日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 伊達家

葛西・大崎一揆をスッキリ解説! 政宗はなぜ「金の磔柱」を背負って豊臣秀吉に謁見したのか

更新日:

戦の話というと、だいたいは武将の戦略や武功、その後の土地(所領)がどちらのものになったか、といった直接的な話が多くなりますよね。
しかし、時代背景と絡めて考えてみると、政治的な動きもなかなかのウェイトになることがあります。代表的なのはやはり、関が原や大坂の役でしょうか。
本日はもう少し規模が小さいながらに、当時の情勢がうかがえる東北の戦のお話です。

天正十八年(1590年)11月24日は、葛西・大崎一揆で、佐沼城の木村吉清・清久親子が救出された日です。

何やら馴染みのない地名や名前かもしれませんが、戦国末期の政治的駆け引きがうかがえる一件でもあります。というのも、関係者が豊臣秀吉を始め、この時期のビッグネームばかりだからです。
まずは事の発端から見ていきましょう。

 

小田原征伐後に改易となった葛西家と大崎家

葛西家と大崎家は、ともに現在の宮城県北部~岩手県南部の戦国大名です。
葛西家は鎌倉時代に、大崎家は室町時代に、この地に縁付いた歴史あるお家柄。
特に大崎家は、代々「羽州探題」という知事のような役割を担っており、葛西・伊達・最上などと併せて東北大名のトップとも言える存在だったのです。

しかし、戦国時代に突入すると大崎家の力が弱まり、東北も群雄割拠状態に突入します。特に伊達政宗の曽祖父・稙宗(たねむね)の時代には、葛西・大崎ともに伊達家に従うようになっていました。

そんなわけで、秀吉が「小田原の後北条を滅ぼすから、全国の大名はワシに味方するように。来ないとどうなるかわかってるよな^^」(超略)という命令を出したとき、葛西家も大崎家も独断で兵を出すことはできませんでした。
伊達家でも秀吉に味方すべきかどうか意見が割れ、ギリギリまで政宗が出発できなかったからです。

政宗はすったもんだの末に小田原へ出向き、詫びを入れて何とかなったものの、葛西・大崎両家は不参加のまま……。そして改易を食らうことに。
新たに木村吉清という人物が両家の領主に決まったのですが……この人選がよくありませんでした。

 

スポンサーリンク

人手不足から統治がガタガタ……そして一揆へ

吉清は、武功や事務手続きの手際を見込まれて出世した人物であります。
実力主義で這い上がってきた方で、元々の身分は高いとはいえません。よって、二つの大名家が持っていた領地を治めるほどの人手が、彼の家中だけでは絶対的に不足していました。
しかもナゼか秀吉は人員を補充してくれません。自身が天下人となり色々と甘く見てしまったんでしょうかね。
そこで吉清は、現地で手当たり次第に武士へ取り立てて補おうとしました。

が、農民上がりでいきなり統治に関する仕事がうまくやれるはずもなく、葛西・大崎の旧臣たちからすれば「なんだあいつら、まともに仕事もできないのか!」と激おこ状態。実害を受けた農民たちからすればそれ以上だったでしょう。
しばらくは浅野長政(当時は長吉)が目付役としていろいろやっていたので、問題が表面化することはなかったのですが、長政が帰った途端に紛争が起き、その半月ほど後に一揆が本格化します。

これに対し、吉清と息子の清久は相談して解決を図ろうとしますが、一揆勢に囲まれて城から出られなくなってしまう――という最悪の事態に陥りました。
一揆勢のほうには葛西・大崎の旧臣たちがたくさんいる上、領民とも馴染みがあるので士気も統率も良く、あっという間に旧領回復同然の状態になったのです。

長政は帰京の途中で白河城に滞在しており、一揆の知らせを受けて蒲生氏郷と伊達政宗に解決を命じました。
氏郷と政宗は相談の上、11月16日から軍を動かすことに決めます。

