日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

ここがヘンだよ松江藩 それでも幕末まで藩を存続させた不思議な歴史

更新日:

 

歴史とは、勝者のものであり、軍人や政治家などお偉いさんのもの……というのがセオリー。
しかし同時に、我々庶民たちが作り上げてきたものでもあり、たとえどんな国でも「酷い暴君が出現した!そして国が丸ごとなくなった!」なんて話にはなりませんよね。指導者は次々に変わりますが、民はずっとそこにいるワケです。
本日はそんな感じで、とある地域の歴史をみてみましょう。

文政五年(1822年)3月21日は、松江藩主・松平斉恒(なりつね)が亡くなった日です。

松江藩は堀尾家(二代)→京極家(一代)→越前松平家(十代)と藩主が変遷しており、斉恒は越前松平家としては八代目、藩全体でいえば十一代目となります。もっとも、後者のような数え方はあまりしませんが。

松江藩の藩庁・松江城は、最初の藩主だった堀尾吉晴・忠氏親子でひと悶着あったところでもあります。簡単にいうと「本人の承諾なしに人柱を立てたら、藩主が祟り(?)で亡くなってしまった」という感じです(詳細は堀尾吉晴さんのリンクをクリック)。
こうした状況を加味せずとも、元々が地盤の弱いところに城を建ててしまったため、松江城は百年も経たないうちに傾きはじめたといわれています。そして奇しくも、松江藩主の家もそのような経緯をたどりました。

本日は斉恒を含めた松江藩の歴史を、ざっくりと見ていきましょう。

現存12天守の一つであり、人柱伝説でも知られる松江城

【TOP画像】松江城と騎馬武者像

 

本能寺の変を逃れた森蘭丸の末弟が一時藩主候補になるが

堀尾家が無嗣断絶のため改易されると、次の藩主候補になったのが、近所の津山藩主・森忠政でした。
あの森蘭丸の末弟(森可成の息子)なのですが、本能寺の変の際は事前にちょっとしたトラブルを起こして国元に帰されていたために信長の側におらず、結果として森家唯一の生き残りとなった人です。

しかし、内々で話が決まりかけたところで忠政が急死。代わって小浜藩から京極忠高が入ることになります。
京極家にとって松江を含む出雲の地は旧領であり、念願かなって……のはずだったのですが、忠高もまた、入封してたった3年で急死してしまいました。
こうして、次に入ってきたのが結城秀康の三男・直政に始まる越前松平家です。

立て続けに藩主が亡くなっていては、イヤ~な噂も立っていそうですが……そんな土地に、幕府から警戒されていた越前松平家が入るとは、何やらアヤシイかほりがしますね。
確かに越前松平家になってからも、藩主の急死や財政悪化などの災難はつきものでしたが、実際は無嗣断絶等にはならず幕末まで続いています。よかったよかった。

家康に嫌われていたという結城秀康の子孫たちが受け継ぎます/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

「美女の背中に花の入れ墨を彫らせ」……って、おい

斉恒の曽祖父である五代・宣維(のぶずみ)の治世からは、財政再建のために色々とやり始めました。
具体的には漆や茶などの商品作物栽培や、たたら製鉄、ろうそく製造などを行って、藩が率先して商売をやろうとしたのです。目のつけどころは悪くありませんが、さすがに一代でカタがつくほど財政改善は容易なものではありません。

六代・松平宗衍(むねのぶ)の時代になると、家老たちもヤケっぱちなのかガチなのか、ただでさえイナゴの害で苦しんでいる農民に重税を強いて、一揆を起こされてしまいます。
当時、宗衍はまだ元服前だったのですけれども、家老たちがあまりにアレなので「だめだこいつら……はやく何とかしないと」(※イメージです)と思い、18歳から親政を開始します。
一時は財政再建が成功したかに見えたのですが、途中で天災が相次いだ上、空気を読まない幕府が「比叡山の修繕よろしく☆」(超訳)と命じてきたため、せっかくのお金が吹き飛んでしまいました。

一般人の中には、「雲州様(=出雲のお殿様)滅亡」とまで言う人もいたそうですから、当時の松江藩の暗い雰囲気がうかがえます。
宗衍自身もすっかり気落ちし、まだ39歳だったにもかかわらず、息子・治郷に藩主を譲って隠居してしまいました。

