日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

モルガンお雪「4万円(8億円)の貞操」と罵られ…… JPモルガン御曹司との愛の行方は?

更新日:

 

いつの時代も、女性に関する話は尾鰭が付くものです。
ちょうど一年ほど前に騒ぎになった某芸能人のゲス不倫だって、男性側にも非があるにもかかわらず、(それまでの朗らかなキャラクターが災いしたにせよ)女性に対する世間の攻撃は激しかったですよね。
となると、昔の話ならもっとえげつない差別をされていたことは想像に難くありません。本日はその一例をご紹介しましょう。

明治三十七年(1904年)1月20日は、京都の芸妓・お雪がアメリカの大富豪ジョージ・デニソン・モルガンに身請けされたとされる日です。

俗に「モルガンお雪」と呼ばれ、数々の舞台や小説の題材にもなりました。名前だけ聞き覚えがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
現代でもそう多くはない国際結婚。明治時代は言わずもがなです。お雪は一体どのようにして、ジョージの妻となったのでしょうか。

モルガンお雪/wikipediaより引用

 

ワールドクラスの大金持ち・モルガンに見初められる

お雪の生い立ちははっきりしていません。
士族の家柄、刀鍛冶の娘、刀剣商の娘など諸説あり、姉が祇園で妓楼を経営していたため14歳のとき芸妓になったとされ、外国人専用のお店で働くようになりました。

当時、外国人用の店はその手の業界では格下に見られていたそうです。が、お雪は歌や舞、そして胡弓の演奏を得意としており、評判が良かったそうです。
そして20歳のとき、ちょうど10歳年上のジョージと出会います。

彼はアメリカの財閥・モルガン家の一族で、“超”がいかほどつくのかわからないほどの大金持ちでした。
母国で婚約者から一方的に別れを告げられ、失恋の痛手を癒すために日本へ旅行に来ていたのだそうで、風物が性に合ったのでしょうか、ジョージは少しずつ立ち直っていきます。
そして、夜の遊びの場でお雪と出会ったのです。

お雪の美貌と優れた芸の腕前に惚れ込んだジョージは「お雪を身請けしたい」と申し出ました。
即座に返事ができることではないため、お雪も郭の主人も話を引き伸ばします。そして資産家の一族であるという都合上、ジョージも一度に長期間の滞在はできないため、一旦アメリカへ帰りました。

ジョージ・デニソン・モルガン/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

新聞に報じられ、京都帝大の学生と破局

この間お雪は、他の客にも「外国人から身請けしたいと言われている」という話をしていたようです。
その中に、芝居小屋「千本座」の主・牧野省三がいました。彼はこの話を聞いて面白がり、「そんなら4・5万くらいふっかけてみな」と言ったそうです。これがどうしてか数日後の新聞に「4万円の貞操」という大見出しとお雪の写真入りで書きたてられました。

開国後・維新後とはいえ、まだまだ日本人にとって外国人は「毛唐」だの何だのと言われ、印象が良くなかった頃のこと。まだ何も話が進んでいないのに、お雪への世間の印象が悪くなるのは当然のことでした。

実はお雪にはこの頃ちょうど、ジョージと同じ年頃の恋人がいたのですが、この騒動によって別れざるを得なくなったといわれています。その恋人は京都帝大(現在の京都大学)の学生だったらしいのですけれども、学生の身分でどうやって郭の女性とそういう関係になったんですかね。
当時の帝大生といえば、それなりの資産や身分、学力がなければ入れません。
となるとジョージの身請け話やスキャンダルがなくても、雪との結婚は親族から反対されて実らなかった可能性が高い気がします。

一方で、ジョージは日米間の移動に数ヶ月を要する時代に、4年に3回という頻度でわざわざ海を渡って来てくれたのですから、彼女も誠意を感じたことでしょう。
こうして雪は、ジョージに4万円で身請けされることになったのです。

 

スポンサーリンク

「金に目がくらんだ女」と書きたてられ、米国でも疎まれて

さて、ここまで引っ張ってきて、皆さんもじれったく感じられていることでしょう。
だ・か・ら、当時の4万円って今のナンボやねんな!

