歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

小松姫/Wikipediaより引用

徳川家 その日、歴史が動いた 真田家

小松姫(稲姫)はコワモテ母ちゃん? 本多忠勝の娘にして真田信之・妻の強烈エピソード

更新日:

【人物概略】小松姫とは?
1573年生まれ(1620年没・享年48歳)。
戦国最強武将と称された本多忠勝の娘にして、真田家の跡継ぎ・真田信幸(信之)に嫁ぎ、徳川家と真田家の橋渡し役となった。
武勇の誉れ高い父にちなんだのか。女性としてはかなり勇ましいエピソードが伝わるが、才色兼備の女性だったとの評価も。

【本文ここから】
「最近の女性は強い」とよく言われます。
同時に「昔の女性はか弱かった」ような印象を伴いますが、必ずしもそうではありません。
知名度の高い女性ほど、強烈なエピソードが多いですよね。いや、強烈なエピソードが多いからこそ、知名度が高くなるというほうが正しいでしょうか。
今回はその中でも有名だと思われる、とある戦国武将の奥さんのお話です。

元和六年(1620年)2月24日は、真田信之の正室・小松姫が亡くなった日です。

戦国時代の女性としては、濃姫織田信長の妻)やお市の方(信長の妹)、淀殿(豊臣秀吉の側室)の次くらいに有名でしょうか。戦国系のゲームでもお馴染みですし、大河ドラマ『真田丸』では吉田羊さんが演じたことで話題になりましたね。
それだけに、創作とされるエピソードも多いのですが……まあ細かいことは気にせず、その辺も取り混ぜて、生涯を見ていきましょう。

 

結婚相手候補たちの髷を掴んで顔を確認した!?

小松姫は、天正元年(1573年)に本多忠勝の長女・長子として生まれました。将来の夫である信之とは、7歳差です。当時としてはちょうどいい年齢差でしょうか。
きょうだいには、もり姫、忠政、忠朝がいます。忠勝の跡継ぎたちの姉ということも、勝ち気なイメージの元になったのかもしれませんね。
幼い頃は於子亥(おねい)、稲姫(いなひめ)と呼ばれました。

歴史に登場するのは、やはり信之との結婚がキッカケです。
天正の頃(1580年代)にバチバチと対立していた徳川家&真田家の和解を図るべく、小松姫と信之(当時は信幸)の結婚が決まりました。

事の経緯と、結婚した年にはいくつかの説がありますが、婿選びの際の逸話が有名ですかね。
家康が、家中の若い将たちを集め、小松姫に相手を選ばせたとき、彼女は一人一人の髷(まげ)を掴んで顔を上げさせて確認した……というものです。なんで皆黙ってされるがままになっていたのかというと、小松姫が家康の養女として嫁ぐことになっていたからです。
その中で信幸一人だけが違う対応をしました。「無礼な」と叱咤し、鉄扇で小松姫の顔を打ったのです。小松姫は信幸の気概に感動し、結婚を承知した……とされていますが、これはさすがに^^;
どっちもどっちですし、当時の常識的にヤバイので、創作でしょうね。
そもそも、信之と小松姫の結婚は真田家と徳川家の和解のためですから、結婚相手を選ぶ意味も必要もありません。
後述する関が原のときのエピソードと合わせて、「小松姫は自分の意志をきっちり持っている女性だった」ということを強調するためのものかと思われます。

※個人的には、大羽快先生の「殿といっしょ」4巻の巻末おまけ漫画の流れを推したいですが。
こちらはぶっ飛んだ描写で有名な作品ですが、時折じんわり温かい話になっているのが隠れた魅力だと思います。

 

スポンサーリンク

真田昌幸&信繁親子を沼田城の前で追い返す

次に小松姫の動きがわかるのは、菊姫(武田信玄の娘にして上杉景勝の妻)や他の大名の正室たち同様、小田原征伐の後です。
秀吉が諸大名の妻子を上方に住まわせるようになってから、小松姫も上方に来ていました。

この頃、信之の正室としての仕事を受け持つようになったと思われます。それまでは、真田信綱の娘(清音院殿)が信之の正室でした。
しかし、清音院殿はずっと沼田にいたので、家康の養女である(とされる)小松姫のほうが上方向きとされたのでしょう。他に何か差し障りがあったかもしれませんね。