隠居した後の宗衍は「美女の背中に花の入れ墨を彫らせ、白い着物を着せて、透けて見えるのを楽しむ」というアレな趣味にふけっています。
また、夏には「四方の壁に妖怪をたくさん描かせた部屋を作り、それを怖がる客や侍女を眺めて涼をとる」など、独創……というか奇行が目立ったようです。

これだけオリジナリティがあれば、財政再建のための奇策も思いつきそうなものですが……ふっきれてたんですかね。

 

スポンサーリンク

税率UPでついに財政再建! しかし直後に茶道楽に走る

そんなトーチャンの背中を見て育った……というか厄介事を押し付けられた七代・治郷(はるさと)は、真逆のやり方で藩を立て直そうとします。
基本はやはり「質素倹約」。それまで四公六民(収穫の四割が税金で六割が農民の取り分)だった税率を七公三民にするという厳しい税収を行い、11年ほどかけて再建に成功。防砂林や治水事業にも成功し、やっと松江藩は健全な状態になったかに見えました。

……が、安心しすぎたのか、その後の治郷は何千両もする茶器を買い漁るなど、父親とは違った方向の奇行に走るようになります。
そのため、せっかく持ち直した財政は再びどん底に。家臣も領民も「何やってんだよアンタ」と言いたかったに違いありません。

治郷は茶人としての目や趣味は良かったので、彼の隠居後の名をとって「不昧公好み(ふまいこうごのみ)」とされる茶器や和菓子、庭園が松江の名物になったそうなのですが……何でしょうか、このスッキリしない感じ。

そんなこんなで物議を醸した治郷の跡を継いだのが、斉恒です。
当時15歳ですから、中学三年生でトーチャンとそれ以前の代からの難題を任されたことになります。カワイソス(´・ω・`)
斉恒自身は塙保己一に延喜式の校訂をさせるなど学問にも熱心でしたが、31歳の若さで世を去ったため、やはり財政再建は達成されないまま代替わりとなります。

松平治郷/wikipediaより引用

 

幕末の混乱期には積極的に動きはするが、それでもドコか抜けていて

九代・松平斉斎(なりとき)は、藩主になったときわずか7歳。この時点で悪~い予感が漂ってきますよね。

彼の代には天保の大飢饉をはじめとする天災が多数ぶち当たりました。しかし、斉斎本人に危機感はなく、幕府に12万両も献金した上、さらに自分は相撲や鷹狩に興ずるというバカ殿っぷりを発揮します。一応、家老が教育したはずなんですが、何がどうしてそうなった。
当然「こんなバカ殿にいつまでも藩主をやらせておけるか!」と思われ、斉斎は39歳のときに無理やり隠居させられました。カッコ悪いなぁ……。
十代・定安は斉斎の娘婿ですが、血筋としては同じ越前松平家でしたので、「親戚に尻拭いをしてもらった」という感じになりました。

松平斉斎・鷹がよっぽどお好きだったようで、こんな調子だから……/wikipediaより引用

ときは既に幕末。定安も幕府や外国の危機を感じ、西洋の学問や軍艦を取り入れ、女学校を作り、欧米へ留学生を派遣するなど、積極的に動いていた頃です。
しかし、松江藩領だった隠岐で徴兵をしたため、住民から一揆を起こされてしまったこともあります。このときは武力鎮圧しようとしたところを、薩摩や長州から反対され間一髪のところで取りやめたといいますから、果断というか、こう……窮地に陥るとテンぱるタイプだったんですかねぇ。
松江藩とイザコザを起こした隠岐はその後、鳥取藩の預かりとなって何とかなりました。

ついでに言うと、松江藩の財政も廃藩置県によってどこかへ行ったようです。……ぶっちゃけると、その辺の詳細がわかりませんでした(´・ω・`)
まあ、政権が代わるとそれまでの負債がなかったことになる、というのはままある話なので、松江でドス黒いことが行われていたというわけではないと思うのですが。多分。

松江城の天守は江戸時代中期に改修されたときのもので、現在は国宝に指定されています。
島根県というとやはり出雲大社が一番の観光地ですが、合わせて松江城や松江市を訪れ、神話の時代から江戸時代を感じてみるのも面白そうです。
歴代藩主のアレな所業がありつつも、そうした歴史的な空気が残っているあたり、名もなき一般人の努力が大きかったのでしょう。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:松平斉恒/wikipedia 松平治郷/wikipedia 松江藩/wikipedia 松平宗衍/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.