日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

蹴鞠(&和歌)を家業としてきた飛鳥井家 これぞ最古のサッカー日本代表?

更新日:

現代にまで血脈を残した飛鳥井家

「継続は力なり」
とは有名な慣用句ですが、実は意味が一つとは限らないそうで。
多くの方は「続けていればそのうち成功できる」といった意味で捉えているような気がしますが、「成功するまで続けること自体が才能である」といった解釈もあるとか。
そして、「続けることに意味がある」ものといえば、儀式や文化的習慣の類が挙げられます。合理主義の方からすれば無駄に見えることもありますが、「続ける・伝える」ことそのものが重要、というものです。
本日はその一例にあたるであろう、とある芸のお話。

文永三年(1266年)4月8日は、公家の飛鳥井(あすかい)教定が亡くなった日です。

この人が個人的に歴史に残るようなことをしたわけではないのですが、飛鳥井家全体としてみると、実に公家らしい働きをしています。
本日はそんな感じで話を進めていきましょう。

 

スポンサーリンク

雅経の父・頼経は源義経とマブダチ 命を狙われたが

飛鳥井家の始祖は、百人一首にも取られている「参議雅経」という人です。
血筋としては、藤原道長の孫である師実の流れ。また道長か。

百人一首では、94番「み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり」の作者ですね。
歌意としては「かつて都だったこの奈良の地に、吉野山から秋の風が吹いてきた。衣を打つ砧の音も響いて、一層秋の夜の寒さが身にしみる」といった感じでしょうか。

公家ですから、当然和歌は得意。雅経はまさに「芸は身を助ける」という生涯を送った人でした。

実は、雅経の父・頼経が、あの源義経と親しかったために、親子ともども、頼朝に罪を問われかけたことがあるのです。
しかし、雅経の和歌と蹴鞠の才を重んじた頼朝は、罪を許し、息子である頼家や実朝に引き合わせました。もしかしたら、頼家が蹴鞠に、実朝が和歌に強く興味を持ったのは、雅経がきっかけだったかもしれません。

雅経自身は頼朝の猶子となり、頼朝の側近・大江広元の娘を妻にするなど、かなり気に入られたようです。頼朝としても、信頼できる公家とパイプを持っておくことは大きなメリットですしね。
疑いが晴れた後は、京に戻り、後鳥羽上皇に仕えて新古今和歌集の選者の一人となりました。

源義経/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

鎌倉・室町・江戸の武家社会も生き抜いた

そんな人の子孫なので、飛鳥井家は代々和歌と蹴鞠の師範として存続していきます。
応仁の乱では他の公家同様、京を離れて近江(現・滋賀県)や長門(現・山口県)などに移り住みましたが、その先でも家業を続け、伝えました。

また、八代目の雅親が書に優れていたことで、書道でも飛鳥井流という派ができています。
和歌・蹴鞠・書道――いかにも由緒ある公家といった感じですね。

政治にも長けていた同家は、武家伝奏(幕府からの連絡を朝廷に取り次ぐ役目)もたびたび務め、鎌倉・室町・江戸幕府ともうまく付き合っています。
公家といえども決して安楽ではなかった武家政権の時代を、器用に生き延びた一族といえましょう。

さて、ここで疑問を一つ。
なぜ和歌や書道と並んで「蹴鞠」が取り上げられているのか。
家業とされるほど重要視された理由は何なのか。

理由は二つ考えられます。

 

中大兄皇子と中臣鎌足の出会いも!?

一つは、蹴鞠が公家の社交に欠かせないスポーツだったことです。
有名どころでは、中大兄皇子と中臣鎌足の出会いの話がありますね。中大兄皇子が法興寺で蹴鞠をしていた際に沓を落としてしまい、それを中臣鎌足が拾った……というものです。
「このとき中大兄皇子がやっていたのは、蹴鞠ではなかった」という説もありますが、いずれにせよ、ちょっとしたきっかけで仕事に影響を与えるような関係ができる、というのはままあることですよね。
昨今では飲みニケーションは敬遠されがちですけれども、「職場以外で話してみたら、案外いい人で仕事を頼みやすくなった」というのもよくある話ですし。もっともスポーツですから、現代ならゴルフってところかもしれません。

もう一つはもっと単純で、蹴鞠が上は皇室、下は庶民まで楽しまれたスポーツだったからです。
蹴鞠に必要なのは鞠と場所だけで、高価な道具や衣装はなくてもできます。
正式な作法ではいくつか用具が要りますが、庶民はそこまで形式を重んじてはいなかったでしょう。ちょっと良くない例えですが、発展途上国でもサッカーが盛んなのは、ボールと平地さえあればできるスポーツという面が大きいそうです。蹴鞠もそれと同じだったんでしょうね。

また、屋根の下から出られない上流階級の女性たちでも、庭先で男性たちが蹴鞠をやっていると、すだれギリギリのところで楽しく観戦していたとか。
そういった場面は源氏物語にも出てきますし、清少納言も「上品ではないが面白い」と評価していますね。
こちらは、現代人がサッカーや野球のテレビ中継を見るのと同じ感覚と考えてよいかと思います。

 

最も長く続いている蹴鞠の流派・飛鳥井流

そんなわけで、公家の中で蹴鞠を得意とした人の家が家業とし、流派を持つ家がいくつかありました。
そのうち、飛鳥井流は最も長く続いています。
江戸時代初期に、徳川家康から蹴鞠道家元と認められたことが大きいでしょうね。他の流派は、それまでの間に廃れてしまっていますから。

飛鳥井家は明治維新の際、他の公家同様、東京にやってきましたが、屋敷の跡に建てられた白峯神宮には、精大明神(せいだいみょうじん)という蹴鞠の守護神が祀られています。
現在ではサッカーを中心とした球技・スポーツの神とされ、信仰を集めているそうです。

さて、球状のものを蹴る競技ということで、蹴鞠とサッカーが対比されることは珍しくありません。
そしてサッカーと神様といえば、サッカー日本代表のシンボルマークに使われている八咫烏。厳密には神の使いであって神様じゃありませんが、こまけえこたあいいんだよ。といっても、白峯神宮に八咫烏は祀られていないのですけれども。
実は、八咫烏がサッカー日本代表のシンボルマークになった理由ははっきりしていないらしいんだとか。
神武天皇が道に迷っていたとき、天から案内として遣わされたのが八咫烏なので、縁起がいいことは間違いありませんが。

「蹴鞠の名人が信仰していた熊野神社に八咫烏が祀られているから」という説もあります。
熊野本宮大社の主祭神はスサノオノミコト=武神ですし、勝負事という意味では当たらずといえども遠からず、というところでしょうか。

また、熊野本宮大社には「八咫烏ポスト」というものがあり、昔ながらの円柱形のポスト(ただし色は黒)の上に八咫烏がかたどられています。
社務所でこのポストが書かれた「八咫烏ポスト絵馬」も売っていて、はがきとして投函できるとか。
旅先から送るのはもちろん、お土産や記念品としても良さそうですね。

昨今の流れからいくと、そのうち八咫烏もゆるキャラ化する予感がします。
今のところ、カラスのゆるキャラはいても、八咫烏まんまのゆるキャラはいないみたいですね。神社本庁や宮内庁的にダメなんでしょうか。
神話や文化について教養を深めるきっかけとして、ゆるキャラもアリじゃないかなと思うのですが、いかがでしょう。
そのまんまでもカッコいいですしね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:飛鳥井教定/Wikipedia 飛鳥井家/Wikipedia 白峯神宮/Wikipedia 白峯神宮

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.