日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

最上徳内/Wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

最上徳内の蝦夷地(北海道)好きが凄い! シーボルトとも交流を持った探検家の生涯とは

更新日:

「北海道大好き! 移住もしちゃう!」という話を耳にすることってありますよね。
超有名なところでは倉本聰さんとか。
あるいは雨上がり決死隊・蛍原さんも北海道好き芸人として知られ、過去には富良野観光大使にも任命されたほどです。
もとより北海道には、開拓民として明治維新後に移住された方もかなりの数に上りますが、それより少し前、蝦夷地としてまだまだ未踏の領域だった頃に、八方手を尽くして幾度も足を運んだ“北海道好き歴史人”もおりまして。

天保七年(1836年)9月5日、山形出身の探検家・最上徳内が亡くなりました。

山形で最上というと、ずばり戦国大名の最上義光でしょう!と思われるかもしれませんが、徳内の実家は農家だったとされていますので、直接の関係はなさそうです。
おそらくや地名から来ているのでしょうね。

いったい彼はどれほどの北海道好きだったのか。
早速、見てまいります。

伊能忠敬・大日本沿海輿地全図の北海道/wikipediaより引用

 

蝦夷の住民に農業を教えたい

徳内は若い頃、東北各地でタバコの行商などをしていたといわれています。
商売にはいわゆる「銭勘定」はもちろん、さまざまな知識が欠かせませんので、おそらくそのあたりから、学問に興味を持ったのでしょう。

徳内は、父の生前に「男子に生まれたからには、幼い頃から“これを成し遂げたい”と志を持つべきだ。お前はどうだ?」(意訳)と聞かれたとき、「蝦夷には日本の文化が伝わっていないと聞いたことがあるから、一度そこに行っていろいろな文化を教えたい」(意訳)と答えたことがあるそうです。

このエピソードが事実であれば、行商や家に出入りする人々からそのような話を聞いて、家業である農業などを伝えたいと思ったのでしょう。

なんだか優越的な意識も窺えますが、農業は今も昔も生活の礎。
農家出身の徳内であれば、「農業ができないなんて、蝦夷の住民はさぞ貧しい暮らしをしているに違いない。やり方さえ教えれば、もっと豊かに暮らせるはずだ」といった考えを抱いてもおかしくはないですね。

その父を亡くすと、徳内は27歳で江戸へ出て、幕府の医官・山田図南の家僕(雑用などをこなす仕事)になっています。
奉公しながら医学や数学を学んだらしいので、むしろ学問のついでに働き口を探したような感があります。

私塾に入ったり、長崎へ算術修行にも行っていることからして、仕事も真面目にやってちゃんと給金をもらえていたはずですから、問題はなかったのでしょう。
現代でいえば、新聞奨学生や社会人学生みたいなものでしょうか。

 

スポンサーリンク

田沼意次の重商政策に乗っかり第一歩を踏み出す

当時の幕府は、田沼意次が老中をやっていた頃です。
意次は重商政策と北方防衛を兼ねて、蝦夷地の視察を行った後、開発に取り組もうと考えていました。

その調査隊メンバーに徳内の師匠である本多利明が選ばれます。

が、利明は病を患っていたため、代わりに徳内を推薦。
彼はまだ名を知られていなかったのか、学者としてではなく人夫として隊に加わることになりました。

思わぬところから、徳内はかつての夢へ第一歩を踏み出すことができたのです。

第一回目の蝦夷調査では、釧路~厚岸~根室の地理や、この地に住んでいたアイヌの文化を調べた後、千島・樺太・国後島へ。

この働きが認められた天明六年(1786年)、今度は単身で再び国後島へ渡り、択捉島・得撫(うるっぷ)島へも渡っています。

択捉島では、交易のために滞在していたロシア人と接触。
アイヌたちが通訳を務めてくれたようで、ロシア人とも交流し、彼の国の事情を学んでいます。

 

スポンサーリンク

松前藩には危険視され、さらには意次が失脚

こうした働きにより、徳内は幕府から「北方探索の功労者」として賞賛されました。

一方で、松前藩には危険人物として警戒されます。原因は、場所請負制です。

場所請負制とは、松前藩独自の給料制度のようなものでした。当時の北海道では「気候的に農業は無理」と考えられていたため、「領地を与えても家臣は食べていけない。ならば交易の権利を与えて、その収益を給料代わりにしよう」という制度が成り立ちました。その権利を侵害すると懸念されたのですね。

もしも徳内や幕府の調査隊によって、アイヌやロシア人たちとの交易が盛んになってしまえば、松前藩が食べていけなくなってしまいます。

意次の蝦夷地開発がうまくいけば、その辺も解決したのかもしれませんが……この年に十代将軍・家治が亡くなり、意次は失脚してしまいました。

田沼意次は賄賂政治家というより優秀な経済人!? 現代になって評価の見直し進む

意次に代わって松平定信が老中になると、蝦夷地開発は中止とされました。
そのため徳内たちはいったん江戸へ戻り、その翌年、単身でこっそり松前藩菩提寺の法憧寺に入門し、調査を続けようとします。

