日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

魔女狩りは17世紀のアメリカでも!? セイラム魔女裁判で約200人もの村人が収監され、数十人が……

更新日:

 

何の裏付けもない、ゆえに信じる必要はない――。と、わかっていても、なかなか切り捨てられないのが迷信ですよね。
というか今日では迷信だと考えられているものが、歴史的には常識だった……なんてケースもよくあります。
今回はその中でもかなり物騒な類のお話を一つご紹介します。

1692年(日本では江戸時代・元禄五年)3月1日は、アメリカでセイラム魔女裁判が始まった日です。

魔女裁判というとヨーロッパのイメージがありますが、アメリカでもあったんですね。
アメリカの歴史というと、1775年~1783年の独立戦争以降の話が多いので、時代背景の話からいきましょうか。

フランスの魔女想像図/wikipediaより引用

 

最初は単なる「こっくりさん」だったのが……

セイラムというのは当時あった村の名前で、今日ではマサチューセッツ州・ダンバースの一部にあたります。
1629年にピューリタン(=清教徒)の団体が移り住んできており、「ここで純粋な信仰にのっとった生活をし、腐った英国国教会を改革してやるんだ!」という意欲に燃えていました。
裏を返せば、非常に厳格な宗教的背景があったということになります。

それだけ、植民地時代のアメリカでは、神に反するもの=悪魔や魔女に対して敏感な傾向がありました。最も古い記録では、コネチカット州で1647年に魔女裁判による処刑が行われています。
セイラムでも、似たような話はたびたびあったようです。

そんな中、この年にサミュエル・パリスという牧師の娘・ベティーとその従姉妹アビゲイル・ウィリアムス、そして彼女らの友人たちが、こっそり降霊会を行いました。
降霊会というのは、亡くなった人の霊を降ろして占いや助言をしてもらおうというものです。こっくりさんやウィジャボードなどは、現代でも行われていますよね。ヨーロッパには15世紀くらいから「テーブル・ターニング」というこっくりさんの原型のようなものがありましたので、この日行われていたのもこれかもしれません。
これら3つの仕組み・真相については「筋肉疲労ではないか」などの科学的な検証もされていますが、当時はそういう概念がありませんから、ガチで信じている人もたくさんいました。

そしてアビゲイルが突然暴れ出したことによって、降霊会を行っていたことがサミュエルたちにバレます。相次いで他の参加者たちも奇妙な行動を起こすようになり、悪魔憑きと診断されました。
悪魔祓いをしても失敗したといいますので、一日二日ではなく、一定以上の期間続いたのでしょうね。

セイラム魔女裁判の様子を描いたイラスト/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

証言が出た時点で死刑確定のような時代だったゆえに

サミュエルは黒人の女性使用人・ティチューバを問い詰めました。こういうときでも人種差別が出てくるのが生々しいですね。
ティチューバは中米の民間信仰・ブードゥーの術を使ったと自白したとされていますが、おそらくは「そういうことにした」のでしょう。

サミュエルはさらに娘たちを問い質し、三人の女性の名前を聞き出しました。その三人は村での立場が弱かったといいますから、現代の学校でいじめの主犯探しをするのと同じような流れで、たまたま槍玉に上がったのでしょう。
しかし、この時代では証言が出た時点で死刑が確定するようなものです。否認した人も娘達も次々と違う名前を挙げていき、合計200人近くもの村人が収監されたといいます。
収監できない人数にまでなってから、慌てて絞首刑を始めたそうですから、ザルというかガバガバというか……。

絞首刑に処された数十人の他、5人が獄死したといわれています。獄死した人の中には、2人の幼児もいたそうです。

迷信の怖さがうかがえる話ですが、その年の秋頃には「あの証言おかしくね?」と言い出す人が現れ始めたとか。遅すぎ(´・ω・`)
同じ頃に州知事に報告が上がり、翌年5月にまだ処刑されずに収監されていた人々は釈放されました。
もしも、もっと早く報告されていたら……と思うとやるせないものです。

それでも、「有罪判決を受けた全員」の無罪が決まったのは、つい最近、実に2001年のことです。ひでぇ。
現代ではこの一件に限らず、魔女狩りの類は「社会不安による集団ヒステリー」によるものとされています。

それだけで片付けてしまっては、いつか同じことが起こりそうな気もしますが杞憂ですかね。もちろん、そうならないコトを祈ります。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:セイラム魔女裁判/wikipedia 魔女狩り/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.