人が経清の息子を引き連れてきます。

武貞はこの義理の息子を正式に養子として認め、「清原清衡(きよひら)」という新しい名前を与えます。

そして数年後、清衡にとっては異父弟にあたる家衡が生まれました。
つまり清原氏の中に「安倍氏の血を引く清衡」と「清原氏の嫡流である家衡」という複雑な兄弟関係ができたのです。もうイヤな予感がしますね。

 

スポンサーリンク

清衡か家衡のどちらかを跡継ぎにしていれば問題なかったのに…

武貞が亡くなると、長男の真衡(さねひら)が清原氏の当主となりました。
しかし、彼は男の子に恵まれず、平氏の血を引く家から養子をもらってきます。この養子は成衡と名乗りました。この人の名前は「なりひら」か「しげひら」かわかっていないようです。お好きなほうでどうぞ。
ここで真衡が清衡か家衡のどちらかを養子=跡継ぎにしていれば、話はこじれなかったのですが……。

どうやら、真衡はどうしても皇室の流れをくむ人々と縁を強めたかったようです。平氏の流れをくむ成衡を、源氏の血を引く女性(源頼義の落胤とされる女性)と結婚させ、清原氏の次世代を平氏・源氏のハイブリッドにしようと考えました。
しかし、それでは清原氏本来の血筋は絶えてしまいます。

それでも、高貴な血筋が入るのは好ましいと思われたのか、当初は清原氏の間で問題になることはありませんでした。
話がこじれるのは、成衡の結婚式の席で、ちょっとしたトラブルが起きてからです。

現代同様、結婚式となればあっちこっちから親戚がやってきます。
この時も、真衡の叔父に当たる吉彦秀武(きみこ の ひでたけ)がやってきていました。秀武は清原氏の三代に仕えた重鎮で、所領や配下の兵も多い実力者。このときは大奮発して、大量の砂金で新郎新婦の門出を祝いに来たのです。

 

結婚式のお祝いにやってきた秀武を無視した真衡が逆ギレ!

まずは新郎の父にあいさつを、ということで、秀武は真衡の元を訪れました。
が、真衡はそのとき碁に夢中になっていて、せっかくお祝いしに来てくれた秀武を無視し続けます。当然秀武はブチ切れました。秀武にも配下がいますし、清原氏の本家の人々も見ているわけですから、これでは「真衡は秀武を冷遇している」と言っているも同然になるからです。

顔に泥を塗られた形になった秀武は、砂金を庭にぶちまけて帰ってしまいました。「大盤振る舞い(物理)」とか言ってる場合ではありません。
なぜかこれで、無礼を働いたほうの真衡がブチ切れ、秀武討伐のため兵を挙げます。いや、悪いのアンタでしょ(´・ω・`)
秀武はこれを知ると、真衡にとっては異母弟の二人である家衡と清衡に使いを送り、「一緒に真衡のアホを滅ぼそうぜ!」(意訳)と話を持ちかけました。真衡と、家衡&清衡の間が決してうまくいっていないことを、秀武は知っていたのです。

家衡と清衡はさっそく秀武に協力することを決め、村を一つ焼き払い、真衡の本拠に迫りました。真衡は弟たちとすぐ戦おうとしましたが、家衡と清衡のほうが上手で、秀武との合流のため一時兵を退きます。

ここで、前九年の役でもこの地にやってきていた、源義家が新しく陸奥守になり、東北へやってきました。
真衡は義家のおもてなしのため、国府(県庁所在地みたいなもの)だった多賀城(現・宮城県)を訪れ、出羽を留守にします。

これを好機と見た家衡・清衡は真衡の本拠を攻めましたが、さすがに真衡も家臣たちに留守中のことを言いつけていたため、ものの見事に負けてしまいました。国府の軍も真衡についたため、家衡・清衡は謀反人扱いになるのを恐れ、降伏を選びます。

が、ここでまたしても話がややこしくなります。多賀城から出羽へ戻る途中で、真衡が亡くなってしまったのです。

 

スポンサーリンク

所領を半分に分け、清衡と家衡に与えることにしたが

現代でも、財産分与等が決まっていないうちに被相続人が亡くなってしまうとめんどくさいことになりますが、このときも似たようなものでした。
とりあえず国守である義家が間に入って、真衡個人の所領を半分ずつ清衡と家衡に与えることにしたのです。