しかし、11月15日になって事態はにわかにキナ臭くなって参ります。「あの一揆は政宗が扇動しているんです!」と蒲生家に訴える者が現れ、単なる一揆掃討では収まらなくなったのです。
政宗さんだけに、こりゃ何かあるぞ!と期待してしまうのは現代人のよくない見方かもしれませんが、それを裏切らないだけに政宗さんであり……。

 

スポンサーリンク

「政宗がヤバくて動けない!」氏郷が秀吉に訴える

蒲生へ訴え出た者の話は信憑性の高いものでした。
一揆を先導する旨の密書が政宗の右筆の手で提出されたこと。
「伊達軍は空砲を撃っている=戦うつもりがない」という証言があったこと。
こうした状況から、蒲生氏郷は「このまま出撃すれば、伊達軍と一揆勢に囲まれて殲滅されてしまう」と考えます。

そこで氏郷は単独で行動し、一揆勢に落とされていた城を占領、籠城戦の支度を始めました。
同時に秀吉へ「政宗がヤバそうなのでうかつに動けません」(超略)と報告しています。用心深すぎる感もありますが、一方で織田信長にも気に入られたエリート氏郷の手際の良さがわかりますね。

この報告を受け、秀吉は石田三成に現地での対策を命じました。しかしまぁ、また角の立ちそうな人を選んだものです。
秀吉って能力がある人を抜擢するのは非常に上手いんですが、他の欠点に目が行かない傾向がありますよね。三成しかり、木村親子しかり。

ともかくこれでハラハラし始めたのは、当然政宗です。
当初は「いっけねバレた(>ω・)」くらいの気持ちだったでしょうけれども、黙っていると良くて改易、悪くて物理的に首が飛ぶので、対策を始めました。
直ちに木村親子を救出し、異心のない証拠として氏郷に預けたのです。

それでも氏郷は信用せず、政宗に人質を要求しました。この辺は氏郷の完璧主義というか、「念には念を」という考え方が見て取れます。
政宗はいわれた通りに、親戚かつ重臣の伊達成実と国分盛重を差し出しました。

一方、一揆勢の元主君である大崎義隆は騒動のことを知らず、秀吉に直接詫びを入れるために京都に出向いていました。
秀吉はこれを良しとして、「検地が終わったら1/3だけ戻してやんよ」と約束し、朱印状を出すのですが……その結果はまた後ほど。

 

私の書状には花押のセキレイに針の穴が開いております

さて、年が明けてから、氏郷は動き始めます。まずは木村親子を連れて会津に戻りました。
同じ頃に三成が到着し、「何か言い訳があるなら、京でワシに直接言え」という秀吉の命令を伝えました。
政宗はここでも言われたとおりにし、上洛して秀吉に弁明の機会を求めました。

一見、殊勝にも見える行動ですが、政宗劇場の始まり始まり~!

なんと、金の磔柱を掲げて京に入った上で、次のような啖呵を切ったのです。
「私はいつも、書状が偽造されないように細工をしています。
花押のセキレイの目に針で穴を開けているのです。このことは私以外の誰も知りません。
謀反の証拠だというその書状に、セキレイの目はあるのですか?」
秀吉はこれを聞いてから、手元にある政宗からの他の書状を見くらべて「おお、本当じゃ。こちらの書状にはセキレイの目があるのに、謀反を企てている書状にはそれがないぞ! 疑ってすまなんだの」とあっさり疑いを解いた……といわれています。

が、現在残っている政宗の書状に、“セキレイの目が開いているものは存在しない”とされています。
つまり、秀吉が持っていた他の書状にも、セキレイの目がなかった可能性が高いわけです。
「当時はセキレイの目を開けていたが、この一件で秀吉にバラしてしまったので、使わなくなった」というパターンもありえますが……大なり小なり信憑性は減りますよね。