タイトルからお察しいただいているかもしれませんが、現在だと8億くらいの金額になると言われてます。
雪とジョージは正式に結婚式を挙げてアメリカに移った後、一時帰国したことがあるのですが、そのときこの金額が持ち出され「金に目がくらんだ女」などと新聞に書きたてられました。

自分が大金を稼げないからといって、人の稼ぎにケチをつけるのはいただけませんねえ。ジョージは雪の美貌と芸、人柄がどうしてもほしくて、納得してお金を出したのですから、当事者以外がゴタゴタいうことではありません。
そもそも妓楼にいる女性は身請けされるか、借金を返済しなければ郭から出られないのです。そこで金額が法外だからとはいえ、正当な手段で出た雪を非難するのなら、郭の仕組みそのものを否定して女性たちを助けろと。
そういうこともせずにただ罵るのは筋違いなことではないでしょうか。

「自由と平等」と(表向きは)謳うアメリカですら、雪への視線は冷たいものでした。
クリスチャンでないこと、東洋人であることなどから、モルガン家やニューヨークの社交界に受け入れてもらえなかったそうで。ジョージの姉・キャロラインだけは理解してくれたらしいのですが、親族の中で味方が一人だけというのも辛かったでしょう。

米国の新聞でも記事にされ……/wikipediaより引用

 

ニューヨークから2人で渡仏 しかし平穏な生活は続かない

雪とジョージは、アメリカでも日本でもなく、フランスで暮らすことを選びました。
ジョージは一向に雪を受け入れてくれないニューヨークの社交界や自分の一族より、雪と静かに暮らす方を選んだことになりますね。ここまでされれば、女冥利に尽きるというものでしょう。
雪は当初、外国人に身請けされるのを嫌がっていたという説もありますが、これほど誠意を尽くされれば、愛情が生まれていってもおかしくありません。

しかし、平穏な生活は長くは続きませんでした。
雪が34歳のとき、ジョージが急に心臓麻痺を起こして亡くなってしまったのです。遺産相続に関する裁判には勝ちましたが、やはりアメリカも日本も居心地が悪いと感じたものか、雪はフランスに住み続けました。

翌年、フランスの陸軍士官で言語学者でもあったサンデュルフ・タンダールと恋人になっています。雪はジョージの遺産をサンデュルフの学業に使ったらしいのですが、これは現在でも賛否両論を呼びそうですね。
とはいえ、15年ほどでサンデュルフもまた心臓麻痺で亡くなってしまい、愛する人に二回も先立たれるとは、気の毒でなりません。

 

日本に帰国して洗礼を受ける その名はテレジア

雪は、その後もフランスで暮らし、第二次世界大戦前に日本へ帰国すると、京都で暮らすようになりました。
しかし、かつて国籍を剥奪されたままだった上に、莫大な資産を持つお雪は当局に怪しまれ、財産を差し押さえられてしまいます。

終戦後に遺産相続権を回復しましたが、それまでにお雪は俗世がすっかり嫌になってしまっていたらしく、71歳でキリスト教の洗礼を受けています。

洗礼名は、敬愛する聖女”リジューのテレーズ”にちなみ、”テレジア”としました。
その後は81歳で亡くなるまで、京都市北区紫野で養女のナミエとともに静かに暮らしていたそうです。

「外国人に身請けされた」というだけで母国の人々からとやかくいわれ、「クリスチャンでない東洋人だから」という理由でアメリカでも冷遇され、愛した人に二回も先立たれ……と、波乱万丈の生涯。

せめて養女と暮らしていた晩年だけでも、心安らかな日々であればよいのですが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:モルガンお雪/wikipedia

 





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-女性, その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.