これを不服としたのが家衡。彼はなんと、義家に訴えるとか清衡との話し合いもせず、いきなり攻撃を仕掛けて清衡の妻子をブッコロしてしまいます。
清衡は何とか逃げ延び、義家に助けを求めました。

しかし、義家の軍は土地に不慣れな上、季節が冬になってきたため、家衡と戦っても敗れてしまいます。

古今東西、合戦で勝った方にはあっちこっちから更に味方がやってくるものです。このときの家衡には、叔父である清原武衡がつき話を持ちかけました。
「源氏のヤツらに勝ったのは武門の誉れ! この際、金沢柵に移って、上方勢を完全に撃退しよう」(※イメージです)

金沢柵は現在の秋田県横手市金沢中野付近にあたりで、難攻不落の要害として知られておりました。
清衡・義家軍がやってきても、ここは容易に落ちません。そこで、秀武のすすめで兵糧攻めをかけることに決まります。
この頃、兵糧攻め自体はまだあまりポピュラーな戦術ではありませんでした。そのため、この時用いられたのが日本史上初ともいわれています。

元々、この時代の時間感覚は現代よりもかなり長いものです。清衡・義家軍も、長い時間をかけて金沢柵を包囲しました。
そうなると、兵糧攻めをされた方としてはたまりません。女子供の中からは降伏を願い出てきた者も多かったようですが、義家は迷った後、攻略を優先しました。降伏してきた者を皆殺しにしたのです。
これは柵内にも知られ、降伏する者は出なくなり、柵中では食糧が尽きました。家衡と武衡は自ら柵に火を放って逃げましたが、どちらも程なくして首を取られています。

『後三年合戦絵巻』(金沢柵付近 1087年) /wikipediaより引用

『後三年合戦絵巻』(金沢柵付近 1087年) /wikipediaより引用

 

今度は源義家が謀反を起こされかねない状況に

こうして後三年の役では清衡・義家軍が勝ったわけですが、戦後処理は前九年の役ほどうまくいきませんでした。

というのも、前九年の役は「地元の豪族が税を払わないので、中央から軍が向けられた」という戦いでしたが、後三年の役は朝廷からすると「義家が地元の争いに勝手に介入した」というものだったからです。

しかも、後三年の役の間に中央へ収めるべき金などを送らず、勝手に戦の費用にしていたため、これもお咎めを受けました。
そりゃ、税金を横領して自分のやりたいことに勝手に使っていたわけですから、マズイですよね。

義家はこのため、10年ほどの間、朝廷から冷遇されました。

また、収めるはずだった税や金を朝廷に「払ってね^^」と言われ続けています。
自業自得ともとれますが、ここで義家にとって頭の痛いことがもう一つ。

部下への恩賞です。

この頃の武士は、「恩賞をもらって働く」ことを原則にしています。命がかかっているのですから、それ相応の領地なり特権なり、金品・米をもらわないと割に合わないわけです。そりゃそうだ。
あまりにも支払いが遅れると、今度は義家が謀反を起こされて殺されかねません。

 

スポンサーリンク

自腹で恩賞を払った義家 東国武士からの支持率が急上昇!

そこで義家は、私財から恩賞を出します。戦後に懐が寒くなるのも厳しいものですが、命が狙われるよりはマシと思ったのでしょう。

しかし、何が幸いするかわかりません。これが結果的に武士たちへ好印象を与え「義家様は、働いたことにきちんと報いてくれる」と思われるようになったのです。

かくして前九年の役同様、東国武士たちは源氏に好印象を持ちました。これがやはり、後々頼朝の幕府創建を助けることになります。

この戦で一番得をしたのは、清衡でした。
彼は争う相手がいなくなったことにより、清原氏の所領を全て相続し、実の父の姓である藤原を名乗るようになります。これが奥州藤原氏の始まりです。

つまり、奥州藤原氏は源氏の助けを得て興った家だということになります。それが選択を誤り、後々頼朝に滅ぼされてしまうのですから、皮肉というかなんというか。

その源氏も三代で絶えてしまいますし、ホントに諸行無常な話です。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【TOP画像】後三年の役/wikipediaより引用
参考:後三年の役/wikipedia 今日は何の日?徒然日記

 



-源平, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.