歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 長宗我部

関ヶ原の戦いで負けた長宗我部盛親 その後、土佐では浦戸一揆が勃発し、幕末まで遺恨を残す

更新日:

会社勤めをしていると、一度や二度は異動などの際、後任者に引き継ぎをしなくてはいけませんよね。
ところが、性格が合わなかったり、想定外の事態になったりして、うまく引き継げないこともままあります。
本日はそんな感じの、戦国末期のお話です。

慶長五年(1600年)12月5日は、浦戸一揆が平定された日です。

この年でこの時期といえば、もちろん関が原の後。この一揆も関が原の戦いに大きく関係している……といいますか、まさにその余波というか。

浦戸ということで、舞台は四国・土佐(高知県)です。
この時期の土佐の主は、長曽我部盛親。元親の四男ですが、家督を継いだときに一悶着あった上、晩年の父(というか長男・信親の死後)がアレすぎたため、豊臣政権の中ではあまり信用を得られていませんでした。

盛親としては、関が原の戦いで戦功を挙げ、名実ともに長宗我部家の当主であることを認めてもらいたかったようです。
しかし、味方する先を間違えました。盛親は三成、つまり西軍についたのです。
西軍も緒戦では勝利を収めたことがありましたので、「頑張ればイケる。むしろ、ここが俺の腕の見せ所だ!」と意気込んでいたのかもしれません。
さて、ここでおなじみ、関が原の布陣図を見てみましょう。

関ヶ原の戦い布陣図/wikipediaより引用

関ヶ原の戦い布陣図/wikipediaより引用

当日の信親は、手勢を率いて戦場の東南の端にいました。近くにいた西軍の仲間は、長束正家・毛利秀元・吉川広家といったところ(画面右下)。
……おわかりいただけたでしょうか。
盛親が布陣した位置は、手前に吉川広家&毛利秀元がいて、モロに「宰相殿の空弁当」の場面だったのです。
空弁当(通称・空弁)を簡単に説明しますと、家康に通じた吉川広家が動かず、これにより進軍できなかった秀元が、背後の盛親に「早くしろ!」とせっつかれたときに、「今、兵が弁当食ってるから動けんのじゃ!」(超訳)と言い訳したというエピソードです。

このため、正家も盛親もうかつに動けず、気付けばたった半日で勝敗が決まってしまっていました。
盛親は何とか大坂まで逃れ、その間に島津家などから西軍壊滅の経緯などを聞いたといわれています。そして、一度は土佐へ帰りました。

 

家康に呼び出されると、一時帰国も叶わずそのまま改易

家康が戦後処理を始めると、上方に呼び出された盛親はそのまま改易。土佐で諸々の支度や引き継ぎすることも許されず、そのまま京都に留め置かれることになりました。ちなみに後に大坂の陣へ参加するまで、盛親は京都で寺子屋などをやっていたとも言い伝えられます。

ともかく盛親が土佐へ帰れずにいるとなると、国元では当然、安否が心配になるわけです。
そしてその知らせが来ないまま、「今日から土佐は別の領主のものになるから、お前ら大人しく従うように」なんて使者が来たものですから、長宗我部家の家臣たちが「ハァ?」と反発するのも無理はありません。

彼らは城の引き渡しを拒み、家康の使いが宿にしていた雪蹊寺(せっけいじ)を取り囲みます。現在では、四国八十八ヶ所霊場の一つとしても有名ですね。
実はここは、元親が再興させたお寺でした。しかも元親の法名である「雪蹊恕三大禅定門」から名を取られていますので、長宗我部家にとっては大切なお寺なのです。
家臣たちからすれば、元親の位牌を人(物)質に取るような行為に思えたかもしれません。

この知らせは家康のもとにも届き、討伐の軍が起こされるかに見えました。
しかし、討伐軍がやってくる前に、肝心の長宗我部家の中で意見が割れてしまいます。

 

スポンサーリンク

一領具足の半農兵士たちと首脳陣が真っ二つに対立

分裂した家臣団は、ある意味わかりやすい構図でした。
「一領具足」という制度によって半農半士になっていた者たちと、お偉いさんたちとで、意見が真っ二つに割れてしまったのです。

お偉いさんたちは元親の時代から、世の移り変わりを見てきていますから、「この前の戦は家康が勝ったというし、今逆らったら家ごと潰されてしまう」と考え、新しい領主に従うことを選ぼうとしました。
一方、一領具足たちにとってみれば、「どこの誰かわからんやつをいきなり主と思うなんて無理! 俺達は(一領具足制のおかげで)やっと暮らしが立つようになったのに、領主が変わったらまた貧乏暮らしになる!」となるわけです。

盛親自身にどこまで人望があったかはわかりません。
が、少なくとも長宗我部家という家自体を見捨てようとする人はいなかったと思われます。まあ、そういう人は真っ先に逃げ出しますよね。

話し合いでも埒が明かないので、お偉いさんたちは反対派と一揆勢をまとめて城外で始末し、その首を家康に届け、服従の意思を示しました。
こうして、大河ドラマの主役にもなった山内一豊らが土佐にやってくるわけです。

 

長宗我部家臣の郷士たちと、山内家臣の上士たちの対立は幕末まで続く

その後もしばらくは残党狩りが行われましたが、それで全てが片付いたわけではありませんでした。

一豊はもちろん、山内家の人々は土佐に縁のなかった人ばかり。そのために長宗我部家の旧臣たちとそりが合わず、山内家のほうでも差別をしたため、今度は「長宗我部家旧臣(郷士)」vs「生粋の山内家臣(上士)」という構図ができてしまいます。
そしてこの対立はなんと幕末まで尾を引くことになります。郷士の中から坂本龍馬など、幕末に活躍した人も出てきていますので、優秀な人もいただろうと思われるのですが……。
能力によっては上士と同等の扱いを受けられる「白札郷士」という制度もあったのですけれども、あくまで”郷士”という呼び方をやめないあたり、差別の根深さがうかがえます。

また、一豊が慶長八年(1603年)に拠点を高知城に移したため、浦戸城も破却されています。
移転の理由は「手狭だから」だったそうですが、長宗我部家の残り香を嫌ったという意味もあったのではないかと。庶民からすれば、城=殿様ですから、浦戸城を見て元親や信親、盛親を思い出す人も多かったでしょうし。
良い印象で塗り替えてしまうのが一番良いですけれども、それが難しいと思ったからこそ、わざわざ新しく城を作ってまで移転したのではないでしょうか。

葛西・大崎一揆でも「現地のことをほとんど知らないよそ者」がいきなり領主になって、揉め事になっているのに、家康は何を考えて一豊をここに封じたんでしょうね。「大名だから平気だろう」とか思ったんでしょうか。

まぁ、家康からすれば地方の厄介事を外様に押し付けておけば、その間自分の子孫は安泰になるわけですから、願ったり叶ったりだったかもしれませんが。ちょっと黒く見すぎですかね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:長宗我部盛親/wikipedia 浦戸一揆/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 長宗我部

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.