日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

シルウェステル2世の銅像/wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた キリスト教

初のフランス人ローマ教皇・シルウェステル2世 勉強しすぎて最後は貧乏くじを引かされた!?

更新日:

目標を立てることはとても大切です。やる気も出ますし、計画性が問われることも多いですからね。
しかし、世の中には「なんかよくわからんけどエラくなってた」というような、棚からぼた餅を拾い続けるような星の下に生まれた人も確実におります。我々凡人からするとうらやましい限りですが、しかし実際は、本人からすると「こうなりたかったわけじゃないのにな(´・ω・`)」と思うこともあったりして……。
今回はそんな感じだったのではないかと思われる、あの組織のトップのお話です。

1003年(日本では平安時代・長保五年)5月12日は、第139代ローマ教皇・シルウェステル2世が亡くなった日です。

この人は、初めてのフランス人教皇でもあります。
となると、いかにも当初から「ローマ教皇に、俺はなる!!」といった野望を抱いていたように思えますが、実はそうでもありません。そもそも彼の場合、本人に野心があったのかどうかもよくわからんところです。
いったいどのようにして、カトリックの頂点の座に座った人なのでしょうか。

 

教皇になる前は「ジェルベール」

シルウェステル2世は、教皇になる前は「ジェルベール」という名前でした。
フランス中部のオーヴェルニュ地方の庶民の子供だったといわれています。そのため、生年ははっきりしていませんが、945~950年ごろの生まれと考えられています。

また、幼いころにオーリヤックという町の修道院に入ったことはわかっています。
親を亡くしたか、親の意向で入れられたかのどちらかでしょうね。

そこでとある貴族の目に留まり、スペインへお供して勉強に励みました。

ローマにも同行し、969年に神聖ローマ皇帝オットー1世と、教皇ヨハネス13世に謁見します。
特にオットー1世に随分と気に入られたらしく、「ウチの息子(オットー2世)の教育係をやってほしいから、しばらくランス(フランスの町)で勉強してきて」と言われて、その通りにしました。

ランスでも勉強に励み、教師として認められるまでになっています。
後のフランス王ロベール2世なども彼の生徒だったことがあるほどですから、「複数の国の王様の先生だったことがある(しかも本人は教皇になる)」というのは、なかなかスゴイ話ですね。

そして981年にイタリア・ラヴェンナで開かれたオットー2世主催の討論会で見事な論説を行い、皇帝のお眼鏡に適いました。
褒美として、同じくイタリアのボッビオという町の修道院長に任じられています。

 

スポンサーリンク

ヨハネス15世によって破門にされてしまう

しかし、ここでは仕事が忙しすぎて学問をやる暇がなく、彼にとってあまり楽しい生活ではなかったようです。そのせいか、前の修道院長などとちょっとした揉め事にもなりました。

オットー2世が983年に亡くなってからは、ランスに戻ってまた学問・教育に専念しているので、聖職者より教師のほうが好きだったのでしょうね。
その後、ランスの大司教がオットー2世の後継者争いに関わったため、ジェルベールも政治的な場に少々絡んでくることになります。

そうこうしているうちに、フランスでも王家であるカロリング家が断絶してしまい、ユーグ・カペーがフランス王となってカペー朝が始まりました。

が、周辺は相変わらずバタバタしており、そこから二年ほどして、今度はランスの大司教が亡くなります。後任には一度、ユーグに任命された者が就いたのですが、ユーグを裏切ったため、ジェルベールが代わって大司教になりました。

バチカンや教皇(このときはヨハネス15世)からすると、これは面白くないことです。
カトリック全体のトップからすれば、フランスだけ自国内で人事を行うのは腹が立ちますし、ほかへの示しがつきません。

そのため、ヨハネス15世はジェルベールを破門にしてしまいました。自ら望んで大司教になったわけでもないのに、とんだトバッチリ。後に無効とされましたが、しばらくの間は揉めておりました。

ちなみにシュルベールはこの件に関してオットー3世の世話になったため、家庭教師を務めて恩を返しています。

 

