歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

御火焚祭とは? 広隆寺の「聖徳太子御火焚祭」をはじめ11月は京都の祭りが熱いとき

更新日:

 

クリスマスやハロウィンが広まる一方で、日本古来の行事は「イマイチ」「長い」「眠くなる」「つまんない」と散々な評判になりがちな……気がします。
しかし、中には「奇祭」と呼ばれて盛り上がりを見せるものもありますし、参列者にもちょっとトクをするようなお祭りもありますよね。
本日はその一種である、京都のお祭りをご紹介しましょう。

11月22日は、京都の広隆寺で聖徳太子御火焚祭(おひたきさい)が行われる日です。

字面だけだと「何となく聖徳太子のお祭りっぽい」ことしかわかりませんね。十七条憲法や冠位十二階の制など、太子の功績については説明を省略させていただき、今回は広隆寺とのゆかりをお話していきましょう。創建されたタイミングは諸説ありますので、共通しそうなところをおおまかに……。

 

もしも当時の建物が残っていたら世界最古の木造建築

広隆寺は、渡来人の家系とされる秦(はた)氏のお寺です。
聖徳太子に「私のところにとても尊い仏像があるのだが、誰かこれを拝もうという者はいないか」と問われ、当時の秦氏当主と思われる秦河勝(はた の かわかつ)が「では我が家で」と応えました。
これをきっかけとして秦氏の氏寺、そして聖徳太子ゆかりの寺としてできたのが広隆寺です。
さらに、聖徳太子は生前から聖人として信仰の対象になっていましたので、こうしたゆかりを持つ広隆寺もまた、太子信仰のお寺になりました。

というわけで、約1400年もの歴史を持っているのですが、残念ながら当時の建物は残っていません。古いほうの説だと、広隆寺の創建年は法隆寺の数年前とされていますので、もしも当時の建物が残っていたら、「世界最古の木造建築は広隆寺」とされていたかもしれませんね。
他には、「最も美しい仏像」と表される”木造弥勒菩薩半跏像”を所蔵しているお寺としても有名です。

見惚れた京大生が指を折ってしまった――そんな事件もあるほどの美しさを誇る広隆寺弥勒菩薩像/Wikipediaより引用

見惚れた京大生が指を折ってしまった――そんな事件もあるほどの美しさを誇る広隆寺弥勒菩薩像/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

江戸時代まではあっちこっちで火を焚く光景がみられた

「御火焚祭」は、文字通り火を焚いて神仏にお祈りをする行事です。
京都の神社やお寺では11月の恒例行事ですが、他の地域だとあまり馴染みがないですよね。
元々は、十月に出雲へ出かけていった神様を再び地元の神社に迎えるためのものだったそうです。ちょっと物騒な例えですが、軍隊の凱旋式のようなものでしょうか。

江戸時代までは、公家の屋敷でもよく行われていたそうです。それぞれの家の役目の守護神や氏神などを、それぞれの縁日に迎えるため、あっちこっちで火を焚く光景がみられたとか。

家によって迎える神様が違ったり、日によって別の神様を迎えたりするので、複数回行う家も珍しくなかったようです。よく火事が頻発しなかったものですね。

例をひとつ挙げますと、藤原氏(摂関家)の流れをくむ冷泉家では、四柱の神様を迎えています。和歌の神様・衣通郎姫(そとおしのいらつめ)は、冷泉家が和歌を家業としているからでしょう。

 

藤原氏ゆかりの大将軍神社や、上御霊神社でも

藤原氏の祖先とされる、天児屋根命(あめのこやねのみこと)を含む大将軍神社も対象とされました。
天児屋根命は春日大社に祀られている神の一柱であり、天岩戸事件の際、占いをしたり祝詞を唱えたりしています。また、天孫降臨の際に瓊瓊杵命(ににぎのみこと)のお供をして地上にやってきたとされる神様です。
現代の会社でいえば社長秘書みたいなイメージですかね。

天児屋根命は元々、関東の鹿島神宮・香取神宮に祀られていたともされているので、藤原氏が「ウチのご先祖様は代々皇室のご先祖様のお供をしてきたんだぜ!」と強調する意味でこのような話を作った、とも取れますが。
天児屋根命のご利益の一つに「国家安寧」があるところがまたなんとも。「ご先祖様、ちゃんと仕事をしますので、何卒お知恵をお貸しください」みたいな感じなら殊勝なことですけれども。

桓武天皇妃・藤原吉子らを祀る上御霊(かみごりょう)神社が含まれているところが興味深いところです。
藤原吉子は謀反の嫌疑で幽閉され、自害した女性でした。上御霊神社は他にも不幸な最期を遂げた人物が多く祀られています。公家の中でも名門中の名門といえる冷泉家が、そうした人々(神)を拝むというのはパラドックスというかなんというか。

他に穀物の神・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ・稲荷神のこと)も冷泉家が迎える神の一柱とされているのですが、正直これはよくわかりません(´・ω・`)
誰もが食べるものですから、誰が祈ってもいい神様ではありますね。

 

スポンサーリンク

炎の中にみかんやまんじゅうも放り投げ⁉

お火焚きの火には、みかんやおまんじゅうを投げ入れることもあります。
当然火の粉が散ってかなり危険なのですが、「火が高く登るほど神様が喜ぶ」とされているので、むしろ歓迎すべきことなんだとか。人間にとっては怖すぎますけどね……。
明治時代に一度だけ、明治宮殿の”室内で”お火焚きをしたことがあるそうなのですけれども、女官の中には怖がっていた人もいたようです。そりゃあな。

現代のお火焚きでも、みかんやおまんじゅうを焼いて振る舞うところがあるようです。聞き慣れないと「みかん焼くの!?」と思ってしまいますが、どちらも甘さが凝縮して美味しいんだとか。
この時期に京都へ出かけたら、お火焚きに参加してみるのもいいかもしれませんね。

お火焚きは曜日に関係なく、毎年同じ日に行われることが多いので、「今年は○○神社、来年は××神社」というように、順繰りに訪れるのも面白そうです。
戦国ファンの方でしたら、11月23日の建勲神社(祭神は織田信長)などは面白いのではないでしょうか。同じ日に車折神社(祭神はかまどの神・奥津彦神と奥津姫)でも行われるようですよ。




スポンサーリンク


長月 七紀・記
参考:京都観光NAVI 広隆寺/wikipedia

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.