日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 世界史データベース

知らないようで本当に何も知らない南極の歴史 300万年前くらいまでは森があった!?

更新日:

 

当コーナーでも何回も出していますが、「事実は小説より奇なり」という言葉ほど、世の中を的確に表しているものはない気がします。
思わぬ不幸や幸運に見舞われた人の話や、ちょっとした行き違いで起きた悲喜劇など、例を挙げればキリがないでしょう。それはもしかしたら、人間だけの話ではないかもしれません。
本日はそんな感じの、とある大陸のお話です。

1929年(昭和四年)11月29日は、アメリカ海軍少将リチャード・E・バードが南極点上空の飛行に初めて成功した日です。

この出来事は、飛行機という新たな技術はもちろん、南極調査の歴史にも大きな一歩となりました。
「人の住んでないところで歴史って言うの?」という感じもしますが、「人間がいなければ歴史は存在しない」というわけでもないと思いますので、本日は南極という土地の歴史をみていきましょう。
まずは例によって、地理的な特徴のお話からいきましょうか。

南極地図1

 

10~7億年前にロディニア大陸が2つに分かれ……

南極大陸は、地球に6つある大陸で5番目の広さを持ちます。オーストラリア大陸の2倍、ヨーロッパの1.3倍にあたるそうです。でかい。

実は気候区分だと砂漠に近かったり、火山があったり、km単位の氷の下に湖があったりと、意外に地形の状況は多彩なんだとか。というのも、南極大陸は最初から氷の世界ではなかったからです。
話は、人類どころか哺乳類がわずかしか存在しなかった頃にさかのぼります。

かつて地球には、”超大陸”という巨大な大陸が存在しました。10~7億年前にロディニア大陸というデカイ大陸があり、その後ローラシア大陸とゴンドワナ大陸という二つに分かれたとされています。

ローラシア大陸は現在のユーラシア大陸&北アメリカ大陸+α、ゴンドワナ大陸はアフリカ・南アメリカ・インド・オーストラリア・アラビア半島・マダガスカル島と南極大陸が含まれていました。でかい(確信)
そして2500万年前にゴンドワナ大陸がそれぞれの大陸に分かれ、南極も現在の位置に動いていきました。

たまに南極で恐竜の化石が見つかることがありますが、恐竜の絶滅が6500万年前ですから、それも当然というわけです。別に「現在の南極の気候に耐えられる超進化爬虫類」がいたわけではありません。いたらこわい。

その後、だいたい1500万年くらい前から現在とほぼ同じ気候になったそうなのですが、場所によっては300万年前くらいまで森があったらしき痕跡が見つかっています。地球すごい。

ロディニア大陸/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

北半球にだけ大陸が多すぎね? 南もあるっしょ!から

オーストラリア大陸同様、南極は他の大陸とかけ離れた環境にあったがゆえに、独自の生態系が育まれていきました。
代表例はペンギンですね。鳥類の場合、離島や隔絶された大陸=外敵がいない場合、翼がどんどん退化していく……というケースはたくさんあります。他にはダチョウやキーウィなどが挙げられますね。
そんな環境だったので、人間が地球上に表れて数千年の間、南極大陸の存在は人間に知られていませんでした。

南極とペンギン

南極大陸発見のきっかけとなったのは、地学が進むにつれ「北半球にだけ大陸が多くて、地球全体のバランスがおかしい。南半球のどこかに、未知の大陸があるはずだ」という視点が生まれたからです。
古くは2世紀頃のギリシアでそういった考えが存在しており、大航海時代の著名な探検家たちがこぞって未知の大陸を探しました。有名どころでは、フェルディナンド・マゼラン、フランシス・ドレーク、ジェームズ・クックなどがいます。

クック一行は南極大陸沿岸から約121kmのところまで近づいたものの、上陸には至りませんでした。何でも「あの方向に陸地があるだろう」とは思っていたようなのですが、「寒すぎて人が住めなさそうだし、何もなさそうだから上陸しなくてもいいだろう」と考えたとか。

ちなみに、現代では南極大陸で数々の貴金属や宝石類、石炭・油田・ガス田が見つかっています。油田やガス田はクックの時代には「ナニコレ(´・ω・`)」なものでしたが、もし”金属や宝石、石炭が豊富な土地”と知って、クックが南極に上陸していたら、イギリスがいち早く南極大陸の調査を進めて、実効支配していたでしょうね。
もっとも、この時代の装備で南極を調査するのはほぼ不可能でしょうから、あまり変わらなかった可能性も高いですが。

南極2

 

スポンサーリンク

第一次世界大戦時のパイロットであり、一時は北極点も目指した

実際に調査が本格化したのは、クックの時代から70年ほど後のことです。19世紀の半ばにあたります。
この頃から南極大陸に上陸し、鉱物や動植物のサンプルを持ち帰るなどの研究が始まりました。

そして、リチャード・バードの初飛行は南極の研究が始まって100年ほど後になります。

リチャード・バード/wikipediaより引用

リチャード・バード/wikipediaより引用

リチャードは第一次世界大戦時にパイロットになっており、戦間期は北極点への飛行を試みたこともあります。残念ながら、北極点の方は位置を勘違いしていて、途中で引き返したことになってしまったのですが……。北極には大陸がありませんし、当時の技術力で上空から正確な位置をつかむのは難しかったでしょうからねえ。
その果敢な挑戦に「アンタすごいじゃないか、もっとやってみろよ!」と応援する人々が表れ、史上初の南極点飛行の資金を集めることができたのです。
「失敗は成功の母」というところでしょうか。

 

条約で保護区と決まっており、今は世界で一番平和かも

リチャードは資金を使って入念に準備をし、11月28日の夕方に飛び立ちました。途中で食料等の荷物を捨てて高度を上げる、というトラブルもありましたが、日付が変わって11月29日の深夜に、見事南極点を通過しています。帰路も順調で、午前中に無事帰還しました。

こういう話ってそのまま行方不明になってしまうことも多いですから、周りの人々も偉業を称えるとともに、安心したでしょうねえ。
リチャードはその後も飛行機で南極をたびたび訪れており、「南極上空は航行可能である」ということを身をもって証明しました。

南極には永住者がおらず、国もないため、空白地帯ということもできます。
所有権を主張する国はあるにはありますが、条約で「南極は保護区であり、学術調査以外の活動は禁止」と決まっているのです。
もちろん軍事活動や核実験も禁止なので、ある意味世界で一番平和な場所といえますね。

もし温暖化が進んで地表が顕になったら、前述の豊かな資源を巡って戦争になるかもしれませんが……。その頃には、現在人間が多く住んでいる土地は住みにくくなっているでしょうし。
温暖化そのものは「寒冷化の前兆で一時的に気温が上がっているだけ」という説がありますので、まだ断定はできないにしても、こと南極に関しては、戦争を起こさないために現状のままでいてもらいたいものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:南極の地理/wikipedia 南極大陸/wikipedia 南極の歴史/wikipedia 南極条約/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 世界史データベース

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.