こう書くと、いかにも打算だけで小松姫が上方に来たような感じになってしまいますが、夫婦仲は決して悪くなさそうです。
信之の子供のうち、少なくとも二男二女は小松姫が産んでいるとされています。長男・信吉は清音院殿生まれ説もあるのですが、大事なはずの長男の生母がハッキリしていないってどうなのよ(´・ω・`)

そんなわけで、秀吉時代以降は上方にいたとされる小松姫ですが、関が原のときには沼田城での逸話が伝わっています。この辺は文献でも人名がはっきり書かれていないので、学者先生方の間でも意見が分かれているようです。
それを踏まえた上で、有名な逸話をご紹介しましょう。

関が原の戦いの前、小松姫にとって夫の信之と、義父・義弟である真田昌幸&真田信繁は袂を分かちました。
沼田城は上田城まで行く途中にあるため、昌幸は帰りがけに沼田城へ立ち寄り、小松姫に対し「孫の顔を見たいから中に入れてくれ」と頼みます。
しかし、小松姫は不審に思い「いくら義父上でも、殿のお留守中に勝手に入れる訳にはいきません」として断りました。小松姫は昌幸が城を乗っ取るつもりでいるのを見抜いていた、とも言われます。
「昌幸はおとなしく引き下がったが、夜になってから小松姫は子供たちを連れて昌幸の陣を訪れた」
「侍女に宿を案内させた」
というパターンもありますね。

沼田城跡にある鐘楼

結婚のエピソードと同様、全てが事実とは信じがたいところであはります。
「小松姫は花も実もある女性だった」ということを強調するために、語り継がれてきたのでしょう。

この時期、小松姫は上方で人質になっていた可能性もありますし。
小松姫は割ときっちりけじめをつけるタイプだったようで、一度敵対したからといって、いつまでも義実家を敵対することはありませんでした。
関が原の後、夫とともに昌幸・信繁に仕送りをしており、武家の人間らしい切り替えを見せています。

 

「一人くらい討ち死にすれば、我が家の忠心が示せたのに!」

次に小松姫の有名な逸話が出てくるのは、大阪冬の陣のときのことです。
このころ信之は病気になっており、出陣できなかったため、代わりに長男・信吉と次男・信政が参加しました。
ただし二人とも若年のため、小松姫の弟である本多忠朝の陣に参加することで、折り合いをつけています。息子たちにとっては叔父さんですね。

小松姫はこのとき、信吉の家臣に向けてこんな手紙を書いております。
「息子はまだ若いので、いろいろ至らないことも多いでしょう。信之殿に免じてよろしく奉公してやってください」
カーチャンらしい気遣い……といいたいところですが、二人の息子が無事役目を終えて帰ってきたとき、小松姫は「一人くらい討ち死にすれば、我が家の忠心が示せたのに!」と言ったという逸話があります。飴がなさすぎる上に鞭が強すぎだよ、カーチャン(´・ω・`)

とはいえ、信吉や信政と小松姫が大ゲンカしたという話もないので、息子たちのほうはカーチャンの気質をよくわかっていたのかもしれませんね。
大坂冬の陣の頃、小松姫は42歳ですから、女性特有のアレコレ(婉曲表現)が出ていてもおかしくないですし。生々しい話ですが。

小松姫が亡くなったのは、大坂夏の陣から四年後のことです。
この頃もやはり、諸大名の妻と同様江戸にいたと思われますが、病気療養のため草津温泉へ行く旅の途中だったとされています。
そんな重病人に長旅をさせたのか、という気もしますが、「駕籠で移動するから、旅程に余裕を持てばおk」と考えられたんですかね。

遺骨は小松姫が帰依していた勝願寺、沼田の正覚寺、上田の芳泉寺(当時は常福寺)の三ヶ所に分骨され、さらに信之は上田城下と松代城下でそれぞれ小松姫の菩提を弔うためのお寺を建てています。それだけ小松姫に感謝していたのでしょうね。

夫婦間のエピソードはあまり伝わっていませんけれども、信之が家中や幕府との関係に悩んだときなど、小松姫がアドバイスするようなこともあったのかもしれません。
戦国武将の妻が主役になる創作物というのはあまり見られませんので、そういった夫婦の会話にも力を入れて誰かに物語化していただきたいですね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:小松姫/Wikipedia

 




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-徳川家, その日、歴史が動いた, 真田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.