日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 寺社・風習

八朔がただの旧暦8月1日ではなく「贈り物・お祝いの風習」となった理由

更新日:

皆様、地元のお祭りに参加されたことはおありですか?
最近では核家族化やら少子化やら、そもそも地元を離れて都会で暮らしているなどで、あまりそういう機会もないですかね。
しかし、伝統を守り続けていたり、逆に一度途切れてしまった行事を復活させたり、そういった歴史が隠れているお祭りもありますから、たまにはのぞいてみるのもいいものです。

8月1日は、「八月朔日(一日)」を縮めて「八朔(はっさく)」とも呼ばれる日です。

 

起源は室町時代の鎌倉府以前!? 刀剣・馬などが贈られていた

他の月でも「一日」はありますが、この日に特別な呼び名があるのは、古くから行事が行われている日だからでしょう。

元は、宗教や政治とはあまり関係がない民間の行事だったといわれています。
古い時代から、旧暦8月1日頃に早稲の穂が実ることを祝い、農民がその穂をお世話になった人に贈るという習わしがありました。
稲穂→田に実るもの→田の実の節句と転じ、これがさらに「頼み」とかけられて、武家や公家でもいつしか「頼みにしている人」に贈り物をする習慣となります。

八朔の贈り物は、室町幕府や分所である鎌倉府でも、公式行事になっていたそうです。

鎌倉府の記録では、関東の大名や寺社から刀剣・唐物(中国からの輸入品)・馬などが鎌倉公方に、鎌倉公方からも似たようなものが返礼に贈られたそうです。
もしかすると、A家から鎌倉公方への献上品がB家に返礼品として贈られていたかもしれませんね。
現代の我々は「たらい回しかよ!」とツッコミたくなってしまいますが、これは宮中でもよくあったことなので、武家で行われていても珍しくはありません。品物の質は良かったでしょうしね。

これが波及したのか、戦国時代には後北条氏や宇都宮氏など、関東である程度勢力を持っていた家でも、八朔の贈答品は行われていたようです。

 

スポンサーリンク

江戸入城を祝日に設定 三河から離れてもカンケーないもんね!

もう少しイメージしやすい単語にすると、お中元みたいなものですかね。

お中元も江戸時代には存在していましたが、これは一般人や商人の間でお世話になった人に送るもので、お盆の時期に行われるため少しズレています。現代でも、仕事関係で送り合うことが多いですものね。

さらに、徳川家康が天正十八年(1590年)の八朔に初めて公式に江戸城に入ったことから、江戸幕府ではこの日を正月に次にめでたい祝日とみなしていました。

これ、豊臣家からするとスゴイ皮肉ですよね。秀吉としては地盤のある三河近辺から徳川軍団を引き離したかったわけですから、それを祝うというのは「アンタの嫌がらせなんか屁でもありませーんwww」と言うのも同然でしょう。
まあ、実際には豊臣家が江戸時代の最初期に滅ぼされているために、問題とはならなかったでしょうけど。

 

スポンサーリンク

旗本や大名が将軍家に祝辞を述べたり、大奥で狂言が催されたり

江戸時代の八朔は、江戸にいる大名と旗本が全員白帷子(かたびら)で登城し、将軍家に祝辞を述べました。

この日は大奥でも盛大な祝い事で、女性による狂言が催されたり、将軍から料理や丸餅が下されたとか。
意外と江戸幕府の行事は、将軍や御台所から食べ物や物をもらえる機会が多いんですよね。窮屈な生活でのちょっとした潤いとでもいえましょうか。

元々あった贈答の風習の日に、江戸幕府にとってめでたい日が重なり融合した……と見るべきですかね。

明治以降も八朔は祝われていたようですが、いつしか下火になり、消えていきました。
むしろ、かつて江戸であった東京や近県よりも、各地方での伝統行事が残っているようです。

まず京都・祇園などでは、新暦の8月1日に芸姑さん・舞妓さんが芸事のお師匠様の家を訪ねて、日頃のお礼周りをするのだとか。
いかにも芸の町という感じがしますね。

大規模なお祭りとして有名なのは、やはり熊本県上益城郡山都(やまと)町で行われる「熊本の八朔祭」でしょうか。
こちらは旧暦8月1日に近い新暦9月第一土曜・日曜の二日間にかけて行われます。

