日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 毛利家

平兼盛の切ない離婚エピソード あの毛利元就が彼の子孫である可能性について

更新日:

 

「歴史といえば暗記」と連想されるのが常であり、古文の世界も似たようなものかもしれません。通常のテストでも受験でも、「○○時代の△△集」をいくつも覚えなければならなかったりしますよね。
しかし、和歌とはその時々の感動や悩み事、あるいは人生観などを表したものですから、「どれがいつの勅撰和歌集に取られていたか」ということよりも、詠まれた背景を知ったほうが面白いものです。面白ければ記憶にも残りますし……。
本日はそういった和歌に関するエピソードを持つ、平安時代の歌人のお話をいたしましょう。

正暦元年(991年)12月28日は、平兼盛が亡くなった日です。

「平」とつくと何となく「清盛の親戚?」と思ってしまいますが、彼は清盛の一族とは関係ありません。皇族から臣籍に下って、平姓を名乗るようになった人です。
血筋としては、光孝天皇の血を引く「光孝平氏」の一員で、光孝天皇からみると玄孫にあたります。

 

960年に行われた天徳内裏歌合

平兼盛の若い頃は、漢文や中国の歴史を学んでいたとされています。しかし、彼の本領は漢詩よりも和歌で発揮されました。
勅撰和歌集にも多く収録されていますが、兼盛に関する最も有名な逸話は、百人一首にも載っているこの歌に関するものです。

「しのぶれど 色にいでにけり わが恋は 物や思ふと 人のとふまで」
(意訳)「あの人への恋のことはずっと心に秘めていたのに、とうとう人に『誰かに恋しているみたいだね』と言われるほどになってしまった」

これは、天徳四年(960年)の春に行われた天徳内裏歌合(てんとくだいりうたあわせ)で披露された歌でした。
歌合というのは、二組に分かれた歌人がそれぞれ同じテーマで歌を詠み、判者が優劣を決めるという遊びです。中でも、天徳内裏歌合は準備から開始まで一ヶ月もかけて行われており、その後、管弦の遊び(音楽会)も催されたという盛大なものでした。

お題は、霞、鶯、柳、桜、款冬(山吹)、藤、暮春、首夏(初夏)、郭公(ほととぎす)、卯花、夏草、恋の12個。
鶯と郭公2回、桜は3回、恋が5回使われたので、勝負としては20回となります。

複数回使われているお題は、特に似つかわしいと思われたからでしょうね。春という季節も関係しているかもしれません。

平兼盛(狩野尚信『三十六歌仙額』)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

勝負の相手は壬生忠見 一勝一敗からの……

「しのぶれど」の歌は、この歌合の大トリである20番で提示されました。恋の中でも「忍ぶ恋」という、なかなか表現が難しそうなお題です。

相手の歌人は壬生忠見(みぶのただみ)。経歴は不明ですが、皇室の流れをくむ兼盛より、かなり身分が低かったことはほぼ確実です。しかし、若い頃から歌の才に恵まれていたので、この歌合にも参加を許されていました。
おそらくは、「この歌合で名を上げて、昇進の糸口をつかみたい」と切望していたことでしょう。

忠見の歌はこちらです。
「恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか」
(意訳)「私の恋は、もう人の口に上るようになってしまった。まだあの人を思い始めたばかりなのに」

これはこれでお題にそっていて雰囲気のある歌ですが、「しのぶれど」のように、口に出して読み上げたときの軽快さは少々足りない感があります。
当時の判者もそこを基準としたようで、この勝負は兼盛の勝ちとなりました。
「忠見は一世一代を賭けた歌で敗れたため、この後気を病んでそのまま亡くなった」という逸話もありますが、もっと後に詠んだ歌もあるため、亡くなるほどではなかったようです。

ちなみに、兼盛と忠見は「卯花」と「夏草」でも対決しています。前者は兼盛、後者は忠見が勝っていたので、一勝一敗という状況でこの「忍ぶ恋」のお題へ臨んだ形になるわけです。
しかも出世がかかっていたとなると、悶死とまではいかずとも、敗れた忠見が相当精神的に堪えたことは想像に難くありません。おそらく周囲の人が「今にも亡くなってしまいそうなほど落ち込んでいるよ」と噂話をしたのが、いつしか拡大解釈されて、そのような逸話になったのでしょう。

その後、二人に関する逸話はないようなので、この話は特に後を引いてはいなかったと思われます。

 

スポンサーリンク

「赤染衛門は平兼盛の娘だ」という話は残る

一方、兼盛には別の意味で後を引く……かもしれないエピソードがあります。
天徳内裏歌合の数年前、兼盛は妻と離婚したことがありました。その妻は当時身ごもっていて、そのまま赤染時用(ときもち)という役人と再婚、後に藤原彰子の女房の一人・赤染衛門となる娘を産みます。

現代でも、離婚を挟んで妊娠・出産があると揉め事になりますよね。
当時は離婚→結婚までの期間に関する定めなどもありませんから、当然兼盛は「その子は私の娘ではないか?」と訴えました。
しかし時用も時用で「私はかなり前から妻と付き合っていたのだから、この子は私の娘だ」と譲りません。それはそれでどうよという気もしますけれども、当時の恋愛事情からするとなくはない話です。

裁判の末、時用の言い分が認められ、赤染衛門は時用の娘としてその後生きていくことになります。
しかし、俗説として「赤染衛門は実は平兼盛の娘だ」という話は残り続けました。まあ、現代でさえDNA鑑定でもしなければ親子関係の証明は難しいですしね。

赤染衛門が長じて後、夫の大江匡衡(まさひら)と有名なおしどり夫婦になったことからすると、「自分の出生に関して、母の離婚が原因で世間にアレコレ言われるようになったから、自分はその轍を踏まないようにしよう」と考えていたのかもしれません。
ちなみに、大江氏は鎌倉時代に武士になり、そこからさらに枝分かれして、毛利氏などが出てきます。

もしも「赤染衛門が兼盛の娘」で「赤染衛門は親の轍を踏むまいと心がけていた」としたら、その子孫である毛利元就が「一族の結束が大事である」と説いたことは、とても意味深なかほりがしますねえ。突拍子もない話ですが。

長月 七紀・記
【関連記事】
元就さんの75年!→毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか 人生75年の出世ストーリー!
長男の隆元!→毛利元就の長男・毛利隆元は卑屈なれど優秀だった!? 失って初めてわかるその偉大さ
次男の元春!→吉川元春こそ漢の中の漢!「俺の嫁がブスだと? だがそれがいい」
三男の隆景!→毛利三本の矢の一本・小早川隆景とは? 王佐の才は元就にも秀吉にも愛された
他の兄弟たちも注目!→知られざる毛利元就の子供たち 三兄弟以外はダメな子って本当なの!?
元就エピ1→毛利元就 75歳まで長生きできた秘訣は禁酒!
厳島の戦いエピ1→鮮やかすぎる厳島の戦い! 世界遺産を舞台に毛利元就の奇襲作戦が大成功
厳島の戦いエピ2→毛利元就を大大名に押し上げた『厳島の戦い』 勝因は元就の謀略ではなく女性だった!?
お孫さん(輝元じゃないほう)→毛利秀元とは? ホントはすごかった毛利元就の孫

スポンサーリンク

参考:平兼盛/wikipedia 壬生忠見/wikipedia 天徳内裏歌合/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 毛利家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.