が、これはあっさりバレて追い返されました。
忍ぶにしても潜伏先が大胆すぎるのかと。

更には知り合いの船頭を頼ってこれも失敗し、現在の青森県上北郡野辺地町の商家に婿入りして好機を待つことになりました。なんだか婿入りされた奥さんが可愛そうな気も……。

 

アイヌが蜂起! 現地へ出向くと収束していたが、勝手に調査を続け……

寛政元年(1789年)、にわかに風向きが変わります。

「商取引や労働環境に不満を持ったアイヌが蜂起した」との報が入り、調査隊にいた頃の上司である青島俊蔵にこれを知らせます。
現地調査のためやってきた俊蔵は徳内を同行させ、彼にとっては三度目となる蝦夷地上陸を果たします。

しかし、現地についた頃に蜂起は収まっていました。
「手ぶらで帰るのもどうよ」
そんな風に考えた一行は、北海道の西側から東側を調査して江戸へ帰ることにします。

俊蔵はこの報告書を提出したのですが、幕府には「蜂起が収まってたならさっさと帰ってくるべきじゃない? 何余計なことしてんの?(#^ω^)」(超訳)と思われ、2人揃って投獄されてしまいました。
そして、俊蔵はそのまま獄死。
徳内も病気になってしまいましたが、師匠である利明らの運動で釈放され、寛政二年(1790年)には釈放されます。

釈放された後は、普請役として蝦夷地に派遣されました。
これが四回目の蝦夷上陸。
どんだけ北海道好きなんでしょう。あの広大な土地に魅了されちゃったんですかね。

このときは国後島・択捉島・得撫島の調査を行った他、アイヌに作物の栽培法を伝えたり、神社を作って日本文化の教化を試みました。
また、「ロシアが日本人漂流民を送還するために渡航する」という噂を聞いていたようです。

これは大黒屋光太夫送還の件と思われます。

大黒屋光太夫が『未知(ロシア)との遭遇』で見たものは?

 

択捉島に「大日本恵登呂府」の標柱を立てる

寛政四年(1792年)、今度は樺太調査を命じられ、五回目の蝦夷上陸を果たします。

地理的な調査を行ったところ、松前藩がロシアや満州との密貿易や、アイヌへ弾圧をしているのではないかという疑念を抱いたようです。

翌年、江戸へ帰ると、今度は関東での仕事も命じられました。
河川の調査をしたり、通行する船への課税を担当する役所で働いたりしています。
蝦夷での経験があれば、こういったこともこなせると思われたのでしょうか。

そして寛政十年(1798年)、老中の戸田氏教が大規模な蝦夷調査を立案したことにより、再び幕府で調査隊が作られることになりました。
徳内もこれに加わって蝦夷へ向かいます。
実に七度目の蝦夷上陸です。

このときは「択捉島は日本の領地!」と宣言する「大日本恵登呂府」の標柱を立てたり、山林御用として日高山脈を切り開く新道を普請したりしています。
しかし、コトは順風満帆にはいきません。
隊の総裁・松平忠明と意見が衝突し、クビになりかけるのです。

 

シーボルトとも交流を持ち、樺太地図をプレゼント!?

江戸へ戻ってから、徳内は忠明の失策を意見書として提出し、その代わりに辞表も提出。
忠明がこれを受け取らなかったため、公職のままになっています。

「お前の見解はいけ好かないが、能力は評価しているから辞めさせない」
ってところですかね。ナイス判断だったのではないでしょうか。

その後、数年間は公役や著述活動を行い、文化二年(1805年)に八度目の蝦夷調査に向かいました。
文化五年(1808年)には樺太詰も命ぜられ、後からやってきた樺太警固役の会津藩兵と合流し、大泊から南下した後、西岸へぐるっとまわるようなルートで調査を行っています。

そして同年夏には樺太を離れ、江戸へ戻ってきました。
帰るときも会津藩兵と同行していたそうなので、何かしらの交流があったでしょうね。

その後は高齢になってきたこともあり、蝦夷地へ向かうことはありませんでしたが、知的好奇心は生涯持ち続けていました。

文政六年(1823年)に来日したドイツ人医師シーボルトが三年後に江戸へやってきた際、徳内がシーボルトの滞在先へたびたび訪れているのです。
学問や北方事情についての話をするうちにすっかり打ち解け、徳内はシーボルトの日本研究に積極的に協力していきました。

このとき、徳内はシーボルトに樺太の地図を与えたといわれています。
シーボルトが文政十一年(1828年)に帰国する際、日本地図を持ち出そうとしてしょっぴかれたことがありましたが、徳内はお咎めなしで済みました。
当時の樺太は、正式な日本領ではなかったからですかね。幕府とロシアの間で樺太の扱いについての話し合いが行われるのは、もう少し後の話ですし。

この頃、徳内は既に74歳。それから1836年に亡くなるまで、当時としてもかなり長生きしますので、まぁ幸せな人生だったのではないでしょうか。

あと50年遅く生まれていたら、北海道へ移住していた可能性が高そうです。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:最上徳内/wikipedia 山形県村山市

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 最上義光 名将の証明


4位 ホントは熱い!徳川家康


5位 意外と優しい!? 織田信長さん


6位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


7位 毛利元就の中国制覇物語


8位 伊達政宗さんは史実も最高!


9位 最期は切ない豊臣秀吉


10位 史実の井伊直虎とは?

 

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.