田の神に感謝し収穫の目安を立てる日とされ、高さ3~4m、長さ7~8mという「大造り物」(山車)が数十基くりだし、多くの観光客や写真家が訪れるそうで。

また、このお祭りに合わせて重要文化財・通潤橋(つうじゅんきょう)が放水したり、夜に近辺で花火が上がるとのことです。
通潤橋はアーチ橋の例としてよく挙げられますから、きっと写真で見たことがある方も多いでしょう。2016年の熊本地震で通潤橋にもヒビが入ってしまったそうですが、放水に支障がなければ良いですね。

大造り物などの準備は約1ヶ月前から始まるそうなので、旧暦の八朔はまさに準備に沸き立ち始めたころでしょうか。

他にもたくさんありますが、ここではあとひとつだけご紹介させていただきます。

 

香川県丸亀市では「八朔だんご馬」を作る

香川県丸亀市では、男児の健やかな成長を祈り、地元で獲れた米の粉で「八朔だんご馬」を作る風習があるといいます。
これは、丸亀藩出身で馬術の名人・曲垣(まがき)平九郎にちなむものです。

三代将軍・家光が寛永11年(1634年)春に増上寺への参詣の帰り、愛宕神社(現・東京都港区)を通りかかった際、山の上に見事な梅が咲いているのを見つけました。
そして「誰ぞ、馬であそこまで登りあの梅を一枝持って来い」と命じます。しかし、ここの石段は非常な急勾配で、誰もそんなことはできないと思って名乗りを上げませんでした。

そこで、丸亀藩の家臣だった平九郎が石段を見事馬で駆け上がり、梅の枝を献じてみせます。
家光は喜び、
「この太平の世に、馬術の訓練を怠らぬとはあっぱれである。そちは日本一の馬術の名人じゃ」
と褒め称えました。

無茶振りしたとしても、できた人がいるとちゃんと褒めるのが家光のいいところですよね。褒め言葉だけでも地元の殿様やお偉いさん(この場合は当時の丸亀藩主・生駒高俊や江戸屋敷の人々など)の覚えがめでたくなり、出世の糸口になることもありますから。

平九郎もその後出世したか、扶持が上がるかしたらしく、愛宕神社の石段(男坂)を「出世の石段」と呼ぶようになったといわれています。
それが地元にも伝わり、八朔の祝い事と合わさって、この地域独特の風習になったと思われます。

ちなみに、その後も愛宕神社で騎乗による石段上りに挑戦した人がたびたびいたらしく、明治から大正にかけて3人成功例があります。
出世したかどうかはよくわからんところですが。

 

「8月の雛祭り」が行われる地域も

また、八朔に歴史的経緯によって日付をずらされた「8月の雛祭り」を行う地域も複数あります。

・香川県三豊市旧仁尾町
戦国時代に仁尾城が長宗我部氏に攻められ、落城したのが旧暦3月3日だったため、ひをずらしたのだそうです。
端午の節句(5月5日)にやらない理由も何かありそうですね。端午の節句が男の子のお祭りになったのは江戸時代ごろとされていますから、それまでは5月5日に女の子のお祭をやってもおかしくなかったはずですし。

・兵庫県たつの市御津町室津地区
永禄九年(1566年)1月11日に、地元の室山城主・浦上政宗の次男・清宗と、小寺職隆(官兵衛のトーチャン)の娘が祝言を挙げました。
しかし、当時敵だった龍野城主・赤松政秀が城に攻め込み、政宗・清宗と花嫁が落命したため、月日の近い3月3日ではなく、半年遅れの八朔に雛祭りを延期したのだそうです。
一時途絶えていましたが、最近は町おこしの一環として復活しているとのことです。
詳細が不明なところもありますが、昔の一般人が領主やその家族に深い愛着を持っていたからこそ、こういった習わしができたのでしょうね。
ちなみに果物の「はっさく」は八朔とはほぼ無関係だそうです。
従来は「八朔のころから食べられるから」といわれていましたが、この時期のはっさくの身ははまだ成長しきっていません。
現代では12~2月に収穫し、1~2ヶ月冷暗所で熟成させてから出荷されるそうです。……ということは、はっさくが出回るようになるのは3~4月ごろということになりますね。

上記の通り八朔にいろいろな行事をやるため、「めでたいこと」という意味にあやかったか、験担ぎのためにこの名になったのでしょう。
行事ひとつとっても、その地域の背景がうかがえるようで面白いものです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:八朔/wikipedia ハッサク/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 寺社・風習

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.