というわけで、秀吉は政宗の嘘に気付いた上で、わざと気付かないふりをしてやった可能性が高くなります。
なぜそうしたのか……正確なところは秀吉のみぞ知るというところですが、おそらくは「東北に新参を行かせるとめんどくさいことになるようだ。ここは地元でよく知られている政宗を使ったほうがうまく行くだろう」と考えたのではないでしょうか。

イラスト・富永商太

イラスト・富永商太

 

犠牲を払いながら一揆勢を掃討かつ皆殺し

ただし政宗を完全に信用したわけではないので、秀次と家康にも東北へ行くように命じています。
二人にとっては「東北行きとか勘弁して」って感じだったでしょうねえ。どっちも比較的温暖な地域の生まれ育ちですし。

政宗は5月に一度本拠・米沢へ戻り、6月半ばに再び出陣して一揆勢掃討を再開しました。
しかし一揆勢といっても元武士が含まれていますから、かなり手こずっています。重臣も何人か失いました。
激戦の末、7月はじめに城が落ちて、ようやく一揆勢は降伏してきましたが、政宗は許さず皆殺しにしたといわれています。「秀次がそう命じた」とする向きもあるようですが、政宗の従弟である成実が書き残しているので、おそらく政宗の判断でしょう。
謀反を煽ったことに対する口封じの意味もあったでしょうね。もしもまた秀吉に密告する者が出てきたら、次こそ言い訳ができなくなりますし。

こうして一揆は収まりましたが、当然木村親子もタダでは済みませんでした。
父の吉清は改易となり、息子の吉清は氏郷の客将になっています。生き延びただけまだマシというところでしょうか。
木村家がほんの一時だけ持っていた土地(葛西家・大崎家の旧領)は、一揆鎮圧の褒美として政宗に与えられることになります。
つまり、大崎家復帰の朱印状は反故にされてしまったわけです。義隆カワイソス。つーか、政宗だけ美味しすぎるんでは……。

 

氏郷と政宗の思惑は、大博打に出た独眼竜の勝ち!?

義隆のその後については、はっきりわかっていません。「もしかしたら義隆かも」とされる人物の記録はあるのですが。
その記録では、蒲生家の客分になった後、上杉家が米沢に来てからは同家に仕えたといわれています。

路頭に迷うよりはマシですが、もしこちらが本当のことであれば、一時期、蒲生家では「大崎家の元当主」と「大崎・葛西一揆を起こされた側」が同じ主君に仕えていた事になりますね。
いかにも火種になりそうな状況ですが、蒲生家は氏郷が亡くなった後に別の原因で宇都宮に移されているため、そうはならなかったようです。

鎮圧にあたった氏郷と政宗にとって、この一揆は政治的な思惑が絡むものでもありました。
中央から左遷同然にやってきた氏郷にとって、この一揆をうまく鎮圧することは必須だったワケです。東北でいくつかの大きな役割をこなしてうまくいけば上方に戻れるかもしれない、という期待もあったかもしれません。
氏郷は会津統治も真面目にやっていますけれども、やはり上方に戻りたいと言う気持ちは強かったと思われますし。

蒲生氏郷/wikipediaより引用

蒲生氏郷/wikipediaより引用

一方、政宗にとってこの一揆は自分のシマを取り戻すチャンスでした。
上記の通り、現地の大名である葛西家・大崎家は伊達家の傘下にいたので、彼らを後押しすることは伊達家の勢力を保つことになります。
そのために一揆を後押ししたものの、これは大博打でした。結果として助かったからいいものの、家臣たちはヒヤヒヤしたでしょう。

秀吉の性格を正確に把握した上での政宗のゴリ押し自己弁護は、この後に起きた秀次事件の際も猛威を振るうことになります。
そして氏郷の胃痛とストレスは極まるという(´・ω・`)

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 葛西大崎一揆/wikipedia 伊達政宗/wikipedia 蒲生氏郷/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.