スポンサーリンク

「自分の意に沿う人物」として教皇に押し上げられた

そのうちヨハネス15世が病死し、オットー3世は親戚のブルーノをグレゴリウス5世として教皇にしました。彼は初めてのドイツ人教皇だといわれています。
それからしばらくフランス王がらみのゴタゴタが起きたのですが、グレゴリウス5世が三年程度で亡くなってしまったため、オットー3世は次に「自分の意に沿う人物」としてジェルベールを教皇にするのです。

教皇や皇帝・国王というと血なまぐさい政争の末に就くもの、という感もありますが、ジェルベール→シルウェステル2世はそうではなかったことになりますね。
なお「シルウェステル」という名称は、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世に洗礼を授けたシルウェステル1世からとったそうです。元の名とも何となく似てますね。

シルウェステル2世は、生徒でもあるオットー3世をサポートし、神聖ローマ帝国内の政策にも関わりながら、カトリック教会の教会改革や教育の振興をしました。
またハンガリー王イシュトヴァーン1世へ王冠を授けてキリスト教化するなど、東欧への布教にも積極的だったとされています。

長いカトリック教会の歴史の中で、学問を重んじた教皇は何人かいますが、シルウェステル2世はその先駆けともいえる存在です。若い頃から勉学に励んでいたからでしょうか。
古典文学も重んじていますが、数学や天文学にも造詣が深い「理系の教皇」でした。

 

アラビア学問に詳しすぎて「悪魔と取引した」なんて言われることも

シルウェステル2世は生涯にわたって、古代ローマ時代の著作の写本を積極的に収集していました。
ランス時代には、司教座附属学校の図書館にそうした写本を加えたり、授業に用いたりしています。若い頃には教皇から「哲学者に傾倒しすぎるのは良くない」と怒られるほどだったそうで……。まあ、宗教と哲学って似て非なるものですもんね。

また、5~6世紀のイタリア人学者・ボエティウスを尊敬し、彼の「理性によって感情や障害を克服する」というモットーに従おうとしました。
数学や天文学を重んじたのも、そうした学問が理性に属するものと考えたんでしょうかね。

イベリア半島の後ウマイヤ朝を通じて、アラビア圏の学問や文献も積極的に学んでいたとか。この時期、キリスト教圏とアラビア教圏は小康状態だったため、書物を手に入れるのもそんなに難しくはなかったようです。
あまりにもアラビア由来の学問に詳しいので、「シルウェステル2世が自らアラビア圏に行った」「悪魔と取引して知識を得た」とまでいわれていたそうですが、さすがにそれはないやろ。

いずれにせよ、シルウェステル2世の学識を慕ってランスに留学する学生が増え、彼らを通じて多くの学問が後世に伝わったとされています。
弟子が合計で何人いたのかはわかりませんが、そのうち20人前後が大司教や修道院長などのお偉いさんになったそうですから、なかなかいい先生だったのではないでしょうか。

 

ラヴェンナで雌伏したまま永遠の眠りに……

シルウェステル2世は他に、聖職者の独身制なども進めています。

今でも、基本的にカトリックは独身でなければ聖職者になれませんから、「1000年以上続く伝統を作った」と見るとスゴイですね。正式に決まったのはもう少し後の話ですが。

こうして真面目に職務や学問に取り組んでおりながら、度重なるオットー3世の干渉に対してローマの貴族たちが激おこ状態。教皇と皇帝はローマから追い出され、ラヴェンナで雌伏することになります。
そしてオットー3世は翌年、シルウェステル2世もさらにその翌年に亡くなり、その悲願は永遠に叶わぬものとなりました。

シルウェステル2世が優れた頭脳を持っていたからこそ、やっかみを買ってあることないこと言われるようになったのか、ガチだったのか、どっちでしょう。
まあ、頭が良すぎる人って常人からすると「何考えてるかわからなくて怖い」と思うこともありますしね。

本人に目立った落ち度がないだけに、何だか貧乏くじを引かされた感ががが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:シルウェステル2世 (ローマ教皇)/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, キリスト教

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.